匂い・汗染みが気になる!!脇汗を抑える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌の綺麗な女性

はじめに

脇の汗って不快ですよね。
夏はジャバジャバ汗をかきますし、冬は着込んで、嫌な匂いがこもってしまう…
春夏秋冬問わず、汗染み・汗の匂い・汗の量に悩まされている人も多いでしょう。
汗の量、汗の匂い等は、年齢やホルモンバランスの影響で変ってくるので、若い時は脇汗に悩まされなかったのに、なんだか最近汗が気になる…という人も出てくるようです。
逆に、若い時に比べて汗の量や匂いが気にならなくなった!という人も。
今回は、脇汗のメカニズムと、脇汗を抑える方法を紹介します。

 

脇汗は何のためにある?どうして臭いの!?

臭い

私たちの体には「汗腺」と呼ばれる、汗が分泌する腺があります。
特に、脇の下にその汗腺がたくさんあるため、脇から汗をかくのです。
汗がよく出やすいのは、運動した後、暑い日、緊張した時、不安な時などの、自律神経の交感神経が働いている時です。
実は汗には種類が2種類あり、エクリン腺と、アポクリン腺という、種類の違う腺から分泌されます。
エクリン腺は体温調節を行うために機能しているため、運動したり、暑い日に、体温を下げるために働きますが、この汗は、無色・無臭です。
逆にアポクリン腺から分泌される汗は匂いがあり、黄ばみの原因にもなる嫌な汗です。
この汗は、緊張したり、イライラしたり、ストレスがかかったりすると分泌されます。
たんぱく質、脂質、アンモニアなどが含まれているために強い匂いを発するのです。
さらに、アポクリン腺から出た汗をエサとしてバクテリアが増殖するので、それもまた、匂いの原因となっています。
(※エクリン腺から出る無臭の汗も、酸化により匂いの原因になりますので、汗をかいたまま長時間放置すると、匂いの原因に!)
脇汗の匂いは、それ自体の匂いだったり、細菌が繁殖して発する匂いだったり、汗が酸化して発する匂いだったんです。
では、どんな方法で汗を防げば良いのでしょう?
以下、予防方法を紹介していきますね。

 

1、デオドラントを使用する

デオドラント ワキ

直接脇汗を予防したいなら、デオドラントを使用するのが一番の近道です。
デオドラントには、スプレー、クリーム、ジェル、液体など、様々なタイプがあります。
今では、脇に直接塗布できる、ロールオンタイプのデオドラントが主流となっているようです。
しかし、種類によって肌荒れを起こしたり、より体臭がきつくなってしまう場合があります。
今使用している物があれば、それが本当に自分の体質に合っているのかを確認してみて下さい。
基本的に1日つけていて肌荒れをしなかったり違和感を感じなければOKですが、一つのメーカーや同じ種類をずっと使い続けるより、色々な物を試してみて、ベストな物を探す方がより効果的ですよ!

Ban(バン) 汗ブロックロールオン 40ml
価格612 円(税込・送料別)

Ban ロールオン

 

花王 8×4 ロールオン フレッシュフローラル 45ml
価格483円 (税込・送料別)
 
8×4 ロールオン

 

2、タイトなトップスは避ける

体に密着する服はセクシーですが、通気性が悪く、汗の原因及び匂いのもとになってしまいます。
できるだけ、体にゆとりのできる服を選びましょう。
衣類に染みこんだ汗から雑菌が繁殖し、汗の匂いに加え、雑菌の匂いもプラスされてしまいます。
スーツ、シャツなど、もし体に密着するような服を着てしまったら、小まめに汗を拭いたり、汗脇パッドなどを使用するようにしましょう。

 

3、体温を低く保つ

 体温機能調節のための汗は、常に体内温度を低く保っていれば防ぐことができます。
厚着をしてしまう人は、できるだけたくさん着込まないようにしましょう。
暑くなったらいつでも簡単に脱げるような服装でいるのがベターです。
冬なら、ストール、マフラー、手袋、ネックウォーマーやレッグウォーマーなどの小物類を活用しましょう。
たくさん着込みすぎるより、小物なら体温調節が簡単にできます。
夏なら、薄手のカーディガンや、体温を下げる保冷剤や冷却シートを活用してみましょう。
体を冷やすなら、首元、手首、脇の下、ひざ、ひざの裏がお勧めです。
太い血管が通っているため、比較的早く体の温度を下げる事ができます。

 

4、無駄毛の処理をする

ワキを剃る

無駄毛が匂いの原因になっている可能性があります。
特に冬は脇を露出する機会も無く、生えっぱなし、伸ばしっぱなし!
という女性も多いのでは無いでしょうか。
冬は特に匂いがこもりやすいので、夏よりも冬に入念に無駄毛のケアをするようにしましょう。
定期的なカットだけでは匂いが改善されない場合、脱毛をするのもお勧めです。
脱毛サロンや美容クリニックで無駄毛の処理をしてもらうと、普段の無駄毛の処理が楽チンになるのはもちろん、匂いも改善されますよ。

 

5、ストレスを減らす

汗の原因はストレスにもありますので、ストレスを減らすか、ストレス耐性をつける事も脇汗対策になります。
大事な試験や大会、大きなプロジェクトなどの前に、どれくらい手に汗をかきますか?
緊張やストレスを感じて汗をかきやすい人は、ストレス耐性が弱いと言えます。
精神状態と発汗は密接に関わっていますので、ストレスを減らす努力も必要です。
自分のリラックス方法を見つける、運動や趣味でリフレッシュする、など、できるだけリラックス状態でいられるようにしましょう。
汗の匂いが気になって神経質になってしまうと、余計に汗をかいてしまいます。
汗に対してあまり神経質にならず、オープンな気持ちで過ごしましょうね。

 

6、体重を減らす

太り気味~ぽっちゃりの人は、肥満が原因で汗っかきになっていると考えられます。
脂肪が多いということは、その分体温が高く、汗をかいて体温を下げようとします。
体温調節の汗は匂いはあまりキツくありませんが、その汗の処理をせずに放置したままでいると、匂いの原因になってしまいます。
今太り気味で汗をかいてしまっている、と自覚があるならば、まずはダイエットからしてみてください。
汗の量は減り、見た目も綺麗になって、良いこと尽くめですよ♪

 

7、ジャンクフードなどを避ける

ジャンクフード 禁

 ニンニク料理を食べたりした次の日は、体臭がキツイ…なんて経験はありませんか?
私たちが食べたものは、直接私たちの体臭に繋がっています。
体臭がキツくなるような食べ物を避けるのはもちろん、ジャンクフードや冷凍食品なども避けたほうが無難です。
なぜなら、ジャンクフードや冷凍食品には添加物が多く含まれており、脂質や糖質、塩分なども高いからです。
これらの体に不健康な食べ物を定期的に食べ続けていると、脇汗はもちろん、体臭が強くなってしまいます。
美味しくてついつい食べてしまう気持ちも分かりますが、
「健康や美容を害して体臭を悪化させてしまう」
と気持ちを強く持って、口にする頻度を少なくするようにしましょうね。

 

おわりに

いかがでしたか?
今回紹介したのは、軽度の脇汗の予防方法です。
あまりにも汗の量が多い、匂いがきついという場合は、一度専門医に見てもらうのもお勧めです。
ストレスフリーの健康な生活を心がけて、体温調節を上手にしながら、汗と付き合っていきましょう。

参考元:allwomenstalk

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事











ページ上部へ戻る