肌質改善&ぷるぷる赤ちゃん肌に♪おすすめ高保湿化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌のキレイな色白のすっぴん女性

年齢を重ねるごとにお肌の質に変化を感じている人は多いと思います。
はっきり感じるのが25歳、30歳、35歳と20代後半に突入した25歳から5年周期で変化を感じている人が多いようです。
かくゆう私もその一人。
25歳前後ではシミやほくろが増え始め、30歳前後では突然乾燥肌になってしまいました。
相次ぐ肌トラブルに悩まされている人必見!
今回は肌質改善法&おすすめの保湿化粧水をご紹介したいと思います!

 

化粧水は保湿に欠かせない!

色白美肌の女性

保湿=クリームと思っている人もいると思いますが、実は保湿には化粧水が欠かせない存在であることを知っていますか?
お肌を健康に保つには、ずばり肌の水分量によって決まります。
肌の角質層の水分量が減少すると乾燥肌になってしまうのです。
また、粉を吹くような乾燥肌ではなかったとしてもしわやくすみが目立つ、触るとざらざらしたり毛穴が開いているようであれば乾燥肌予備軍といえるでしょう。
お肌がしっかりと保湿されていればきめ細かい角質層が形成されすべすべなめらかな肌に自然となっていきます。
つまるところ、やっぱりお肌に1番必要なのは水分なのです!

ではなぜ保湿クリームが注目されるのかというと、スキンケアの仕上げとしてお肌内に水分を閉じ込めたり、お肌の保湿力を促してくれるからといえます。
乾燥するということは、水分が足りないと同時に、肌内の水分を蒸発させないようにブロックする力が足りないからなのです。
ブロックする力=クリームの油分ということで、保湿クリームにお肌に良い成分を詰め込んで更に油分で閉じ込めるといった一石二鳥三鳥といったところで楽にスキンケアができる部分が人気といえます。

実際、冬場はあまり化粧水は塗らずに保湿クリームをよく使うといる人もいます。
ですがそれは乾燥肌になるきっかけを自分で作ってしまっている状態なのです!
たとえ肌が頑丈であまり荒れないからといって、乾燥の季節はどんな人でも多少お肌は乾燥しています。
乾燥肌や敏感肌の人のように顕著にお肌に変化が見られないために、気が付かない場合もありますが、大雑把なケアをしていると年齢を重ねた時に大変な思いをすることになるのです。

大切なのは、お肌に水分を補給しそれを閉じ込めること。

化粧水・・・お肌に水分を補給
保湿クリームや乳液・・・水分を閉じ込める役割

乾燥しているということは、自分の肌内にある水分は不足している状態なのに、突然保湿クリームで水分を閉じ込めようとすると水分と油分のバランスが取れずに吹き出物が出来たり返って乾燥がひどくなることも考えられます。

乾燥肌の人は化粧水とクリームはセットで使うことをおすすめします。
また、普通肌でも乾燥の季節はしっかりとスキンケアを行うことで5年後10年後の肌を美しく保つことができると考えましょう。

 

高保湿化粧水を使う前に○○を使おう!

化粧水で保湿をする女性

洗顔後、10秒経つとお肌から水分は蒸発していくといわれています!
なので、化粧水をつけるのは洗顔をした後10秒以内につけることが効果的といえるでしょう。
乾燥肌の人におすすめなのは、この10秒間の間にブースター(化粧水導入液)を使用することです。
乾燥肌の場合、普通肌の人と同じように保湿化粧水を塗ったとしても浸透率が低いといえます。
それはお肌の保水力が下がっているからといえます。
逆に言えば、保水する力も体内の水分を留める力も普通肌よりも弱まっているため肌トラブルが起きるのです。

例えると、肌が風邪を引いている状態といえます。
熱が出たり体がダルいから、食事があまりできない、いつものように体が動かない・・・。
免疫力が下がっているから、なかなか治らない・・・こんな状態が肌に起こっていると考えるとわかりやすいかもしれませんね。
ブースターは言わば肌を元気にさせるための点滴のようなもの。
症状を改善し、元気を取り戻させるための肌力活性剤とも言い換えられそうです。

また、水分量は年を重ねるごとに減っていくので顔のしわやたるみが気になる人にもブースターはおすすめです。
アンチエイジング用の良い保湿化粧水を使っているのに、あまり変化が見られないと思っている場合は、ブースターを使ってみると今までよりもお肌がみずみずしいと実感できるかもしれません。

 

本当に良い保湿化粧水とは?

肌のキレイな女性の横顔

本当に肌に良い保湿化粧水とは、水そのものを与えるだけでなく、有効成分を肌の奥まで届け、肌が水分を維持できるものだといえます。

先程肌に必要なのは水分だと書きましたが、水をただ与えているだけでは肌質は改善されません。
今のままでも十分すべすべさらさら肌で、特に改善する必要はないと感じている人は今まで通りのスキンケアで問題ないかもしれません。
ですが、乾燥肌であったり吹き出物や粉吹きなど何かしら肌トラブルを抱えている場合は、水分補給しているだけでは悪化を防ぐだけ、つまり現状維持をするだけのケアといえるでしょう。
肌質を改善するにはお肌のターンオーバーを正常化してくれる成分や水分をしっかりと肌に浸透させる成分などを肌内にキープさせる力が不可欠です。

キーワードとしては・・・

  • ナノ化
    「ナノ粒子」、「ナノ化カプセル」などといった言葉を聞いたことがありませんか?
    ナノ化とは、成分をミクロ単位まで小さくしてお肌への浸透率を上げる方法です。
    ナノ化することで、肌細胞間にも有効成分がしっかり浸透するのです。
    特にセラミド(肌の角層内にある脂肪と水分をつなぎとめている細胞間脂質)は、水に溶けにくい成分なのでなかなか浸透しないといえます。
    ですがセラミドがナノ化されることによって浸透率が上がり、肌質改善につながるのです。
       
    ただ、なんでもナノ化されていれば良いということではありません。
    お肌の有効成分がナノ化された保湿化粧水が人気になる一方で、ナノ化成分が含まれている製品が健康を害するといった報告もされています。
    成分をミクロ単位まで細かくすることで浸透率は上がりますが、逆に浸透しすぎて内臓まで成分が行き届いてしまうことがあるのだとか・・・。
    特に日焼け止めなどに含まれている酸化チタンや酸化亜鉛という成分は発がん性物質でもあるため、ナノ化されていると内臓まで行き渡り発がん促進へとつながる可能性があります。
       
    化粧水などに含まれている成分(セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸など)は基本的に肌に良いものなのでナノ化成分でも問題ありませんが、先程例に挙げた日焼け止めに含まれる成分や聞いたことがないような成分がナノ化されて製品に含まれている場合は最初に調べてから使用した方が良いでしょう。
       
  • 弱酸性
    人の肌は生まれたばかりは中性といわれていますが、成長すると弱酸性へと変わっていきます。
    酸性=殺菌作用があるため、生まれて外の空気に触れてすぐに肌を守るために人間の肌は酸性へと変化するといわれています。
    ですが年をとるにつれて、身についている殺菌作用が衰えだし再び肌は中性寄りになるのです。
    中性に近づくため、肌が荒れやすくなったりしわが目立ったりたるんできたりとお肌が老化していくといった仕組みです。
       
    肌トラブルを防ぐためにも、肌を弱酸性に整えることが大切といえます。
    ただ、保湿クリームや乳液はほとんどが中性成分で作られています。
    それは、弱酸性の製品を作ることが今の技術では難しいからです。
    その点、化粧水は弱酸性の製品が簡単に作れるので肌質を整えるために弱酸性の保湿化粧水は持ってこいといえるでしょう。
       
    お肌が荒れている人は中性寄りになっているので、外側から弱酸性に肌を整えてあげる必要があります。
    パッケージに弱酸性と記載されている製品や、リンゴ酸・乳酸・クエン酸などが配合されている保湿化粧水を使用することでお肌を弱酸性に保ち、弱っている殺菌採用を強化することができるのです。

 

おすすめの高保湿化粧水

350

ミューノアージュ

ミューノアージュ トライアルセット

10日分 1,620円(送料無料)
口コミレビューを見に行く

ミューノアミューズの化粧水は、浸透力・有効成分・肌質向上を兼ね備えているので肌質改善に効果的といえます。
厳選した7種のペプチド配合で、肌奥まで潤い成分を浸透させ内側から美しい肌作りをしてくれます。
ペプチドはコラーゲン生成の促進や肌内にコラーゲンをつなぎとめる役割があるのでミューノアミューズの高保湿化粧水を使うことで肌にハリ艶が出てアンチエイジング効果も期待できます。

オルビス

アクアフォースローション

ボトル入り 1,615円(税込)
つめかえ用 1,399円(税込)
アクアフォース特別セット 2,057円(税込)
口コミレビューを見に行く

オルビスの化粧水には、お肌内にある天然保湿因子N・M・F(ナチュラルモイスチャーファクター)の3分の1を占めるアミノ酸とその次に多いミネラルをオルビス独自の方法で配合した保湿化粧水です。
また、アクアフィックスシールド(強固な水の膜成分)が配合されているため、肌から潤い成分を逃がすことがありません。
お肌に優しい成分で作られた保湿化粧品は敏感肌の人にもおすすめです。

アスタリフト

アスタリフト ベーシックトライアルキット

5日分 1,000円+税 (送料無料)
口コミレビューを見に行く

アスタリフトに含まれているアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があり老化防止、病気予防、体力低下を防いでくれます。
また、減少しているコラーゲンの生成を促す力もあるためアンチエイジング効果が期待できるのです。
また、高密度のヒト型セラミドがナノ化して含まれているのでアンチエイジングケアだけではなく敏感肌や乾燥肌の改善にもつながります。

 

おわりに

保湿というと、クリームを連想してしまったり、良い保湿クリームを使っていれば大丈夫と思いがちですが化粧水もかなり大切だということがわかりました。
高保湿化粧水でしっかりとベースを作ることによって、お肌のトラブルを今まで以上に防ぐことができると思います。
意外と見落としがちな保湿化粧水。
今まで化粧水はあまり気にしていなかったという人は、是非化粧水とクリームをセットで考えて効率よく美しい肌を手に入れてくださいね!

ハリ研究の第一人者が開発!アンチエイジングコスメ「ミューノアージュ」

たるみを気にする女性 スキンケア弾力・ハリ回復におすすめ!エイジングケア世代の基礎化粧品の選び方

化粧水ローションでスキンケアをする女性肌の老化防止におすすめ♪ペプチド配合&無添加化粧水一覧

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る