ガサガサ粉吹き顔からの卒業!浸透性の高い保湿クリームで素肌美人になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の口元

寒い季節、1年間の間で1番肌トラブルに悩まされる人が多い時期ですよね。
元々敏感肌や乾燥肌だった人も、年齢を重ねるごとにお肌が荒れやすくなった人もいると思います。
肌トラブルの中でも気を付けたいのが顔周辺の乾燥トラブルです。
顔が粉を拭いてしまったり、赤い斑点が出てしまうといった肌トラブルが発生するともう鏡を見るのもうんざりしてどんどん自分に自信を無くしてしまうことも・・・。

今回は、そういったトラブルを未然に防ぐ&改善すべく保湿クリームの正しい使用方法やおすすめ商品をご紹介したいと思います!

 

角質を柔らかくしよう!

乾燥してひび割れた肌

なぜ粉吹き顔になってしまうのか?という根本的なところから話をすれば、
皮膚の角質が部分的にはがれず、それが粉状になる。→粉を吹いているといった状況といえます。

粉を吹く原理がわかったからといって、粉を吹いている状態が良いとは決して言えませんよね。
悲しいことに、不潔と思われてしまうこともあるでしょう。
また、粉を吹いた顔を隠そうとして厚化粧をすることで、症状が悪化しさらなる肌トラブルを招いてしまう危険性もあります。
下手に隠すと肌が一層荒れ、隠さないでケアしようとすると肌が汚いといった印象を与えてしまう・・・。
そんな厄介な状態ですが、初めの話に戻ってお話しすれば、要は部分的にいらない角質が肌にくっついていて、それが粉状になって顔に残っているといえます。

それなら角質をはがれやすくすれば良いんです!
なんて簡単に言っていますが、一朝一夕では残念ながら角質ははがれやすくはなりません。
ですが地道にケアを行っていれば必ず粉吹き肌から卒業できます。
角質がはがれやすい肌=角質が柔らかいということ
しっかりとターンオーバーができる肌になれば、次第に粉を吹く箇所も減っていきます。

 

粉吹き対処法

洗顔や入浴後はなるべく早く保湿クリームを塗る

洗顔や入浴後、肌の水分はなんと10秒経つとどんどん失われるそうです。
なので入浴後の全身ケアを10秒で行うのは難しいかと思いますが洗顔後は10秒以内に化粧水を塗って水分補給をするのがおすすめ。
また、10秒以内にブースター(導入液)をお肌に浸透させることでさらに化粧水や保湿クリームの浸透性を高めることができます。
極度の乾燥肌や敏感肌の人はブースター→化粧水→保湿クリームといったケアをすることがおすすめです。

化粧水&乳液を付けた後はフェイスマッサージをする

先ほど、洗顔後は10秒以内にスキンケアをするのがおすすめと書きましたが実はその後のケアも大切です。
ぱっぱと付けて塗ってをすればOKってわけではないんです。
もちろんすばやくスキンケアを行うのは大切ですが、肌につけた後はしっかり浸透させる工程を行うのも大切なことといえます。

さっと手早くお肌に塗った後はなるべくゆっくりとマッサージをするようにしましょう。
肌が荒れてマッサージをするとヒリヒリするといった場合は、両手で顔を包み込むだけでも浸透率はずいぶんと変わっていきます。

1つのスキンケア製品につき30秒はマッサージを行うことがおすすめ。
マッサージをすることでリフトアップやリラックス効果も得られるので、お肌にとっては良いことだらけといえます。
最後は優しく両手で顔を包み込むことで幸福感も得られるので、心にもお肌にもマッサージは効果的といえます。

保湿コスメはゲル状よりもクリーム状でケアする

肌との相性があるため、一概にはいえませんがゲル状クリームは乾燥肌や敏感肌の人に合わないことがあります。
ゲル状なので、伸びが良く付け心地が良いというメリットはありますが一方でメイクをするとファンデーションがよれたりゲルが固形となりボロボロととれるといったアクシデントが発生することがあるのです。
肌が乾燥している場合、ゲル状スキンケアコスメは奥まで浸透しないので、そのような現象が起こります。

一方でクリームの場合は各メーカーやブランドによって浸透率はさまざまですがボロボロクリームが落ちてくるといったことは稀でしょう。
また、クリームの方が油分が多いので肌の水分を油で蓋をし逃さないといった役割をしてくれます。
乾燥や敏感肌の人、また普通肌でも乾燥する時期は保湿クリームでお肌を整えることがおすすめです。

NG対処法

反対にやってしまうと肌がさらに粉を吹いてしまう例もご紹介します。

蒸しタオル後の洗顔

蒸しタオルは毛穴を開いてお肌の奥の汚れまで洗浄しやすくしてくれる・リラックス効果があるといろいろ良い情報を聞きますよね。
確かに毛穴を開いてくれるのでお肌を綺麗に保つ1つの方法といえます。
ですが、乾燥肌や敏感肌の人にとってはちょっと危険な方法なのです。

もともと乾燥肌や敏感肌の人は、普通の人よりも肌を守る機能が弱いといえます。
そのため蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔すると肌に必要な皮脂や油分もごっそり洗ってしまうことになるのです。

粉を吹かない肌を作るには、角質をはがしやすくすることが大切と書きましたが、必要な角質まではがしてしまうとお肌の状態をさらに悪化させる原因となるので気を付けましょう。

洗顔のしすぎ

肌が荒れているからといって、洗顔をしすぎるのは乾燥肌や敏感肌の人には危険な行為です。
特に洗顔オイルやジェルなどを使った洗顔には要注意。
そういったクレンジング剤を使って洗浄すると、かなり綺麗に顔の汚れが落ちます。
綺麗に落ちるなら良いことなんじゃないの?
と思うかもしれません。

確かに普通肌の人の場合は良いことといえます。
ですが、乾燥肌や敏感肌の人はふつう肌の人より肌を守る機能が弱いので綺麗に汚れが落ちる=必要な肌成分まで綺麗にはがしてしまうといったことになるのです。

何度も洗顔することで、必要な肌成分がどんどん剥がれ落ち、肌が荒れたり無理に再生しようとしてニキビができることも考えられます。
洗顔を1日に何回もするという行為は、肌の大切な成分を自らそぎ落として減らしている行為なのでおすすめはできません。

 

毎日の食事で乾燥に強い肌に

栄養のある食べ物/美容/健康/野菜

外側からのアプローチも大切ですが、内側からお肌をきれいにしていく方法もあります。
乾燥肌や敏感肌を改善するために、毎日の食生活にも気を付けることで変化があらわれるでしょう。
特に抗酸化作用がありコラーゲンを生成するのビタミンCや人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保つβカロチンを豊富に含んでいる食物を多く摂取することで綺麗なお肌を保つことができます。

ビタミンCを多く含む食べ物一例

  • ブロッコリー
    レモンの2倍,じゃがいもの7倍のビタミンCを含んでいる。
    しみ・そばかすにも効果あり。
  • 芽キャベツ
    レモンの1.5倍、キャベツの3倍以上のビタミンCを含んでいる。
  • カリフラワー
    コラーゲンを形成し、肌細胞を上部にするので美肌効果が期待できる。
    また食物繊維が豊富であるため、便秘解消・ダイエット効果もあり。

βカロチンを多く含む食べ物一例

  • にんじん
    肌質の老化防止に役立つ。ビタミンCも含んでいる万能野菜
  • かぼちゃ
    皮膚の粘膜強化・生理痛緩和や不妊治療にも効果あり
  • ほうれんそう
    細胞の老化を防いでくれる。鉄分が豊富なので貧血予防にもなる

また、角質などの排出を行うために血流や新陳代謝を上げる食物を多く摂取するのもおすすめです。
最初にお話ししたように、粉吹き肌の人は角質がうまくはがれずターンオーバーが正常に機能していない状態といえます。
新陳代謝が上がれば自然とお肌の再生サイクルが正常化されるので、粉吹き肌を緩和することができるのです。
さらに新陳代謝や血流の流れが良くなれば、痩せやすい体になるためダイエット効果も得られる可能性があります。
お肌が綺麗になりさらにスタイルアップも実現させることができるので、適度な量を食事に取り入れることをおすすめします。

血流や新陳代謝を上げる食物一例

  • 赤ピーマン(パプリカ)
    レモンの8.5倍のビタミンCを含み美肌効果あり。
    新陳代謝を活発にする作用があり冷えや疲れにも効果的
  • ニンニク
    にんにく内のアリシンという成分がエネルギー代謝を上げるので新陳代謝が上がり、ダイエットにも効果的。
  • ショウガ
    血流を良くし、代謝をあげてくれる役割がある
  • タマネギ
    血液をさらさらにする効果がある

 

浸透性の高いの保湿クリームとは?

鼻の頭にクリームをのせた笑顔の女性

一言で浸透性の高い保湿クリームといっても、何を基準にしたら良いのかわからないといった人もいると思います。
パッケージに「高純度」、「高保湿」と書いてあったから、きっと浸透性が高いのだろう・・・と思ってしまう人もいると思います。

ですが、だいたい保湿クリームのパッケージにはそういった言葉が書かれているはず。
そんな中で気にしてほしいのが、水分をつなぎとめる成分が入っているかどうかという面です。

お肌の水分をクリームの油分で蓋をすることは大切ですが、油分だけで蓋をしてしまうと返ってニキビなどができたりオイリー肌になってしまうことがあるのです。
ですから保湿といっても、ただ単にクリームを塗って水分を肌に閉じ込めるだけではいけないといえます。
大切なのは水分をつなぎとめる成分、たとえばセラミドやヒアルロン酸などの成分が配合されているかどうかが重要なポイントとなります。

  • ヒアルロン酸
    表皮下の真皮に存在し、肌弾力を支えている成分です。
    ヒアルロン酸は、水分を含む力が非常に強いのでお肌をみずみずしい状態に保ってくれる働きをします。
    ただ、加齢と共にヒアルロン酸は減少していくので外側からの摂取が必要となっていきます。
    昔は乾燥肌や敏感肌ではなかったのに大人になってから急に肌荒れがひどくなったといった場合はヒアルロン酸が減少している可能性があります。
  • セラミド
    肌の角質細胞をつなぎとめる成分です。
    この成分が減少すると、角質の一部がはがれやすくなり粉を吹く状態を作り出してしまいます。
    セラミドも年齢と共に減少する成分なので、外側からのアプローチで補う必要があるといえるでしょう。

 

おすすめの保湿クリーム

クリームを指にのせた女性

本当に効果のあると思える保湿クリームをご紹介したいと思います。

ミューノアージュ

ミューノアージュ トライアルセット

10日分 1,620円(送料無料)
口コミレビューを見に行く

ミューノアージュのクリームはただ水分を与えるだけでなく水分を保ち維持させるペプチドが配合されているスキンケア製品です。
ペプチドはは弾力成分や紫外線ダメージの修復などを高める効果あり敏感肌や乾燥肌の人も安心して使える成分といえます。

エトヴォス

セラミディアル モイスチャーラインお試しセット

2週間分 1,900円(送料無料)
口コミレビューを見に行く

エトヴォスのクリームは肌の水分を保つ成分、セラミドが高濃度で配合されています。
お肌に優しい成分で作られているため、乾燥肌はもちろん敏感肌の人にもおすすめです。
肌のターンオーバーを正常化してくれるため、肌トラブルの改善にも役立ちます。

ライスフォース

ライスフォース トライアルキット

10日間分 900円(送料無料)
口コミレビューを見に行く

体内のセラミドを増やすライスパワーNo,11エキスが配合されたライスフォースのクリームは乾燥肌の人におすすめの保湿クリームです。
また、セラミドは加齢により減少するので年齢を重ねた人にも効果が期待できるスキンケア製品といえるでしょう。
セラミドが増えることで、ターンオーバーを正常化されるので吹き出物やニキビなどの肌トラブルに悩まされている人にもおすすめです。

 

おわりに

少しスキンケア方法を変えただけで驚くほどの変化は期待できないかもしれませんが積み重ねていくうちに肌質を改善することは可能だと思います。
本気で美しい素肌を手に入れたいのであれば、正しいスキンケア法や本当に良い肌成分が配合された保湿クリームを使うことをおすすめします。
面倒くさい・ひと手間かかると思うかもしれませんが、毎日のスキンケアに一工夫するだけで一生美しい肌を手に入れられるのであれば、やってみる価値はあると思いました。
この記事を読んで、少しでも乾燥&敏感肌が改善されると幸いです。

ハリ研究の第一人者が開発!アンチエイジングコスメ「ミューノアージュ」

クリームを持った女性徹底乾燥対策!強力に効く保湿クリームの成分とは?

化粧水ローションでスキンケアをする女性肌の老化防止におすすめ♪ペプチド配合&無添加化粧水一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る