オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いとは?どちらが髪にはいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャワーで髪を流す女性

皆さんは今どんなシャンプーを使っていますか??
安くてそこそこいいシャンプーを使う時代は過ぎました。
雑誌やテレビで活躍するモデルさんやハリウッドスターなどのセレブの間でも自然派志向のシャンプーやコスメが紹介され度々話題になっています。
ドラッグストアなんかへ行くと昔から親しまれてきたシャンプーは隅にひっそりと並べられ、ノンシリコンやラウレスフリー、オーガニックといった髪の毛に負担の少ないいわゆる良いシャンプーと呼ばれるものが大々的に堂々と並んでいます。
一時期のシャンプーにかける平均金額はこの自然派ブームで1000円近くアップしたのではないでしょうか。

350

私たち美容師も一昔前は市販のシャンプーなんて食器洗剤だ!くらいに思っていましたが、最近はこれなら大丈夫だなと思えるものも出てきているのは事実です。

ですが、これは良いというシャンプーが増えてくると、じゃあ一体どれが1番いいんだろうと迷ってしまいますよね。
さらにノンシリコンとオーガニックって何が違うの???
なんて疑問も出てくるかと思います。
シャンプーにかける金額が上がってきたならなおさら、本当に良いものを選びたいですよね。

今日はノンシリコンとオーガニックは何が違うのか、についてお話ししますので参考にしていただけたら嬉しいです。

 

ノンシリコンシャンプーとは

350

そもそもシリコンが良くないとされ始めたのはシリコンが髪の毛に蓄積する、頭皮を詰まらせるといった認識がされるようになったからなのですが、確かにシリコンの中でも水溶性でないシリコンは髪に残ってしまうため抜け毛や髪のダメージに繋がります。

シリコン漬けになった髪の毛はカラーやパーマが反応しないこともあります。
またサロンでのトリートメントが浸透せずに表面に付着してしまい、仕上がりがベタベタになることは多々あります。
だいたい、使っているシャンプーを伺うとシリコンが原因なんだということが分かりますが、シリコンはいいシャンプーをもっても落とすことはなかなか難しく、そういう方にはヘッドスパをクレンジングとしてオススメしています。

私たちが使う専用のクレンジングでないと蓄積したシリコンを除去することが出来ないのでかなり厄介なものだなと感じます。
せっかくパーマやカラーをしても表面にシリコンが付着しているとすぐに落ちてしまいますし長持ちはしません。
なのでやはり、シリコンシャンプーはオススメできないんです。

350

でもなぜシリコンがたくさん配合されているのかというとシリコンは髪の手触りを良くするには打って付けの成分だということ。
それが低コストで実現出来るということ。
シリコンシャンプーを使うと髪の毛がさらっさらになります。
洗い心地も良く髪の毛が良くなったと錯覚を起こすのです。
それは本当に髪の毛に良い成分をもっても敵わないかもしれません。
なのでやっぱりコレじゃなきゃだめだ!とリピートに繋がっていくんだと思います。

ノンシリコンシャンプーは、ギシギシするといった声が多く聞かれました。
それもそのはず。
髪の手触りを良くしていたシリコンを排除したのですから当たり前のことです。
ですが、完全にシリコンフリーではないノンシリコンシャンプーも出回っています。
シャンプーはノンシリコンであってもトリートメントはシリコン入りというケースも。
ですがシリコンの中でも水溶性で蓄積しにくいものもあるのでそこを気を付ければ全く問題はないのでシリコンの種類に注意しましょう。
シリコンの種類について

 

オーガニックシャンプーとは

ランの花を持った美しい女性

オーガニックというのは直訳すると有機のという意味になります。
原材料においてその生産過程で農薬や化学肥料を一切使っていない、専門の認定機関において条件をクリアし認められて初めてオーガニックと呼ばれる農産物のこと。
それをシャンプーの原材料として使ったものがオーガニックシャンプーなのですが、オーガニックシャンプーは主に敏感肌であったりアレルギーを持っている方、赤ちゃんやお年寄りにも安心して使えます。

人体や環境に優しい安心・安全なシャンプー。
ということなのですが、大まかにいうとそれだけのこと。
髪にいいとか、ダメージを補修できるとか、そんなことは実は関係ないんです。
同じオーガニックの植物で髪をいたわることは可能ですのでそういったものを配合してはいるのですが実際シリコンの手触りと比べてしまうと少し物足りなさは感じるかもしれません。
ですが、身体には害がないこと、環境に優しいということを考えれば決して悪いものではありません。
むしろ私はとても良いシャンプーだと思います。

 

おわりに

シャンプーをする女性

シリコンがやたら悪いものとして認識され始めてからノンシリコン、ラウレスフリー、オーガニック、ボタニカルと質の良い自然派志向のシャンプーがほとんどを占めるようになりましたが、実際完全に良いものと呼べるものは私が見る限り一握りな気がします。
シリコンの種類や成分については表記がされてあったとしても、一般の消費者には知識がない限り判別は不可能だと思います。
事実、今かなり売れているノンシリコン、オーガニック表記のシャンプートリートメントにもシリコンが配合されています。
シリコンなくしては消費者が満足のいくものがなかなか作れないのが現状なようです。

それを回避するにはシリコンのことを少し勉強して成分表を見極めるしか方法はありませんが、最初の方に書いたように、美容院で定期的にクレンジングを行うというのも、立派なヘアケアですのでオススメしておきます。
ですが、髪に気を使っていいものを使おうという気持ちは本当に嬉しく思います。
いろいろなものを試しながら、あなたの髪の毛にベストなシャンプーを見つけてくださいね!

シャンプーをする女性ノンシリコンなら本当にいいの??シリコンのマメ知識あれこれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る