毎日ゴクゴク 玄米ミルクスムージーで飲む紫外線ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日ゴクゴク 玄米ミルクスムージーで飲む紫外線ケア

夏の強い紫外線に負けない体の内側からの肌とカラダづくり。

毎年ストイックなケアをしてきた人も今年はちょっと楽〜にして♪

毎日ゴクゴク飲むだけで美肌になれちゃう玄米ミルクスムージーなんていかがでしょう?

 

海外セレブも大好きな植物性ミルク

ミルクを飲む女性
「玄米ミルクスムージー」と聞くと玄米と牛乳のスムージー?と一瞬思いますよね。

今回紹介する玄米ミルクは、豆乳と同じで玄米で作った植物性のミルクのことです。

お米のミルク「ライスミルク」ならきっと聞いたことのある方も多いかと思います。
ライスミルクは牛乳、豆乳に続く第三のミルクと呼ばれ、最近ではスーパーでも見かける程になりました。

玄米ミルクというのは動物性の牛乳に比べて脂肪分やカロリーが低いのが特徴で、完全栄養食とまで言われる玄米を原材料にしているだけあって肌を作る時に必要なビタミンミネラルをたっぷり含んでいます。

玄米自体、なかなかクセのある味ですし美容に良いとはわかっていてもそうしょっちゅうは食べられませんが、玄米を一度パウダーに加工することで本来持っている甘さを十分に引き出されるため味もよく、美味しくゴクゴク飲むことができます。

 

玄米&雑穀パワーの玄米ミルクスムージー

玄米
スムージーと言えば野菜とか果物じゃないの?とピンとこないかもしれませんが、今回ご紹介するのは国産材料にこだわった玄米と雑穀のスムージーです。(玄米&雑穀の意外な紫外線対策パワーはまたのちほど♪)

こちらの和テイストあふれるスムージーは、芯までじっくり焙煎を重ねた玄米に、雑穀や野菜などをまるごとパウダー化した、水に溶かすスティックタイプのスムージーです。

3月から9月にかけての紫外線で受けるダメージといえば日焼け、シミ、シワ。
この3つのエイジングサインの原因は紫外線を浴びることで体内に発生する活性酸素であることが分かっています。
サングラスや日焼け止めだけでなく活性酸素を抑制するために抗酸化力のある食べ物を積極的に食べ、体の内側からも紫外線ケアをする人が今とても増えています。

LAUDi かさね焙煎 玄米ミルクスムージー

LAUDi かさね焙煎 玄米ミルクスムージー

スタンダード味 内容量8.5g×20包
通常購入 3,800円(税別)定期購入 20%オフ 3,040円(税別)

和三盆と黒糖のやさしい甘味と、玄米の香ばしさが魅力のスタンダード味です。
玄米、きな粉、黒糖、和三盆糖、ミルクカルシウム、青玄米、胚芽押し麦、はだか麦、もち玄米、もち黒米、もち麦、はと麦、もち赤米、もちきび、人参末、紫イモ末、椎茸末、カボチャ、玉ネギ、大根、小豆、ひえ、もちあわ、青大豆、黒大豆、トウモロコシなど15種類の雑穀と7種類の野菜がバランスよくブレンドされています。

LAUDi かさね焙煎 玄米ミルクスムージー

LAUDi かさね焙煎 玄米ミルクスムージー

チャイ風味 内容量8.5g×20包
通常購入 3,800円(税別)
定期購入 20%オフ 3,040円(税別)

スタンダード味に高知県産の根生姜をプラスしてからだポカポカに。
冷房で冷えたからだやダイエット効果をねらうならこちらのチャイ風味がおすすめです!

 

体の内側からの紫外線対策は本当に必要なの?

日焼け止めを持った女性
そもそも私たちはどうして体の内側からも紫外線対策をしなければいけないのでしょう?

まず私たちの肌は紫外線を浴びると体内に細胞を攻撃する活性酸素が発生します。
そして正常に働くことができなくなってしまった肌細胞はシミのもとになるメラニンを必要以上に増やしたり、肌の弾力がなくなってどんどんシワになっていきます。

そして肌だけでなく体内のPH(ペーハー)バランスが酸性に傾くと体全体の老化も進んでしまいます。

健康な若々しさと美しさをキープするには紫外線を浴び流と必ず発生する活性酸素を増やさない工夫がとても大切で、肌と体の酸化(老化)を防ぐはたらきを抗酸化力またはアンチエイジングと言ったりもします。

 

美肌と若さをキープする栄養素

本来、私たちは抗酸化作用をちゃんと持っています。
ところが年齢とともに抗酸化力は弱まってしまい、ある程度の年齢になると一気に老化してしまいます。

ゆるやかに、健康に、美しく年を重ねるコツは、抗酸化作用のあるビタミンA・C・E、β-カロテン、イソフラボンなどをバランスよく摂取してとにかく補い続けることです。

また普段の食生活で気をつけたいのが脂質の摂りすぎです。
油は活性酸素が増えるもとになりますので、シミやシワをつくらないためにもたんぱく質は摂っても脂の摂りすぎには気をつけましょうね。

 

抗酸化力とキレート作用のダブル効果

350
玄米や雑穀を食べるとお腹の中がきれいになるとよく聞きますよね。
LAUDiかさね焙煎 玄米ミルクスムージーは玄米と15種類もの雑穀を一度にとることができます。

雑穀にはとてもすぐれた抗酸化力があります。
黒米や黒豆の紫色(黒)の色素には、体内で増えた活性酸素を除去するアントシアニンと呼ばれる栄養素が含まれています。
昔から黒い食材というのは腎臓を丈夫にして血液をきれいにし、若返りの効果が期待できると言われ健康だけでなく美容にも欠かせない存在です。

一方で玄米の効果はというと、キレート作用といって体内の毒素をごっそり排出する力を持っています。
体内に溜まる毒素というのはなかなか自然には排出されず、岩盤浴やジュースクレンズなどの何かしら意識的なデトックスが必要です。
さらに玄米にはダイエットに嬉しい効果がたくさんあり、過剰な食欲を抑制する効果や、糖質と脂肪の対処を促進するビタミンが豊富に含まれています。

 

パウダーだから栄養もバッチリ吸収!

ひとさじのきな粉
素晴らしい抗酸化力とキレート作用を持つ玄米と雑穀。
でもわざわざスムージーで飲まなくても普段の食事でご飯がわりに炊いて食べればいいのでは?と思いますよね。

これは筆者の体験談でもあるのですが、玄米と雑穀を長期間主食にすると胃腸に負担がかかってからだを疲れさせてしまいます。

その原因は食物繊維たっぷりでプチプチ食感を楽しめる「皮」にあります。
玄米雑穀ご飯を美味しく炊き上げ、お腹に無理なく消化させるには炊飯器にセットする前に4〜8時間水につけて水分を含ませます。
・・・ちょっと面倒ですよね。

実際の玄米食はどうかというと最初のうちは消化がうまくできず便秘になってしまったり、そのまま出てきてしまったり、上手に炊き上げて体が慣れるまで結構大変でした。

それに消化できないということは、せっかくの栄養を残念ながら吸収できていないということでもあるのです。

ダイエット中の食事制限にはとてもおすすめな玄米雑穀ご飯ですが、紫外線対策の栄養補給には無理なく消化吸収できるパウダースムージーがピッタリです。
とはいえ、パウダーに加工されたものにきちんと本来の栄養は含まれているのか?と不安になりますよね。

とてもありがたいことに、同じ食材を加工していないそのままの栄養価とパウダーに加工したものでは栄養価はほとんど変わりありません。
玄米のほかにもきな粉や黒豆などがブレンドされることで、クセのない飲みやすいスムージーになっています。

 

玄米ミルクスムージーのちょい足しレシピ

ヨーグルトとバナナ/スムージー
意外と長〜い紫外線シーズン、飽きずに毎日飲むためにおすすめのちょい足しレシピをご紹介します。

バナナジュースの牛乳代わりに

甘さと腹持ちがUPするので朝食代わりやおやつにもおすすめです。また牛乳アレルギーのある方でも安心してお召し上がりいただけます。
バナナの果肉を使うことで食物繊維とフレッシュさが加わり、ダイエット中の空腹感と甘いものを食べたい欲求を十分満たしてくれます。

はちみつを足してほっこり

お米独特の甘さに飽きてしまったらはちみつを少量加えるのもおすすめです。
よりまろやかさが欲しい場合は、お水ではなくお湯で作るホットスムージー(?!)はいかがでしょうか。
もともとライスミルクはホットも人気だそうで、はちみつの香りと優しい甘さは、お腹が減ってなかなか寝付けない夜にもおすすめです。

グラノーラでお腹満足

原材料が玄米のミルクですので炭水化物であることは忘れずに・・・
ドーナッツやパンケーキを食べるなら、代わりにフルーツグラノーラをトッピングした玄米ミルクスムージーを朝食やおやつにするのもおすすめです。
よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて腹持ちが良くなったり、早食いを改善するきっかけにもなるはずです。

食べるだけで痩せ体質になれる?玄米とダイエットの関係とは食べるだけで痩せ体質になれる?玄米とダイエットの関係とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事











ページ上部へ戻る