年齢は下半身に出る!?美しいヒップを保つために出来る簡単な方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年齢は下半身に出る!?美しいヒップを保つために出来る簡単な方法

だんだんと、いろんな箇所がたるんでき始める30代。
顔や首、二の腕、太もも・・・やはり年を重ねていくにつれて、若さを保つためには努力が必用なんですね。
その中でも、年齢が1番出てしまうのはおしり!!
バッチリメイクしてなかなかのスレンダーな体形をお持ちの方でもデニムを履いたヒップラインがたるんでいると女の私でもがっかりしてしまうことがあります。

おしり・・・下半身はお肉がつきやすい上になかなかケアが難しい箇所だと思います。
女性は特に子宮を守るといった意味合いでも下半身に脂肪がつきやすい生き物です。
ですが、かっこいいスタイルを目指すのならば、下半身の脂肪やたるみを取ることが必須ではないでしょうか。

セルライト 尻 もも

私はもうすぐ30代も半ばに入ってしまいますが、やはり肌の弾力がなくなってきたことは確かです。
肌が水を弾かないなんて例えられたりもしますが、本当にそうなんですね。
私は小学校の頃に身長が止まってから、体重は多少増減しましたが、現在の体形は小学校6年生の頃とほぼ変わりません。
いいのか悪いのか分かりませんが、子供服が着られます。笑
ただやっぱり、子供を産んでしまうとお尻は多少大きくなるもので妊娠中から出産後しばらくは今より2インチ上のデニムを履いていました。
それがすごく苦痛でヒップを戻す為に出来ることを探してからかれこれ6年になりますが今現在は23インチのデニムが履けています。
週2回キツイ運動はしていますが、綺麗なヒップを維持するためには日々の積み重ねが重要です。

とはいえ面倒なのは続かない・・・ですよね。
なので今日は私が毎日何も考えずに実践している簡単なヒップケアの方法をご紹介しようと思います。

 

簡単にできる!ヒップケア方法

1.絶対に階段を使う

階段をのぼるハイヒールの女性
階段の昇り降りはジョギングに匹敵するほどの運動になると言われています。
下半身を引き締めるためには階段という階段を昇って降りましょう。
駅のホームにあるあのながーい階段なんかはヒップアップにはもってこいの素晴らしい階段ですね。

私はエスカレーターやエレベーターは出来る限り使わないように心がけています。
我が家も去年の暮れに引っ越しをしたのですが3階でエレベーターなしという好都合な場所だったので毎日下半身強化の運動が出来ています。

昇る時は踵をしっかりつけて昇る。
こうすることでお尻の筋肉が鍛えられます。
逆につま先のみで階段を昇るとふくらはぎの筋肉が鍛えられ美脚効果があるのです。
交互に使い分けることでバランスよく下半身が引き締まります。

階段を使う場合に最も効果的なのは昇りより下りです。
降りる時は普段なかなか使うことのない内ももの筋肉を使う為、階段を進んで降りることは足やせにはもってこいの運動です。

階段を降りる時は足をやや内またにして少しクロスさせながら降りるのが効果的です。
クロスさせながら降りるのは傍から見ても美しく見えますので姿勢を正して自信をもって降りてくださいね。

2.お尻の穴は常に締めておく

赤い下着を身に着けた女性のヒップ
お尻の穴をぎゅっと締めて維持してみてください。
これ、結構辛いんです。
お尻の穴をぎゅっと締める時にお尻全体を中心に寄せるイメージで力を入れてください。
これをゆっくり5秒キープしてから、またゆっくり5秒かけて元に戻す。
この繰り返しです。
気づいたら、気が済むまで、やれる限り。
私は運転中にも座った状態でこの運動をしています。
仕事中も、運動中も、気づいたらとにかくやっています。
今では無意識にこの運動をするようにまでなりました。

お尻のお肉は普段なかなか動かしませんし、使いません。
意識的に動かしてあげないとなかなか引き締めることは難しい場所です。
慣れてきたら、力を入れるタイミングで一緒に踵を上げてあげるのもいいと思います。
階段の降りる時と同じように少し内またにすると内ももにも自然と力が入りますので一石二鳥。
さらにここで腹筋にも力を加えると一石三鳥です!!

3.コブラのポーズ

ヨガのポーズをとる女性
寝る前にストレッチ、お風呂上りに筋トレ、やれば絶対効果はありますがこれが続かないという方は多いはず。
なのでたった1つだけ。
ヨガのコブラのポーズ。
これだけをやってから寝るようにしてみましょう。
コブラのポーズは下の図のようなポーズです。

ヨガ,背中,痛み,腰痛,コブラのポーズ

コブラのポーズのやり方

  1. うつ伏せの状態から足を肩幅くらいに広げてつま先を床に立てます。
  2. ひじを曲げ、手のひらを胸の横へ置きましょう。
    ひじの真下がちょうど手首になるようにしてください。
  3. 息を吸いながら、両手で床を押しあげて上半身を持ち上げ、腰とひざをぐっと伸ばします。
  4. 息を吐きながら正面を向きます。
    腰と背筋は伸ばし、けんこう骨は力を抜いて軽く背骨側に寄せてください。
    ひじを内側に寄せながら30秒ほど自然に呼吸をしながらキープします。その後息を吸いながらうつ伏せの姿勢に戻します。

これだけでOKです。
このポーズはヒップアップだけでなく、便秘の解消や疲労回復、冷え性、血行促進、バストアップやストレス解消にも効果がありますのでかなりおススメです。

 

おわりに

350 水着
男性はもちろんのこと、女性も何気に他の女性のヒップに目がいくものです。
小さなお尻にししゃも足は日本の女性にとっては憧れなのではないでしょうか。
女性の下半身は冷やしてしまうことが良くないのでたくさんの脂肪を蓄えがちですが、スリムなお尻や足は着るものの幅も増え、何を着ていても美しく見えます。
ちょっとした工夫で手軽にヒップアップ出来るのならば、こんなうれしいことはありませんよね。
まずは意識的に、それを習慣化していつまでも若いボディラインを維持していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る