シャンプー2回はNG!髪と頭皮に1番良いヘアケア 保存版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャンプー2回はNG!髪と頭皮に1番良いヘアケア 保存版

シャンプーは2回しているという話をよく聞きます。
2回もシャンプーはしなくても結構です!!
この話から、普段私たち美容師が当たり前だと思っているヘアケアの仕方について、本当に正しいヘアケアを知らない方も多いのではないかという不安を覚えました。

ヘアケアとは、その名の通り髪のケアのことですが、洗髪からスタイリングまできちんとケアするためには正しい知識が必用です。
美容院では単発的にケアの方法をアドバイスさせていただくことは良くありますが、1から10まで長々とお話しすることなんてあまりありません。
いい機会なので、今日はヘアケアの正しい方法についてお話しさせていただこうかなと思います。
ぜひ、保存版にしていただきたいです。

 

シャンプーについて

シャワーで髪を流す女性

シャンプーはヘアケアの中では1番大切な項目です。
使うシャンプー剤、シャンプーの仕方によって髪の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。

まずシャンプーは髪の毛と頭皮に優しいものを使いましょう。
最近はノンシリコンやオーガニックなど、肌や髪の毛に優しいものが多くなりました。
ノンシリコンであってもオーガニックであっても、シャンプーを選ぶうえで1番重要なのは界面活性剤、つまり洗浄成分です。
石油系の界面活性剤が1番髪の毛にダメージを与えます。
“ラウレス硫酸Na”と記載されたものは避けるようにしましょう。

従来の粗悪なシャンプー剤はコストのかからない石油系の界面活性剤を使用するものが多くありました。
美容院の専売品であっても、中にはラウレス硫酸Naを使用しているものがあったのも事実です。
石油系の界面活性剤は頭皮に必要な皮脂までもごっそり取り除くほどの洗浄力を持っています。
また、たんぱく変性といって髪の本来のしなやかさや艶や柔らかさを奪ってしまうという怖い成分です。
簡単に言うと、食器洗剤で髪の毛を洗うことと同じようなこと。
想像するだけで、髪の毛がギシギシごわごわになりそうですよね。
その最悪な手触りをたっぷりのシリコンでごまかすというのが従来のシャンプーの仕組みでした。

数年前から、その石油系の界面活性剤が頭皮にも髪の毛にも良くないということ、シリコンが髪の毛に蓄積してしまうことが分かり、ラウレスフリーやノンシリコンといったシャンプーが注目されるようになったのです。
今となってはほとんどの商品がラウレスフリーであること、髪の毛に残ってしまうシリコンが使われていないということで安心して使えるシャンプーが増えてきたことはとてもありがたいなと感じます。

シャンプー&リンス

その中でも、私が1番オススメなのはアミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプー剤です。
アミノ酸は髪の毛と同じたんぱく質ですので、髪の毛で髪の毛を洗うことと変わりません。
どうしても髪の毛は水分を含むとキューティクルが開いてしまいますので髪の中身が流出してしまいます。
それを補いながら髪の毛を洗うことが出来るのがアミノ酸系の界面活性剤なのです。
低刺激で肌にも優しいのでツッパリ感やギシギシ感も少ない上潤いを与えてくれるというメリットもあります。

正しいヘアケア、基本は正しいシャンプー選びから!正しいヘアケア、基本は正しいシャンプー選びから!

さて、2回もシャンプーをする必要はないと言いましたが、夏は特に、汗をかいたりすると不快感からしっかりと髪の毛を洗いたいという思いが出てきます。
それは良くわかります。
特に男の人は2回シャンプーをするという人が多くいるようですが、しっかり洗いたいのならお湯でしっかり洗うことが1番いい方法です。
お湯でサッと流してすぐシャンプーをつけるのは間違いです。
充分に水分が浸透していない状態では摩擦で髪の毛を傷つける可能性があります。
そうならない為に余洗いといってお湯で髪を洗いながら隅々まで水分を行きわたらせることが必要です。
思っているより、いつもより長く、お湯だけで頭皮と髪の毛を洗ってください。
これだけで汚れは70%落ちると言われています。
残りの30%はシャンプー剤を使って洗い流せばOKなのです。

髪のべたつきに悩む女性

髪は十分に濡れていない、その状態にシャンプー剤をつけてゴシゴシ洗う、それを2回繰り返す。
そのシャンプー剤が洗浄力の強いものであったら、最悪な結果を招くことになります。
それは、乾燥です。
頭皮の乾燥は特に、様々なトラブルを招くことになります。
フケ、かゆみから湿疹であったり、皮脂の以上分泌を引き起こせば臭い、ベタつき、頭皮ニキビなど。

もちろん頭皮が異常を来たせば髪の毛も良くはなりません。
栄養が行きわたらなくなり毛根がやせ細ってしまえば抜け毛が増えます。
髪の毛も乾燥するのでパサつき、広がりの他、枝毛や切れ毛、髪質自体が悪くなることも考えられます。

頭皮は清潔にしておかなければいけませんが、過剰に洗いすぎるのも絶対によくありません。
洗顔を2回してしまって顔が突っ張ってしまうのとまったく同じ状態です。
顔はすぐに化粧水をつけたり応急処置をしますが、2回洗った頭皮と髪の毛はそのまま乾燥させてしまえば2次災害です。
シャンプーは1回が基本。
しっかり余洗いをすれば十分汚れは落ちますし良いシャンプーを使うことで健康な髪の毛を維持することが出来ます。

600頭皮のかゆみの原因と正しい頭皮ケアについて

 

トリートメント

350

トリートメントには2種類あります。
インバストリートメントと、アウトバストリートメント
これはどちらか一方をすれば良いという訳ではありません。
お風呂の中でも、お風呂を出てからも、トリートメントをする必要があるんです。

まず、シャンプーをした後につけるもの。
リンスやコンディショナーを使っている方、出来ればトリートメントに変えて頂きたいです。
どうしてもリンスやコンディショナーを使いたいというのなら、トリートメントをつけてからにしてください。
リンスやコンディショナーは髪の毛の表面をコーティングするだけのものです。
髪の毛の手触りは一時的に良くなりますが、栄養分の補給やダメージの補修をしてくれる訳ではありません。
なので、トリートメントで栄養分を補給し、ダメージの補修をしてから髪の毛の表面をコーティングするのが理想的です。

髪の毛をドライヤーで乾かす女性

アウトバストリートメントは、かなり重要です。
髪の毛は乾燥と熱に弱いため、お風呂を出て空調の風に当たったりドライヤーで乾かす間はダメージを最も受けやすいと言えます。
ここでトリートメントをするかしないかは髪の毛を綺麗に保つか保てないかに関わってくるほど大切になってきます。

タオルドライ後、なるべく早くアウトバストリートメント、いわゆる洗い流さないトリートメントを必ずつけるようにしてください。
アイロンやコテなどを使う前も同じです。
髪の毛に熱を加える際は髪の毛を保護する目的でトリートメントをつけましょう。

パーマの髪の傷みを気にする女性併用すべき?トリートメントの洗い流す・洗い流さないの違いって?

 

頭皮ケア

350 髪

ヘアケアにおいて忘れてはいけないのが頭皮のケアです。
頭皮が健康でなければ良い髪の毛は育ちません。
髪の毛ばかりケアをしても頭皮が良い状態でなければ意味がないのです。

頭皮ケアも基本は清潔にすることです。
毛穴が詰まってしまうことでに抜け毛やフケ、かゆみ、ニキビや臭いなどのトラブルを招いてしまいます。

また、頭皮は紫外線の影響を受けやすく、紫外線を浴びることで毛穴の汚れがシャンプーでは落とせなくなってしまいます。
紫外線は年中地上に降り注いでいますので1年通してヘッドスパなどの頭皮クレンジングを定期的に行うことをお勧めします。

350 髪 

また、頭皮の乾燥もトラブルの原因となってしまいます。
頭皮用の化粧水(お顔に使っているものでもOKです)などで保湿し時間があるときはマッサージをして血行をよくすることが大切です。

シャンプー後タオルドライをして、100均などで売っているスプレーボトルに化粧水を移し入れたもので髪の毛をかきわけながら全体に10か所くらい吹きかけ、指の腹で優しくマッサージするように馴染ませましょう。
この時点で一緒に頭皮をマッサージしてしまえば手間もかからずに頭皮ケアができます。

600頭皮に化粧水はあり?乾燥頭皮の保湿方法

綺麗な髪の毛を維持したいのであれば頭皮ケアは必須です。
是非習慣にしてください。

 

その他

350

ブラッシングも大切なヘアケアの1つです。
1日過ごすうちに髪の毛にはたくさんのホコリや汚れがつきます。
シャンプーの前にブラッシングをすることによってある程度汚れを落とすことが出来ますのでシャンプーがしやすくなります。

600美髪、育毛、リフトアップ!?実はすごいブラッシングの効果!

ブラッシングは頭皮にも良い刺激を与えてくれるので朝晩のブラッシングは効果的です。
アウトバストリートメントをつけた後にブラッシングをすればまんべんなくトリートメントが行きわたるので浸透力がアップしますよ。

ブラッシングは絶対にしてほしいです。
ブラッシングをして損をすることはまずありません。

オイルでスキンケアをする美肌の女性

スタイリング剤の選び方にも気を使いましょう。
スタイリング剤にはワックス、ジェル、ムースやスプレーなどたくさんの種類が存在しますが、使いやすさや持続力は置いておいて1番重要なのは髪の毛に蓄積しないこと。
髪の毛に蓄積してしまうものは大体が動物性の油分を配合していると言われていますが、動物性の油分は確かにシャンプーでは取り切れません。
それを毎日使い続けることで頭皮にも影響が出てきますし不衛生になってしまう為トラブルを起こしかねません。
シャンプーをすれば落ちる植物性の油分を使用したものがベストです。

ドライヤーで髪の毛を乾かす女性アウトバストリートメントはオイルがいい!おすすめ!アルガンオイル

もう1つはシリコン。
スタイリング剤などの手触りを良くするものは必ずと言っていいほどシリコンが配合されています。
シリコンによっては水に溶けやすい水溶性のものもありますが水には溶けず、髪の毛に蓄積してしまうものもあります。
かといってシリコンが髪の毛に害を及ぼすような成分ではないことは知っておいてください。
髪の毛になるべく蓄積しないものを選ぶ、または定期的に美容院でクレンジングを行うなどして対処も出来ます。

特にハードスプレーなど市販の安価なものは髪の毛に残りやすいことで有名です。
スタイリング後にスプレーをよく使用するという方は1度それが本当にいいものなのかどうかを調べてみるのもいいかもしれませんね。

 

おわりに

350 髪 

各項目の詳しい内容はそれぞれの記事を参考にしてもらえるといいと思います。
髪の毛は肌と同じで若いうちは無理が効いても、年を重ねるにつれて老化していくものです。
若いうちから頭皮も髪の毛も正しいケアの習慣をつけること。
本当にいいものを見極めて使用していくことで年を重ねても美しい髪の毛を維持出来るのです。
つい面倒だと簡単に済ませがちなヘアケアですが10年後、20年後の自分の為に1度毎日のヘアケア習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る