アウトバストリートメントはオイルがいい!おすすめ!アルガンオイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライヤーで髪の毛を乾かす女性

日々のヘアケアにおいて私がプロの目線から最も重要視しているのは、シャンプー、その次にアウトバストリートメントです。
良い髪質を作るには良いシャンプーを使うことは本当に重要です。
ですが、良いコンディションを維持するにはインバスでのトリートメントよりアウトバスでのトリートメントをきちんとしているかしていないかがかなり重要になってきます。

髪の毛をドライヤーで乾かす女性

まず、お風呂から出たあとは殆どの方がドライヤーで髪の毛を乾かすと思います。
基本髪の毛は乾かさないなんていう方は問題外です。
ドライヤーは熱風ですので濡れた髪の毛には特に負担が大きくなってしまいます。
冷風で乾かせばいいのでは?という声も聞かれますが、冷風で完全に髪の毛を乾かすのはまず不可能ですし、外気もプラスして完全に乾くまでには摩擦などによるダメージを起こしてしまう可能性もあります。
髪の毛は短時間で確実に乾かすことが大切です。
そのためにはその熱から髪の毛を保護する必要があります。
その役割を果たしてくれるのがアウトバストリートメントです。

 

アウトバストリートメントについて

350

アウトバストリートメント、なんて言い方をしてもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、いわゆる洗い流さないトリートメントのことですね。
洗い流さないトリートメントには髪質や仕上がりに応じて、ミストタイプやミルクタイプ、オイルタイプなどがあります。
どこのメーカーも軽い仕上がりにはミストタイプ・ミルクタイプ、しっとりまとめるにはクリームタイプやオイルタイプといった分類がされています。
最近はアウトバストリートメントにもノンシリコンというものが出回っていますが、確かにシリコンが多すぎるのはシャンプーで落としきることが困難になるのであまりいいとは言えません。
洗い流さないトリートメントなら何でもいいというわけではなく、自分の髪質や希望の仕上がも考慮して本当に良いものを選んでほしいなと思います。

 

オイルのススメ

オイルでスキンケアをする美肌の女性

そんな事を書いておきながら、メーカーの意向とか無視しちゃいますが、私は最近はオイルタイプのアウトバストリートメントに注目しています。
数年前はオイルというと本当にどっしり重い仕上りになってしまうため、サロンワークでもあまりお客様に使用することはありませんでした。
ですが、アウトバストリートメントが割と主流になってきて種類や内容も豊富に出回っている今、オイルという質が良く使いやすいものへと変化してきているように感じます。

昔々、椿油というものが多く使用されていました。
今でも商品棚の片隅にひっそりと並んでいますし、未だに椿油信者という人たちが結構いる事実です。
化粧品にも必ずオイルは配合されています。
良いと評判のスキンケアにもオイルは必ずといっていいほど含まれているんです。

抜け毛に悩む女性

私たちの髪や肌は乾燥に最も弱く、乾燥してしまうことで様々なトラブルを起こしてしまいます。
それを防いだり保護するのには蒸発しにくく浸透のいいオイルというものが合っているのではないかと感じます。
それを知っているから昔からオイルは身体中のケア用品として愛されてきたんだ思います。

私的に、細くて柔らかい髪にもオイルタイプを使うことは賛成です。
ただしきちんとしたもの選ばなければ本当にベタベタのぺちゃんこになってしまいますが、質の良いオイルは特に乾燥ねこっ毛さんにはいいと思います。
現に私も、子供の髪の毛より細いねこっ毛ですが、アウトバストリートメントはオイルタイプを使用しています。
手入れがしにくいとかベタついて嫌だなとか感じたことは全くありません。
むしろパサつきを防いでくれるので重宝しています。
私の場合は全体にミストタイプを使って梳かしたあと、毛先にしっかりオイルを馴染ませています。
本当はそういった使い分けをしてもらえるとベストなんだけどなと思いますが、めんどくさい、お金がかかるなんて言う方もいらっしゃるのも存じております。
オイルタイプのみでいいと言う方で細毛の方はなるべく根元にべたっとつけないようにだけ注意してくださいね。

350 髪

毛先がパサパサな方、パーマをかけている方なんかにもかなりおススメです。
アウトバストリートメントとしてだけでなく、スタイリングの仕上げとしても使っていただくと艶も出ますし潤った感が出ます。

1つ注意していただきたいのは、必ず植物性のオイルを使用して欲しいということ。
動物性の油を使用したものもあります。
有名なところ馬の油とか・・・馬油が好きという方も中にはいらっしゃるとは思いますが、動物性のものは重さが出てしまうのと髪に蓄積しやすいことからあまりおすすめは出来ません。
植物性の、あまりシリコンが入っていないものほど良いと思います。

 

アルガンオイル

350

私が個人的に気に入っているのはアルガンオイルというものです。
最近は市販のものでもアルガンオイルを配合したものが出回っているので知っているという方もいるかとは思いますが、アルガンオイルとは砂漠の広がるモロッコ南西部に生息するアルガンツリーという木の実から取れるオイルのことです。

気温50℃、年間雨量200ミリ以下という環境の中でもしっかりと根を生やし、古いものでは8000万年以上前からその生命を繋いできたものもあるんだそう。
高いものでは10メートル以上もあり、地下深くから水分を汲み上げて潤いのある実をつけています。

アルガン
▲アルガンツリーの実 

そのオイルは希少で、約200個の実からやっと50mlが取れる程度。
ですが人間の肌の脂質にかなり近く、オレイン酸などの美容成分が豊富なことから今注目を集めているオイルなのです。

私が何故アルガンオイルを勧めるかというと、肌や髪をトラブルに導くのはほとんどが乾燥の仕業だから。
乾燥を防ぐことで肌も髪も潤いによって守られ、健やかな状態を保つことが可能です。
乾燥した厳しい環境の中でしっかりと潤いを保持出来るアルガンオイルはスキンケアやヘアケアには最適だと考えます。

また、オイル自体が人間の脂質に近いということが最大のポイントでもあります。
アルガンオイルなら吸収もよく肌や髪に合わないといったトラブルも少ないと思います。
オイルというものが、今静かなブームになっていますが、是非1度アウトバストリートメントにアルガンオイルを取り入れてみてください。

 

おすすめアルガンオイル

髪をブラシでとかす女性/ドライシャンプーをする女性

桃谷順天館

オーガニックアルガン ノンシリコン美容液 ヘアオイル

口コミ評価が高いこの商品はオーガニックのノンシリコンでべたつかずサラサラした使い心地。
細毛からくせ毛まで幅広使っていただけるオイルです。

Melvita

メルヴィータ ビオオイルアルガンオイル

こちらも100%オーガニックのアルガンオイル。エコサートの認定を受けたものです。
肌も髪の毛も全身使える優れもの。
潤いとハリが出ると高評価の1品です。

 

▼こちらもぞうぞ☆

?疑問符クエスチョンマークを浮かべた口を塞がれた女性髪は毎日洗うべき?髪を洗わないとどうなるの?

髪をカットする美容師美容院って行きにくい?美容院嫌いを克服しよう!

600美容師が教える!トリートメントの選び方とおすすめランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る