春到来!肌や髪に花粉がもたらす影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花冠をかぶった女性

だんだんと日差しも暖かくなってきました。
いよいよ春が到来ですね。
春は寒さも和らぎ、気持ちも晴れやかになるような良い季節ですが1部の方・・・いや大半の方には辛い辛い季節なのかもしれませんね。
それは“花粉症”。
今年は例年より早く、2月に入ってからくしゃみや鼻水が止まらないという方が続出していると内科の先生がおっしゃっていました。

とはいえ、最近はなにも春だけが花粉症の季節だという訳ではないようです。
元々アレルギー体質の方や、アレルギー反応を起こす植物によっては年中花粉症に悩まされているという方もいるようです。

うつむく女性

そして、花粉症の症状というのはくしゃみや鼻水だけとは限りません。
目のかゆみなどは一般的ですが、最近多いのは肌がかぶれてしまうという症状。
私も実際に花粉による肌荒れを見せていただいたことがありますが、ひどいケースは腫れるというよりはただれるという表現の方が正しいような、赤く熱を持って腫れ上がり、皮がめくれてしまったりしてしまいます。
ヒリヒリとした痛みや我慢出来ないほどのかゆみを伴ったりもするようです。
今日は花粉症の中でも肌や髪の毛にもたらす影響についてお話ししていこうと思います。

 

花粉皮膚炎

女性の口元

花粉によって肌が炎症を起こすことを“花粉皮膚炎”といいます。
これは花粉が肌に接触することでアレルギー反応を起こすことなのですが、元々はアトピー性皮膚炎の患者さんがこの花粉皮膚炎を合併するといったケースが多かったようです。

ですが近年はアトピーではない人でも、花粉皮膚炎を発症する場合も出てきているそうです。
その場合はただれのような症状ではなく蕁麻疹のような発疹が出ることもあります。
肌といっても顔や首など皮膚の薄い場所に発生し、特に薄い目の周りなどがひどくなったりするようです。

肌は本来バリア機能というものが備わっていますが、乾燥や刺激などによってその機能が低下したところに花粉が付着すると炎症を起こします。
アトピーの方や乾燥肌、敏感肌の方は元々このバリア機能が弱いために花粉の影響を受けてしまいやすいということです。
最近は敏感肌や乾燥肌で悩む人が非常に多いので、花粉による肌のトラブルも珍しくなくなってきているようです。

 

花粉皮膚炎の対処法

メガネをかけた女性

とにかく肌に花粉がつかないこと。
これが鉄則なのですが、顔面を隠して歩くというのはなかなか難しいですよね。
ですが隠せるものなら隠しましょう。
ストールを巻く、マスクをきっちりする、メガネやサングラスをかけるなど、この際怪しい容姿を気にしている場合ではありません。

恐らく敏感な方であれば花粉が肌に付着した時点でムズムズしたかゆみを感じたりするかもしれませんが掻いたり擦ったりは絶対にしてはいけません。
肌が傷つけばそこがすぐに炎症を起こしてしまうからです。

マウスウォッシュを持つ女性

帰宅したらすぐに洗顔やうがいをするようにしましょう。
スキンケアは保湿を中心にしっかり行ってください。
化粧水がしみたりする場合は乳液やクリーム、オイルなど油分の多いもので構いませんのでとにかく保湿をしましょう。
赤くなって炎症を起こしたり、痛みや痒みを伴う場所に関してはワセリンを塗っておくと保護になります。

 

髪の毛は1番気を付けるべき場所

350 髪 

花粉によって髪の毛に害があるだとかダメージを受けてしまうというようなことはありません。
ですが、髪の毛のせいで大量の花粉を体内に取り込んでしまうことはあります。
服や皮膚よりも髪の毛は花粉を巻き込みながらたくさん含んでしまいます。
髪の毛を縛っていても、帽子でなるべく隠していても、髪の毛がある限り花粉がつくのを防ぐのは不可能だと言えます。

何故髪の毛には花粉がつきやすいのか。
まず髪の毛にはキューティクルといううろこ状の層が無数にあるのはご存じだと思いますが、花粉も実は似たような形をしています。
なので、互いにひっかかりやすく付着しやすいのです。

350

もう1つの理由は、静電気。
空気が乾燥する冬から春にかけて静電気に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
髪に発生した静電気に花粉がくっついてしまうというのはイメージ出来ると思います。
静電気に日々悩まされている方はそうでない人よりも多くの花粉がくっついてきてしまうということです。

 

髪につく花粉の予防方法

350

最近は髪をとかすという方少ない気がします。
帰ったらすぐに髪の毛をしっかりブラシでとかしましょう。
ここでとかすと静電気が発生してしまう!という方は動物の毛を使ったブラシがおすすめです。
とにかくしっかり頭皮から毛先までブラッシングをしてからシャンプーをすればよいと思います。

出来る予防としては静電気を防ぐこと。
これは髪を乾燥させないようにケアをすることです。
トリートメント、ベース剤、スタイリング剤、少々油分や水分の強いものがいいかもしれません。

美容院で髪を染めるためにカラーの相談をする女性

美容院で出来るケアとしては、まず取り切れていない花粉や汚れの除去。
保湿力の強いスーパーケアトリートメント。
クリアマニキュアのコーティング。
マニキュアは表面をコートするものです。
本来は色を付けるものですが、キューティクルの上からコーティングすることで髪の凸凹が滑らかになり、花粉が引っ掛かりにくい、同時にブラッシングにてついてしまった花粉が落としやすいというメリットがあります。
手触りやコシが良くなるので髪の質感も良くなるはずです。

 

おわりに

空気を吸い込む女性

戦後、日本の再建を願って大量の杉の木を植えたそうです。
70年経って、まさかその願いをかけた木がたくさんの人々を困らせることになるとは・・・。
なんて文句は言ってはいけませんが、花粉による様々な症状は本当につらいものです。

この時期をじっと耐えると言ってもなかなか我慢出来るような事態ではありませんよね。
なってしまうものは仕方ない。
かといって全ての木を伐採するわけにはいきませんし、対策を練りながら上手く付き合っていく方法を考えるのが1番だと思います。
少しでも症状が楽になるように、しばらくの間は徹底した花粉対策をしていきましょう。

空気を吸い込む女性花粉や埃の刺激からお肌を守る!敏感肌用日中用美容液「アレルバリアエッセンス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る