コワすぎる…男が引いてる “女の実態”7パターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビックリする女性

「女ってこえーな」「彼女にするのは絶対ムリ」
こんな風に、男性が思わず引いてしまうのって、女子のどんな部分だと思いますか?
私たち女の世界ではフツーのことでも、男性にとっては信じられないほどショッキングなこと、結構あります。
もしかして、あなたも知らずにやってない?
気になる人は、いますぐチェック!

 

1.仲のいい友達の悪口を言う

 これ、女の世界ではアタリマエというか、みんなフツーにやりますよね。
陰口は良くない。ハイ、それはもちろん分かってはいるんです。
でもね、女子の世界は基本的に「なかよしこよし」の平和な世界。
表では「みんな仲よくしよーよ」というのがマナーです。
その表の顔を死守するための、なんとツライことか。
たまには陰でコッソリ悪口を言って、ガス抜きすることも必要です。(よね?)
ところがこの行動、男性には「信じられない」「性格悪すぎ」「だったら仲良くするな」と総ヒンシュク。
どうやら、男にとっては「皆に悪口を言われる嫌われ者」より「悪口を言うヤツ」がイチバン悪人に映るようです。

 

2.常に比べあっている

 比較する女性

流行の言葉でいうならば、マウンティングというやつです。
顔、スタイル、持ち物、彼氏のスペック、結婚式の規模、旦那の給料、子どもの数……。
女子はいつもどんなときでも他人と自分を比べて張り合っています。
そして、それが男性には「アホラらし」と感じられるのです。
そもそも、「なぜそこまで自分のことを人に話すのか?」
「なぜ人のことをそこまで詮索するのか?」という点で、男性は引いている。
気をつけましょう。

 

3.化粧で顔が違う

 化粧を落とすと顔がまるで別人のよう……。
あんまりおブスだと、百年の恋も冷めてしまいますね。
男性は、ケバイ女子が嫌いでたくみに避けますが、ナチュラルメイクの腕に長けた女子までは見抜けません。
何らかの偶然で素顔を見てしまうと脳天カチ割られたような衝撃を受けてしまいます。
あんまりメイクがうまいのも、考えものかも。

 

4.男ウケを狙いすぎる

 これまでん、いろんなコラムを書いてきました。
で、よく言われるのが、
「女子って四六時中こんなこと考えてるのワケ?だとしたらコワすぎる」
という、完全に及び腰の男子からのこんな言葉。
いわく、女子向けのハウツーって男子には「恐ろしすぎる」よう。
釣られる魚、いえ、狩られる草食動物のような、たよりない気持ちになるんだとか。
だから、「こういうの読んでます」「そんでもって実践してます」
っていうのは男子の前では隠してくださいネ。
女子のたしなみとして。

 

5.元カレをボロクソに言う

不機嫌な女性

「なんで女子って、別れた相手のことをボロクソに言うの?」
という質問も男性からよくいただきます。
「じゃあなんでおたくらは別れた相手を美化すんの?」と聞きたいところですが。
それはいったん置いておくとして。
とにかく男性にとっては「元カレ」のことを「超サイテーなヤツだった」
「なんであんなのと付き合ったんだろー」と女子がボロカスに言うのが信じられないよう。
「俺も、きっといまごろどこかでメタくそ言われているに違いない……」
と切ない気持ちになってしまうのです。
ですから、皆さん!元カレのことを語るときは「方向性が合わなくて」と
売れてるバンドの解散理由のようなコメントにとどめましょう。
それが品格ある女子というものです。

 

6.自撮りがうますぎる

 女子は驚異的に自撮りが上手です。
コスメや光やあらゆる小道具やらを味方につけて、「とっておきの一枚」を撮ることに執念を燃やします。
で、その様子を見た男性は、「うわあ、必死だよ」「何もそこまでせんでも……」
と内心呆れたり引いたりそれはもう複雑な心境に陥っているのです。
というのも、男性の中には「女子の自撮りにだまされた」という経験がある人が少なくないからです。
「お、この子カワイーじゃん。紹介して♪」
友達のSNSで偶然目にしたSNSのプロフィール画像。
「今日の合コン、こんな子来るから」と見せてもらった写メ。
「どんな美女だろう」と期待して出かけたのに、実際会ってみると
「……(写真写り良すぎだろ)」とその落差にビックリしてしまったり。

要は、「まぎらわしーんだよ!」「だまされるじゃねーか!」と思っている。
だったら初めから「フツー」に映っている写真の方が、よっぽど好感が持てるし……と感じるのです。

 

7.結婚願望が強すぎる

 ウェディング姿の女性

女子のホンネは「一日でも早く結婚したい」。
女子同士なら「分かるー」「あたしもー」となるところですが、男性は内心「コワい」と引いています。
「独身で彼氏もいないのに、その手の雑誌を読んで勉強しているのはちょっと……」
「友達が結婚すると聞くたびに、『いいなー』と八つ当たりしてくる姿がみっともない」
「そんなに結婚したいワケ?」
と男性は冷めた目で見ています。要注意ですよ!

 

おわりに

 上記でご紹介したのは、「女のあるある」と呼んで差し支えないレベル。
でも、男性からしてみると「コワすぎ」「絶対付き合いたくない」と思わせるには十分な威力を持っているのです。
あなたも気をつけて!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る