香り長続き!香水をつける場所おすすめ8ヵ所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香水をつける時は、一日中香りが続いてほしいと思いますよね。
でもそれと同時に、自分の香水、香り過ぎてないかな!?と自分ではわからないからこそ不安にもなりますよね。
香水をつける部位には、たくさんの選択肢があります。
つける個所によって、香りがどれほど長く続くかも変わってきます。
これから紹介する個所に香水を吹きかけて、一日の終わりまでいい香りに包まれましょう!

 

1.髪

多くの人が香水をよくつける場所といえば、手首の内側ですよね。
それに加えて、髪にひと吹きしてみるのはどうでしょう?
頭の上にかけて、髪に落ちつかせるのがおすすめです。
しかし、髪に香水を直接つけるのは、切れ毛・枝毛の原因になってしまいます。
また、パーマやカラーなどを続けてダメージを抱えた髪につけると、髪の中のケラチンという成分が剥がれ、ダメージを進行させてしまいます。
ですので、香水は髪に直接つけない方がいいでしょう。
髪から香水を香らせたいという方は、自分の持っている香水をヘアコロンに変えましょう!

ヘアコロンの作り方

 <用意するもの>
・霧吹き
・精製水    200ml
・ベビーオイル 3滴
・香水     3滴

<作り方>
1.霧吹きに精製水、ベビーオイル、香水を入れる。
2.混ぜて、完成。

簡単に作れてしまいますので、髪にもお気に入りの香水の香りをつけたい!という方はやってみてくださいね。

 

2.耳たぶの裏

 耳たぶの裏というのは脈打つポイントです。
ですので、香水をつける位置としては最適!
心臓が脈打つと、香水の中の成分が活発化し、一日中体のまわりを漂います。
耳たぶの裏に香水をつけたい時は、直接スプレーしてしまうとつけ過ぎになってしまうので、一度指に吹きかけてから耳につけるといいですよ♪

 

3.ひじの内側

350

ここも脈打つ個所の一つ。
手首の内側だと、手を洗った時に落ちてしまうことがありますが、ひじの内側なら落ちる心配もありません。
脈打つ部分に香水をつけることで、香りがふんわりと広がります。

 

4.ひざの裏

 足に香水をつける人はあまりいないかもしれませんね。
しかし、ひざの裏も脈打つポイントの一つなんですよ。
スカートをはく時は、ひざの裏に香水をつけるのがおすすめです。
部屋の中全体に香りが広がります。
ひざにつけると、座ったときに顔の位置まで香りが漂ってきます。
香りは、下から上に立ち上がるため、全身が包まれたようにやさしく香るのがおすすめですよ。

 

5.谷間

香水 女性

この個所は、オフィスにも、家族との食事にもつけられる個所なので、シーンを選ばず香水をつけたい方におすすめ。
胸の谷間は、洋服に包まれているので、温かくなりやすいです。
この温かさが香水を活発化させ、香りを引き立たせ、自分にも、周りの人にも香りを気づかせることができます。
谷間に香水をふきかけるのは、なんだかセクシーでもありますよね。
いつもと違う気分を味わいたいときにおすすめです♪

 

6.のど

目をつむる女性

首に香水を吹きかける人が多いかもしれませんが、すこしずらしてのどにつけてみましょう。
この個所も、脈打つポイントですので、首につけるよりも長く香りが残ります。
のどは話すたびに動かしているので、話すたびに香りが運ばれますよ。
首に指をあて、下におろして、脈打っている個所を探しましょう。
そこが香水をつけるべき場所ですよ!

 

7.スカーフ

 空気がひんやりしてきたら、香水を少量スカーフにかけましょう。
そうすれば、一日中香って、次に洗うときまで残すことができます。
しかし、香水を洋服につけるのは控えましょう。
生地によってはオイルの染みが残ってしまいます。
スカーフを試してみたかったら、香水を空気中に放ち、その中を通り抜けましょう。
香りを分散させ、同じ場所に香りが着地するのを防ぐことができます。

 

8.太ももの内側

太ももの内側は体温が高いので、やわらかな香りを手に入れられます。
下半身なので、香りすぎず、自然に香らせることができるのがおすすめ!
香りは下から上に広がるので、食事などの座る場面でも、香り過ぎることなく広がります。

 

おすすめ香水

ジャドール オードゥ パルファン

image00

 

おわりに

 香水をつける個所を紹介しましたが、香水はつけたらこすらないようにしましょう!
よく、手首につけてこする光景を目にしますが、それだと香りが崩れることに加え、長持ちしなくなってしまいます。
気を付けてくださいね。
また、食事や会議など座る用事のある際には、手首や顔の近くにはつけないことをおすすめします。
香りが強くなってしまうため、なるべく下半身につけてみてくださいね。
このようなことに気を付けて、香水ライフを楽しみましょう!

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る