アイシャドウをもっと楽しもう!塗り方やコツをご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラー アイシャドウ パレット

アイシャドウはメイクの中でも重要な工程ですよね。
アイシャドウが好きで、いろんな色のアイシャドウを持っている人も多いのでは?
違う色をつけるだけで雰囲気も印象も変えられるから、簡単だし楽しい!
そんなアイシャドウを使って、もっと素敵に見せるテクを紹介します!
時間のある時に、今から紹介する方法を試してみてくださいね。
メイクをもっと楽しみましょう♪

 

1.自分の目の形を知る

 目 アップ

雑誌やメイクの本を見て、その通りにシャドウをつけていませんか?
それだとまだまだ自分に合ったメイクをしているとは言えません!
メイクのプロによると、目の形によってアイシャドウをつける最適な位置や形が異なるのだとか。
目にはいろいろな形があって、種類があって、ハイライトの入れ方や強調のさせ方も違うんですよ!
それでは目の形別に、アイシャドウのつけ方を見ていきましょう。

アーモンド・アイ

image02
どんな形?
・アーモンドに似た形の目
・目尻が若干つりあがった、左右均等な目
・どんなメイクにでも合うと考えられている形

テク
深みと強さを出す

ベストメイク
①まぶた全体に薄い色のシャドウを塗る
②深みを出してポップに見せるために、外側に中間色を塗る
③濃い色のシャドウを使って、上側と下側の目のきわにラインを引く

 

ラウンド・アイ

round
どんな形?
・アーモンド・アイよりも、大きく丸い形
・アーモンド・アイよりも、白目部分が多い

テク
形を引き立たせるために、目の幅を長くする

ベストメイク
①まぶた全体に薄い色のシャドウを塗る
②中間色を目の外側にくの字になるように塗る
③丸みを強調させるために、濃い色のシャドウを目の上側のきわに塗り、目尻の方まで流す

 

目尻が上がった目

upturn
どんな形?
・目尻が自然に上に上がっている
・スモーキー・アイが相性別群!

テク
上向きの目尻を強調させ、左右対称にさせる

ベストメイク
①まぶたを強調させるために、目に向かって垂直に半分に分け、内側半分に薄い色のシャドウを塗る
②外側半分に中間色を塗る
③目の上側と下側のきわに濃い色のシャドウを塗る

 

目尻が下がった目

downturn

どんな形?
・目尻がわずかに下がっている
・どんな形のアイラインにもよく合う!特にキャット・アイがぴったり。

テク
目の形を引き立たせて、目尻を強調させる

ベストメイク
①まぶた全体と、目頭部分に薄い色のシャドウを塗る
②目尻を上げるために、中間色を目尻に塗る
③マットな濃い色のシャドウを目の外側のきわに塗る

 

一重の目

monolid

どんな形?
・まぶたに折り目がなく、眉骨が浅い
・アジア人に多い目の形
・まぶたが広いので、多様なメイクを楽しめる!

テク
形をハッキリさせ、深みを出す

ベストメイク
①まぶた全体に薄い色のシャドウを塗る
②中間色を目の輪郭に合わせて塗る
③目を強調させるために、マットな濃い色のシャドウを目のきわ全体に塗る

 

奥二重の目

hooded
どんな形?

・まぶたの折り目が隠れている
・目の輪郭を描きやすい!

テク
見えているまぶたのスペースを強調させる

ベストメイク
①まぶたを強調させるため、まぶた全体に薄い色のシャドウを塗る
②まぶたの折り目に中間色をブレンドし、上に広げる
③マットな濃い色のシャドウを目の上側のきわに塗り、上に向けてブレンドする

これを参考にしてみてくださいね!

 

2.用途に合わせたブラシを持つ

メイクブラシを持つ女性

いつも一本のブラシを使い回ししているなら、用途に合わせたブラシをメイク道具に付け足しましょう!
正しくアイシャドウを塗るには、ブラシもそれに合わせて使い分ける必要があります。
基礎となる色を塗るための大きめなブラシ、細かいところに塗るための小さめのブラシ、色をブレンドするためのブラシ、など…
ブラシは一週間に一度は洗うようにしましょう。
一週間分の汚れがついたままのブラシでは、メイクのたびに細菌を顔につけているのと同じです!
目に入ってしまう危険性もあるので、清潔に保つようにしましょう。

 

3.シャドウを塗る前に、下地を塗る

 下地は、シャドウを節約できる優秀なアイテムなんですよ!
下地をまぶたに塗ることで、シャドウが皮膚に吸い込まれるのを防ぐことができます。
下地の上からシャドウを塗ることで、色を長持ちさせ、一日中キープすることができます。
それに、二重幅にシャドウが入り込むことも防げます。
アイメイクを一日中キープさせたかったら、下地をぬるのがおすすめですよ♪

 

4.色をブレンドさせる

 メイク

たまに、指示どおりにアイシャドウを塗って、なんだか変に感じたことはありませんか?
それは、もしかしたら色がはっきりと分かれてしまっているからかもしれません!
そんなときに重要なのが、色をしっかりとブレンドさせること。
ブレンド専用のブラシを用意するか、指を使ってやりましょう。
そうすれば、自然な仕上がりになりますよ♪

 

5.アイシャドウはメイクの一番初めにやる

 アイシャドウをまぶたに塗ると、その一部が目の下や頬に落ちていることがあるかと思います。
それを拭き取ろうとすると、せっかくメイクえし終えたチークやラインも落ちてしまいます。
そうならないために、アイシャドウを一番最初にやって、被害を最小限に抑えましょう。
次にメイクをするときは、この順番から始めましょうね。

 

6.流行のカラーシャドウは目尻だけに塗る

 もうすぐ春で、ピンクのシャドウが流行っていますよね。
でも、ピンクのシャドウを塗ると目が腫れぼったく見えてしまうという悩みを持った方も多いのでは…。
そんな時は、目尻だけにシャドウを塗るのが正解です!
ほどよいアクセントがついて、いつもと違った雰囲気を味わえますよ!
ピンクに限らず、挑戦してみたい色は目尻だけに塗るのがおすすめです。
全体に塗ると、印象が強すぎてしまいますが、一部分だけなので、調節がききます。
これから訪れる春や夏にかけて、いろんな色を試してみましょう♪

 

7.仕上げにスプレーをひとかけする

 女性 顔

メイクアップのセットスプレーを使ったことはありますか?
ヘアスプレーのようなものです。
メイクをし終ったら、それをキープさせるために使うものです。
一日中、アイシャドウが落ちないようにメイクした時そのままで保つことができるので、使ってみてくださいね!

 

おわりに

 どうでしたか?
自分に合ったアイシャドウを見つけて、もっとメイクを楽しみましょう!

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る