ちょい足しで簡単健康♪野菜パウダーが栄養満点!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日忙しくて外食ばかりで栄養が偏っていませんか?
手軽に野菜の栄養を取ることができる野菜パウダーが今注目を集めています。
野菜パウダーとは、その名の通り野菜をパウダー状にしたものになります。
そのため、賞味期限が長く保存がきく、パウダーを入れるだけなので手軽、多くの栄養素が取れる、見た目がカラフルになって綺麗、というような良い点がたくさんあるんです。

栄養価はどれくらい?

350 野菜 人参 食べ物 パウダー

人参パウダーは40gで、生の人参三本分の栄養が凝縮されています。
これは人参パウダーをスプーン1杯分で生の人参1/3本分もの栄養が摂取できることを意味しています。

野菜パウダーは生の野菜と栄養価はほとんど変わりません。
そのうえ、一度乾燥させてから粉砕処理をする過程で小麦粉以上に粒子が細かくなるため吸収率が良いです。
そのため赤ちゃんの離乳食、お年寄りの介護食に取り入れることによって栄養をよく吸収してもらえます。
野菜パウダーはもちろん味は野菜そのままですが、パウダーの量を調整することで野菜が苦手な人でも効率よく栄養を摂取できます。

栄養不足はダイエットの敵

偏った食生活によってぽっちゃりしてしまった人にはもってこいの食品です。
なんと栄養不足には代謝を下げてしまう、筋肉がつかないためいつまでたっても痩せることができない、などのダイエットの妨げになってしまっています。
そのためにも野菜パウダーで栄養摂取をしていくことが大切です。

野菜パウダーの活用法

350 スムージー 野菜 ダイエット 健康

スムージーのように飲む

牛乳や水にパウダーを溶いて飲めば簡単なスムージーの出来上がり。
毎朝ミキサーに生野菜を入れてスムージーをつくるのが面倒でもこれなら簡単にできますよね。
もちろんスムージーにパウダーをプラスして栄養価を高めることもおすすめです。
リンゴやバナナなどの入ったスムージーなら味もおいしいですよ!
パウダーの量の目安はコップ一杯に対してパウダー小さじ1になります。
お水にとかして飲むときは常温のみずでとかすとダマになりにくいです。
飲みにくいときはレモン汁やガムシロップで味を調節してみてください。

ヨーグルトに混ぜる

はちみつと野菜パウダーを混ぜて食べるだけの簡単レシピ。
あまり味の主張のないレンコンパウダーはとくに食べやすいです。
しかし小松菜やニンジンなどでグリーンスムージーのようにして食べてもおいしいですよ!

粉状のものとまぜて食事と共に

ハンバーグのつなぎや、パンケーキミックスに混ぜての料理は使いやすくて便利です。
特にハンバーグは味つけが濃いため野菜が苦手な方でもおいしくいただけます。
特にダイエットを意識するときは豆腐ハンバーグにするとカロリーカットも叶います。

また、ふりかけのようにご飯にまぶしておにぎりにすれば可愛いカラフルなお弁当になります。
野菜嫌いのお子さんや、キャラ弁にも使えます。
ごはんによくなじむので、チャーハンにまぶして栄養摂取も叶います。
ちょっぴりおしゃれに、マヨネーズと野菜パウダー、塩と野菜パウダーを混ぜて食卓に出せばどこかのカフェのような仕上がりに。

どこに売っているの?

350 野菜 食べ物 サツマイモ
あまりスーパーで見ませんよね。
野菜パウダーは主に通販で購入する方が多く、スーパーでは売っているところがまだ少ないです。
オーガニック食品を取り扱うお店、パンをつくる材料が多くある店やドラッグストアには置いている店舗もあるかもしれません。

野菜パウダーはネットショップで手軽に購入

ネットショップでお得な野菜パウダーセットをご紹介します。
好みの味のパウダーを探すのにうれしいですよね。

国産野菜パウダー

04221447_5174cee44f0ae

国産野菜パウダー

どれでもお好きなパウダーを14種類の中から5種類選べる
離乳食やパンケーキ,キャラ弁に活躍!国産100%野菜パウダー選べるセット【無添加/送料無料】国産野菜パウダー選べる送料無料セット【国産野菜粉末】【無添加】
送料無料2,550円(税込)

まとめ

栄養不足から太ってしまった人はまずたくさんの栄養を取ることが大切。
そうでなくてもダイエット中は栄養不足に陥りがち。
栄養不足を感じる人は野菜パウダーを使って手軽に美味しく栄養摂取できます。
いつもの食事にちょい足しするだけで手軽で簡単に栄養補給しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:紗也

著者の記事一覧

ハンドメイドやデザイン等とにかく何かを作るのが大好きです。
女の子ばかりの環境で今まで過ごしてきました。
そんな環境の中で聞いてきた、たくさんの女の子の悩みにこたえられるような記事を書いていきたいと思っています。
宜しくお願いします。







関連記事











ページ上部へ戻る