子供の急な発熱!慌てずに落ち着いて対処する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃん・子供の発熱

子どもは小さいうちはよく熱を出すものです。
夜になって、突然高熱を出したりもします。
初めてのお子さんだったりすれば、焦ってしまったり動揺してしまうのは当然の事です。
例えば、熱が40度近く出た場合でも、すぐに夜間やっている救急病院へ駆け込むのはちょっと待ってください。
まずは落ち着いて、お子さんの様子をしっかり観察してみてください。

救急病院は、小児科医がいない事がほとんどです。
たまたま別の専門医が診る場合や、研修医が診るという場合も多く、発熱程度では例え大きな病気が隠れていたとしても、解熱剤を処方されて帰されるというケースがほとんどです。

私の息子は心臓に病気を持っています。
ある難病を患った事がきっかけでしたが、40度を超える熱と痙攣を起こしたので動揺し、救急病院へ駆け込んだものの、その病気が疑わしいとは言いながらも、その日は痙攣止めと水分補給の点滴のみで、次の日外来へかかってくださいと帰されました。
結局次の日、緊急入院でした。

カルテと聴診器

救急病院は、基本緊急を要する患者さんを対象として医療を行う場であり、それ以外は応急処置程度の事しかしないのがほとんどです。
お医者さんの中にも、心配であれば連れてきてくださいと声をかけてくださる方もいますが、大体が次の日外来か町医者へかかるように促されます。

本当に緊急を要するのかどうか、まずはお子さんの様子を見て、大丈夫そうであれば次の日朝からかかりつけの病院へ行くのがいいと思います。

では、実際に発熱した場合の注意点を見ていきましょう。

熱は何度あるのか

体温計を持つ手

38.5度以上なければ、解熱剤は使えません。
逆を言えば、38.5度以上なければ経過観察でまず問題ないでしょう。
氷枕や冷却シートなどを使って首や脇の下を冷やしてあげると楽になります。

食欲、水分は取れているか

食欲はさておき、水分がある程度取れていればまず様子を見て大丈夫です。
全く水分が取れず、熱によって汗も大量に掻く場合は脱水症状を起こしてしまうので注意が必要です。

機嫌はどうか、いつもと違う様子がないか

赤ちゃん・子供の発熱

熱が高くても、割と子どもは普通に元気があったりするものです。
スヤスヤと寝付くようならそのまま寝かせてあげた方が良いでしょう。
ぐったりしている、呼びかけに反応が良くない場合は診てもらった方が良いでしょう。

だいたい病院で聞かれる事はこれくらいです。
あとは風邪の症状がないかと下痢や嘔吐の有無。
これに応じて季節性のインフルエンザや流行する病気がないか必要であれば検査をしてくれます。

もし、熱が高く、嘔吐をした場合は脳の感染症である可能性もあるそうで、まずは嘔吐物が喉に詰まらないよう、そっと横向きにしてから、目の向きや意識の有無を確認して、おかしければ救急車を呼んでもいいと思います。
今はノロウイルスなども流行っていますから本当に異変がないかどうかの見極めは重要です。

痙攣を起こした場合は、初めてのことならかなりびっくりするかと思います。
まずは目の向きや手足の様子がどうか。
何分程続いたか、何度ほど繰り返したかを、落ち着いて観察してください。
決して呼びかけたり、激しく揺すったりはしないように。
脳に異常をきたす場合もなくはないようで、とにかくどんな様子かを観察して、治まった所で病院に連絡しましょう。
緊急を要する場合は受診の指示があると思います。

 

おわりに

とにかく、まず、落ち着いてください。
慌てる、不安になる、焦る、それはよ〜く分かりますが、慌てても何も良くはなりませんし、具合の悪いお子さんが不安になってしまいます。
大丈夫だよ、ママがいるからね、といつものように声をかけながら、どんな様子かの判断をしてください。

いつもと明らかに違う、意識がない、脱水症状を起こすような状況であれば救急病院へ連れて行くのがベストです。
それ以上は、お医者さんの判断に任せましょう。

幼いうちは、熱や病気がつきものです。
特に1歳ころは何かと熱を出しては落ち着かない時期もありますし、保育所や幼稚園へ通うようになればいろいろな病気をどうしてももらってきてしまうものです。
長引くと、看病するママがクタクタになってしまいます。
寝不足はもちろんのこと、自分の食事もままならなかったり、お子さんの病気をもらってしまうリスクもあります。
少しでも無理なく看病する為には、気持ちに余裕を持つことが大切です。
ママがダウンしてしまったらっては元も粉もないです。
深呼吸して、落ち着いて、つらいのはお子さんですよ。
適切なサポートをしてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事


ページ上部へ戻る