意中の彼を落とす!LINEの恋愛テクニック6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黄色いスマホ 女性

「意中の彼を振り向かせたい!」そんな意欲にメラメラ燃えるあなたに、ぜひ試してもらいたいテクニック【LINE編】をご紹介します。

「これをやれば確実」「一発でノックダウンできる」とまではいかないけれど(そんな方法があればノーベル賞もの)、恋愛成就の可能性はぐっと上がるハズ。
さあ、いますぐトライしてみて。

 

1.彼の名前を連呼する

スマホをいじる女性

LINEでもメールでも、とにかく意中の彼の名前をたくさん入れましょう。人って不思議で、親し気に名前を呼ばれるほどに、その相手に好意を抱くものなのです。

会話を「ねえねえ、××君」で始めるとか、ちょっとしたあいさつに「××君おはよう」と入れてみるとか。

これだけで、彼は「なんか、ドキドキしちゃうなあ」とあなたを意識してしまうこと間違いナシです。

 

2.言葉づかいは女らしく

女らしさの欠片もない文章はアウト!
世の中の女子に言いたい。草(
w)はやめましょう、草は。
「マジで
w」「ウケるwww」とか、もーホントに最悪です。
ネット大好きで某掲示板を徘徊している印象を与えるので、絶対ダメッ!

丁寧で、女らしい言葉づかいを心掛けましょう。
「ウケる
w」ではなく「おかしー」「笑っちゃったあ!」とかね。
話し言葉をそのまま打つ“ママ打ち”は十代まで。
それ以降の年の女子がやると、ちょっとおバカな印象を与えてしまうかも。

「たかが文章」と、あなどってはいけません。
何度も
LINEを重ねるうちに、その文章がそのままあなたのイメージとして定着するのは間違いないのですから。

 

3.「ハート」と「…」を上手に使う

ハート

ハートについては、これまでも色々な議論が交わされてきました。
しかし、男はなんだかんだ言ってやっぱり好きです、ハートマークが。
受け取って「けしからん!」と文句を言う人はおそらくいません。

ですから、記号でも、絵文字でも、スタンプでも、くどくならない程度にハートを繰り出しましょう。
「おっ、ハート!俺に気があるのか!?」と心ときめいてしまうのが大半の男なのだから、臆することはありません。

それから、「…」を効果的に使うのもテクニック。
「そうだよね!」じゃなくて「そうだよね…(ハートマーク)」とか、
「うん」じゃなくて「…うん(ハートのスタンプ)」とか。

「!」のようにハキハキした感じではなく、「…」にはちょっと“含み”がありますよね。
その焦らしが男性からしたら「なに、なに!?」「おー、たまらん!」となるのです。
お試しあれ。

 

4.彼への気づかいを織り交ぜる

スマホを持つ女性

では続いて、文章編です。基本的には、ポジティブな内容を選んで送るのが正解。
「こんな新しい発見があった」とか「ちょっと笑える小ネタ」とか。

そして合間に、さりげなく「彼を気づかう」内容をちょこちょこ織り交ぜましょう。
「忙しいみたいだけど、ちゃんとご飯食べてる?」
「寒くなってきたから、風邪には気をつけてね」のように。

先ほどもお伝えしたように、文章はその人の印象を決定づけるものなのです。
たとえば、普段はおちゃらけていても、しっかりした文章を書く人は、「こっち(文章)がホントのキャラなのね」という風に判断されます。

ですから、気づかいをマメに文章に書き起こすことはとても大事。
彼に「この子は、ホントに優しいイイ子だな」と強く印象づけられるハズです。

 

5.部屋を映した写メを送る

自然な流れで彼に自分の部屋の写真を送ってみて。
女子の部屋を見るとドキドキ興奮したり、なんとなく甘酸っぱ~い気持ちになる男性は多いよう。
女子のリアルな生活のにおいを感じるからでしょうか。

「新しいテーブルを買いました」とか「ピンクのカーテンにしてみた~どうかな?」なんて。
できれば、ベッドがさりげなく映っているとなお良し!!

「ん?これは、ベッド……ということは、こ、ここで寝ているのか!」と男性はほんのりエロスを感じます。
そして、それ以来あなたのことが気になってしかたなくなる。単純ですけれど。

 

6.アイコン画像で気を引く

アイコン画像は、彼ウケするものに設定しましょう。
アニメが好きな彼ならアニメの画像に、旅行が趣味の彼なら素敵な風景画像に設定。
「そのアニメ好きなの?」とか「アイコン画像ってどこの国?」なんて、話のネタになるハズです。

彼の好みがよく分からないときは、とりあえず動物と自分の画像に設定しましょう。
動物が好きな女子って、何となく心優しそうに見えますからネ。

あとは、友達に誕生日を祝ってもらってる画像なんかもいいですね。
友達が多いと「性格良さそう」「人気者っぽい」感じがするし。

NGなのは、バッチリ決め顔の自撮りアイコンや、アイドルの画像。
前者はナルシスと感満載でちょっと痛々しいし、後者は「それ、お前じゃないだろ」「ジャニオタかーい!」と引かれちゃいます。
たかが画像一枚ですけれど、毎回目につくものだから。気を抜かないで。

 

おわりに

LINEで意中の彼を落とすテクニックをご紹介しました。
どれもカンタンでしょ?今日から早速実践してみてくださいね。
恋するあなたにエールを送ります!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る