赤系と黄系?自分の髪のアンダーカラー知って理想のヘアカラーに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤系と黄系?自分の髪のアンダーカラー知って理想のヘアカラーに!

肌の色が違うように、髪の毛の色も違うって知ってましたか?
欧米人は金髪、アジア人は黒、なんて単純なことではなく、黒の中にもベースとなるアンダーカラーというものが存在します。
一言で黒髪、といっても赤味の強い黒なのか、青みのある黒なのか、黒髪に関してはだいたいこの2つに分類されます。

黄味が強い方は、元々の色素が薄く、地毛はブラウンに近いはずです。
また稀に緑味が強い髪の毛も存在します。
このように、髪の毛にもベースとなる色があるんです。

自分のアンダーカラーを知るのは、似合う色を知るというより、より長持ちする色が分かることではないかなと私は思っているのですが、元々自分が持つ色に近い色であれば必然的に似合う色でもありますよね。

 

アンダーカラーを知る

ヘア シャンプー 茶髪
髪の毛は赤、黄、青の三原色が混ざり合って茶色や黒に見えるというのが厳密な仕組みです。
その三原色の内、より強く発色する色によってその人のアンダーカラーが決まるのです。

日本人の黒髪は赤味が強い人と黄味が強い人の2パターンが多いと言われています。
サロンでカラーをするのにもその人のアンダーカラーを探ることは重要です。
同じカラー剤を単品で乗せても、全ての人が同じ色になるのはほとんどありえません。
よく、イメージ画像を持ってきてくださるお客さまがみえますが、モデルさんのアンダーカラーとその方のアンダーカラーが明らかに違えば、使うカラー剤を工夫しなければなりません。

ではどこで判断するのか。
それは色素が抜けた状態の色を見て判断します。
明るくしてもオレンジになってしまい、なかなか明るくなりにくいという人は赤味が強い。
逆に短時間ですぐ明るくなる、すぐカラーが褪色して黄色や白っぽくなってしまうという方は黄味が強いと言えるでしょう。

ですが基本的に、赤、黄、青の色素は誰もがもっており、青―赤ー黄の順番で抜けていくという仕組みは変わりません。
赤が強く出てしまう人でも、脱色を繰り返せば黄色にすることも出来ますし、黄色が強い人はなるべく明るくするのを避ければ黄色くはならないという簡単なことなのです。
なので、強く出てしまうアンダーカラーを知ったうえで注意すべきなのは色味より明るさだということが言えます。

 

ではどんなカラーをすればよいのか

350
好みのカラー、似合うカラーは少し置いておきます。
アンダーカラーに合わせてカラーをするにあたり、そこで得られるメリットは“持ち”の部分だけだと思います。
赤味にレッドやピンクを入れれば色持ちはもちろんいいでしょうし、黄味にイエローを乗せれば褪色はあまり気にならないはずです。

1つ、明るさは関係なく、アンダーカラーを打ち消す方法はあります。
それは補色を入れてあげるということ。
色相環の図に沿って対比する色を補色と呼びます。
この対比する色を使うことで赤味や黄味を打ち消すことが出来るのです。
赤系と黄系?自分の髪のアンダーカラー知って理想のヘアカラーに!
例えば、赤味の反対色は緑。
黄色の反対は紫です。
これを希望のカラーに少し混ぜてあげることでアンダーカラーが強く出るのを防ぐことは出来ます。
ですが完璧に打ち消すことはなかなか難しいというのが本当のところです。

もう一つ、完全にアンダーカラーを消してしまう方法。
これをすればどんなカラーも自在に出来るようになると思います。
ブリーチで色素を抜いてしまうという方法です。
現在、市場で流行っているカラー、トレンドのカラーはほとんどがブリーチにてベースを消してしまう工程が必要になっています。
アンダーカラーを消してしまわないと出せないような色が流行っているということです。
言い方を変えれば、ブリーチによってアンダーカラーを消してしまえばどんな色だって自由自在に染めることが出来るということ。
なので最近は灰味のカラーやペール色といった淡い感じのカラーが多くみられますがこれは全てブリーチが必須ということなんです。

ブリーチは傷むからいや、でもなんとかこんな色にしたい、その気持ちは良くわかりますがアンダーカラーが残留する限りなかなか希望通りにすることは難しいと思います。

 

これを踏まえて提案させていただくとすれば

美容院で髪を染めるためにカラーの相談をする女性
まず、カラーのカウンセリングにおいて聞きたいことは明るさと色。
その希望色を聞いたうえで実際の髪の状態とアンダーカラーを判断しどうするかを決めます。
正直な話、アンダーカラーを消して希望色に近づけるということを考えるのは私たち美容師の頭の中だけでのことなので、お客様にそれを話す必要ははっきりいってありません。
全てを合わせて考えたうえで出来るのか、出来ないのかを決めます。
あくまでも私なら、という場合ですがお客様にはだいたいの仕上がりを画像で確認してもらうという事くらいしかしません。

例えば、明るくは出来ないけど赤味が出るのが嫌だというオーダーであれば1番簡単なのは反対色の緑、いわゆるマット系のカラーを勧めたりします。
ですが、マットを乗せたとしても髪の毛が緑になるわけではないのです。
明るさにもよりますが赤味の髪の毛にマットを使っても赤を打ち消した結果赤味の感じない茶色に仕上がります。
私たちプロはそのイメージが瞬時に出来上がりますが、そういわれてもなかなかピンとはこないと思います。
なのでなるべく仕上がりに近い画像を見て判断していただくということをします。

350 髪

もうひとつよくあるのはどうしてもブリーチが必要な場合。
ほとんどの方はブリーチをためらいます。
傷むというイメージが強いからでしょう。
ブリーチを使わずに何とかなりませんか?という回答が多いです。
最近は髪になるべく負担のかからないブリーチ剤なんかもあります。
ブリーチがどこまで髪の毛を傷めるかどうかも美容師の判断になりますが、ある程度明るくしてもホームケアがしっかりしていれば大丈夫なケースもあります。

結局、結論から言うとブリーチでアンダーカラーを消してあげることが理想の色に近づく近道だということ。
特に最近流行のカラーにおいてはそれしか方法がない場合の方が多いのです。

髪の毛の状態、どこまで希望色に近づけることが出来るかは全て美容師に委ねるのが早いと思います。

350

先ほど、私のお客様からカラーの色についての相談がきました。
彼女は赤味が強く出る毛質です。
でも赤味はいやだと言います。
希望は明るめのアッシュ。
明るくしたいのは白髪を目立たなくしたいからだそうです。
かといって金髪になるのも嫌だからアッシュにしたいという相談でした。

1番いい方法はやはりまずブリーチをして赤味を完全に消し去る事。
それをベースにしてアッシュを重ねてあげれば綺麗にくすんだ感じが出せると思います。
白髪が目立つかどうかは明るさのコントロールにて見ていけば解決できます。
と、これをそのままメールで送信してもブリーチというフレーズだけで彼女は不安に感じると思います。
なので仕上がりのイメージを画像にて送ることにしました。

ブリーチ=金髪、派手、奇抜、不良・・・みたいな印象がまだまだ根強いですね。
でも今のカラーにおいてブリーチというのは理想の髪色にするためのベースづくりとして重要なポイントになっているんじゃないかなと思います。
理想のカラーを叶える上ではかなり良い働きをしてくれるものなのです。

もし希望色にはブリーチが必要だと言われてしまった場合、ブリーチというワードだけで拒否する前にどんな仕上がりになるのか、ダメージはどのくらいになるのか、尋ねてみましょう。
案外今までアンダーカラーのせいで悩んでいた問題がすんなり解決するかもしれませんよ。

 

無理をしたくないのであれば自分の髪色を好きになろう

350
実は、私アンダーカラーは緑です。
日本人には珍しいのですが赤味は全く入らない髪質です。
昔、髪質を改善しようと毎月赤色のカラーで染め続けるといった実験台にされたことがあります。
でも失敗に終わりました。
私はアッシュ系のカラーが好みです。
ですが直接アッシュを髪の毛に乗せてもグリーンがかってしまいます。
結局長年可もなく不可もなくな感じで茶色でいたり、脱色してからカラーをしたり、ケースバイケースでヘアカラーをしてきました。
とにかく緑にならなければいい、としか思っていませんでした。
でも最近なんとなくマット系の色で染めてみようと思いはじめてマットをしてみましたが・・・かなり持ちました。
褪色が全然気になりません。
アッシュより似合う気もしています。
再来週カラーをしてもらうのですが、マットで染めようと決めています。

髪をカットする美容師

カラーを持たせたい、似合う色がいいという場合、本当に1番いいのはアンダーカラーに逆らうことではなくてアンダーカラーを生かすことなのではないかなと思いました。
生まれ持った色は肌や目の色にも馴染みます。
カラーの似合わせにおいてのポイントは肌に馴染むか、目の色とあっているかという点です。
似合う色を、と思うのであれば自分のアンダーカラーをベースに色を決めるのが1番いいですし髪の毛に負担をかけることも少なくて済むはずです。
自然な感じを好む方はぜひご自分のアンダーカラーを生かした色選びをしてみてください。
逆に新鮮で気に入るかもしれませんよ。

 

おわりに

風船を持った少女
少し小難しい話になってしまいましたが、アンダーカラーを嫌だと思っている方ってかなり多い気がします。
そういう私も自分のアンダーカラーを受け入れるのにかなりの時間を要しましたが、やはりヘアカラーは楽しんでもらうということが大切なんではないかなと思うので、いろんなことを試してもらえたらいいなと感じます。

カラーというのは単純にその色を塗ればそうなるというものではありません。
特に市販のホームカラ―で染めた経験のある方は分かっていただけるかと思いますが、その人その人によって同じ発色をするかと言ったらそんなことはありません。
美容師は、その人の持つ元々の髪の毛の色と毛質、太さ、ダメージ具合などを考慮してその人のためにカラー剤を調合するのです。
髪の毛に負担なく、且あなたの希望やあなたに似合う色を提供するのが私たちの仕事です。
なので出来る限りカラーの相談を美容師にしてほしいなと思います。

アンダーカラーがいまいちわからないという方も1度美容院で質問してみてください。
それと、気に入ったカラーがある場合は必ず画像を持参しましょう。
その色に近づけるために頭をフル回転させ、1番ベストな方法を提案してくれるはずです。
ヘアカラーをめいいっぱい楽しんでもらえたらうれしいです。

髪がキレイな外国人女性ストレートパーマって??縮毛矯正との違いって何!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事


ページ上部へ戻る