伸ばす?切る?中途半端な髪の長さを乗り切る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伸ばす?切る?中途半端な髪の長さを乗り切る方法

髪の毛を伸ばしたいのに、いつも途中で断念してしまう。
1度切ってしまうとなかなか伸ばせない。
長くて綺麗な髪の毛は女性の憧れです。
ですが、ショートヘアからロングに到達するまでの間に、魔のエリアという場所が存在します。

それは肩くらいの長さ、肩の位置です。

美容院での相談内容でも、肩につくくらいの長さで、ハネる、まとまらない、といった悩みはとても多いです。
この場合、伸ばすのか、諦めるのか、どちらかの選択をしてもらっていますが、今日は伸ばしていく為の提案をさせていただきますね。

 

魔のエリア

メイクをした女性

魔のエリアとは、肩に髪の毛が当たってハネてしまう位置になります。
肩をだいたい10センチ以上は超えなければ収まりは良くなりません。
10センチというと、約10カ月。
長い戦いになりますが、ここを乗り切れるかどうかが憧れのロングヘアに到達できるかどうかの鍵になります。
髪質によっては、ハネに加えてうねりが酷くなり収集がつかないといったケースも出てきます。
ではどのような方法でここを乗り切っていくのが良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

カット

髪をカットする美容師

まずこれは、カットはほとんど通用しません。
長さを切ってしまえば、魔のエリアを抜け出すのにまた時間がかかってしまうことになります。
切るとすれば、段をなくす事くらいでしょうか。
またはなるべく内に入るようなスタイルに調整するかです。
今の状態でカットのみで何とかしようと思うのであれば、お家でのセットが必用になります。
アイロンで伸ばす。
コテで巻く。
カーラーで巻く。
アレンジしてごまかす。
アイロン、コテ、カーラーに関しては熱を使うものなので必ずベース剤などで保護することは忘れないでくださいね。
これをしないとダメージがかなり加わりますので、せっかく伸びたとしても切らざるを得ないことになります。
時間もリスクもかなりありますが、伸ばすということですとほとんど切るところはありません。
なのでカットだけで何とかしようというのはあまり役には立たないかもしれないです。

 

ストレート

ボディケア・乾燥対策をする女性

ストレートや縮毛矯正をすればハネたりしなくなるのではないか。
普通の人なら普通にそう思うはずです。
ですが、縮毛矯正をもっても魔のエリアに勝つことはなかなか難しいと言えます。
いくら髪の毛がまっすぐでも、物理的に何かにぶつかればハネてしまいます。
しないよりはマシかもしれません。

元々くせ毛で定期的に矯正をかける人は矯正をかけてある程度しのぐという方法も良いかもしれません。
ですが、ただ単に今はハネるからストレートにしようというのなら、私はオススメしません。
ハネるハネないは別としてストレートパーマはかけてあったパーマを取るためのメニューですのでクセなどが取れるわけではありません。
何となーく収まった感じはするかもしれませんが一時的なものですし、パーマがかかっていないのに強い薬をわざわざつけるのは気が進みません。
矯正も同じですが縮毛矯正というのは半永久パーマとも言われています。
1度かけたところは半永久的にまっすぐ、ということです。
伸ばしていくにあたって追々どのようなスタイルにしたいかにもよりますが、いずれパーマをかけたいという方や頻繁にコテでスタイリングするという方はかけた矯正がかなり邪魔になりますし、カールがつきにくい状態になってしまうのでダメージもそれだけ大きいものになってしまいます。

 

パーマ

350

私が1番お勧めするのはパーマです。
実際に私自身も現在肩下5cmくらいの長さで、大きなうねりグセがあるので悲惨な状態でした。
毎日アイロンで何とかしようとするも、だんだんアイロンも効というかなくなり、仕方なく縛って仕事へ行っていましたが、美容師が毎日髪を縛ったままというのも何だか気が引けてしまいパーマをかけてみました。
かなり楽に伸ばせています。
全くハネやうねりが気にならなくなりました。

私の場合はコールドパーマといって本来の一般的なパーマですが、少し強めにかけて夜頭を洗ったら半乾きで自然乾燥し、起きたらWAXをもみ込むだけという本当に楽をさせてもらっています。
パーマはクセを生かしながら均一に髪に動きを出すという技術ですのでハネやうねりを何とかしたいという場合理に適っているんではないかなと思うのでパーマはオススメです。

デジタルパーマもオススメです。
普通のパーマより持ちがいいのでかける回数が少なくて済みますし、夜しっかりカールを出しながら乾かすことで朝は何もしなくて良いというメリットもあります。
パーマがかかっている間はハネもうねりも気になりませんし1度かけてしまえばあとは髪のケアだけに専念しながら気づいたら伸びてたという嬉しい結果が出てくれるはずです。

 

アレンジ

ヘアアクセサリー

最後に、どうしても髪を傷めたくないという人は毎日のアレンジで乗り切るという方法がいいかも知れません。
本屋さんへ行くとたくさんのアレンジ本が出ていますし、最近はアレンジを得意とした美容師が人気でinstagramやFacebookなどにアレンジの方法や作り方の動画なんかをアップしています。
ぜひチェックしてみてください。
アレンジは毎朝時間と手間がかかってしまいますが、これで乗り切ると1番髪は綺麗な状態で伸ばせます。
もちろん日々のケアは欠かさずにやってこその話です。

 

おわりに

350

魔のエリア、これはかなりの難関です。
美容師の技術をもっても太刀打ち出来ない場合もあります。
“忍耐”“我慢”・・・これが1番必要ですが、楽に乗り越えることが出来るなら、何とかしたいものですよね。
春がやってきます。
春は新しい生活の始まりですのでイメージチェンジにもってこいの季節です。
思い切ってパーマをかけてみるのもよし!
アレンジを覚えてイメチェンを図るのもよし!
何とか乗り切ってキレイなロングヘアを手に入れましょう!!

花柄のワンピースを着た女性デジタルパーマとは?普通のパーマと違うの?特徴・お手入れ方法

キレイな黒髪の女性洗い流さないトリートメント 髪質別おすすめの種類と違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事






ページ上部へ戻る