早く結婚したい!アラサーカップル、煮え切らない彼を動かす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
早く結婚したい!アラサーカップル、煮え切らない彼を動かす方法

アラサーという文字がちらつくようになると、女の子の頭には“結婚”という言葉が出てくるようになります。
親や周りからも『結婚は??』というような質問が出たりもするので、焦りを感じたりもするかもしれません。

私が結婚したのもアラサーと呼ばれる時期でした。
仕事ではチーフという役職がついていましたので、毎日仕事仕事で結婚なんて考えてもいませんでしたが、やはり周りにいろいろと言われ、急かされた結果、結婚するという選択をしたのです。

350 結婚

最近は30代を超えても結婚をせずに自分の時間を楽しむ女子は多いと思います。
私も今思えば、結婚なんてせずにいろんな楽しみを見つけても良かったのかな・・・なんて、まだ結婚をしていない友達をみたりするとそんなことも思ったりするのですが・・・。

でも彼女たちは自ら結婚しないという訳でもなさそうで、常に心のどこかには結婚に対する思いを持っているのだと言います。
特に彼氏もアラサーで、仕事やプライベートが充実していたりすると、なかなか結婚に踏み切れないといったケースが出てきてしまうという話も聞いたことがありますが、彼らの中には焦りというものが存在しないのか。
結婚という問題はとてもデリケートなもので、女子からそれを切り出すのには勇気がいるものです。
彼は結婚に対してどう思っているのか、私と結婚しようと思ってくれているのか、すごく気になりますよね。

これはごく一般的な統計ですが、結婚しようとしないアラサー男子が何故結婚をしたがらないのかを調査してみました。

 

アラサー男子が結婚をしたがらない理由

1.まだまだ遊びたい

350
結婚してしまうと、自分の自由な時間が減ってしまう。
趣味がある男子は特にそう思うようです。
その趣味が彼女と共通であれば問題はないのかもしれませんが、趣味に没頭する時間を束縛されたり、邪魔されたりするのは嫌だと思う人は多いようです。

アラサーにもなると、収入もそこそこ上がってきて休みも思い通りに充実させて行ける年代になってきます。
その楽しみを知ってしまうと、それを失ってしまうのではないか・・・なんて躊躇してしまったりするのでしょう。

2.お金を自由に使いたい

男友達との飲み会
1と似たような理由ですが時間同様、お金も自分の好きなことに使いたいと思うようです。
特にお金のかかる趣味やコレクションなんかがある場合は尚更。

他にも、男子というのは“飲みに行く”ということにお金を使うようで、飲み代がなくなるのは困るという意見が多く聞かれました。
おいしいものを食べておいしいお酒を飲んで仲間とわいわい騒ぐことが楽しいと思うのは女の子も同じですよね。

3.現在の収入で家庭を養えるのかが不安

350 お金 貯金箱
これは職業にもよるとは思いますが、今の稼ぎで家庭を養っていけるのか不安だから結婚に踏み切れない…という声も聞かれました。
一家の大黒柱になるという決断は女性よりも男性の方が勇気が必要なようです。

またこのままで子供を育てていけるのか、とその先のことまで考えてしまうのだとか。
そう考えると“結婚”に関しては女の子よりも男の子のほうがシビアにん考えているのかもしれないですね。

4.結婚に魅力を感じない

手をつなぐ男女
Photo by hannahruby91
彼女はいた方がいい、けれど結婚はしたいと思わない。
こんなことをいう男子が私の知り合いにもいますが、結婚によって家庭や奥さん、子供に縛られることは自分には向いていないんだそうです。
そんな気難しい男子は一握りかと思いますが、実際結婚に魅力を感じられないという人はすごく多いようです。
周りに割と早く家庭を持った友達がいる人は特に。
家庭を養うことがどれだけ大変か、自由な時間やお金が使えなくなるという現実、たまに会えば嫁の文句ばかり・・・それを目の当たりにすると、結婚がいいものだとは思えなくなってくるそうです。

確かに近年はすぐに離婚してしまう夫婦も多く、また自分の親が熟年離婚をするといったケースも良くある話です。
そんなことを結婚する前に見たり聞いたりすれば、結婚に疑問を感じてもおかしくはないと思います。

 

そんな彼と結婚を目指すのであれば

350 カップル
この子と一生一緒にいたい!!と思ってもらわなければいけません。
一緒にいて安心する、落ち着く、自分らしくいられる、結婚しても上手くやっていけそうという良いイメージを彼に持ってもらえるような努力をしなければなりません。

結婚する前から綺麗でいる努力を怠ってしまったり、だらしない印象を与えてしまうのは絶対によくありません。
一緒に暮らしたらこうなってしまうんだなという悪いイメージを持ってしまいます。
家事や仕事も頑張らなければいけません。
現代は共働きは当たり前ですので、仕事をしていても家のことがきっちり両立きできるんだという姿を見せましょう。

いつの時代も結局男というものは家事をしっかりこなせる女性に魅力を感じるものです。
それは自分のお母さんがどこかで基準となっているからなんだと思いますが、何もできない、部屋も汚くてだらしない女の子と結婚しようなんて思わないはずです。
自分の身の回りはどうなのか、1度見直してみることも大切だと思います。

パパママと手をつないだ赤ちゃん
Photo by Anna Langova
結婚するために、結婚生活を円満にするために、多少の我慢や努力は必要だという話を聞いたことがあります。
結婚をすると、また子供を産んでしまうと、どうしても忙しさや疲れから旦那さんに対する接し方が粗末になってしまたりしがちです。
私たちが、こんな旦那さんであってほしいという理想を描くように、男の人もこんな奥さんがいいという理想があります。
結婚を本当に望むのであれば、彼の時間や彼の意見、考えを尊重できる彼女であってほしいなと思います。
そういう関係性を築いていければきっとずっと素敵な夫婦でいられるでしょうし、彼もこの子となら!と人生の決断をしてくれるかもしれません。
明日から、奥さんになっても、ママになっても、彼にとって1番の素敵な女性でいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る