「恋愛に興味ナシ」!淡白な彼を振り向かせるための5ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性 赤いハート

草食?絶食??名前はともかく、「恋愛に興味なさそう」「女ギライ」な彼に恋したあなた。お近づきになるのはおろか、好きという想いを告げるのも躊躇してしまっているかもしれません。恋人同士になるなんて、夢のまた夢という感じで、カナリ難しそうだけど……!?
結論から言えば「大丈夫」!こういう淡白な男性を振り向かせるには、ちょっとしたコツと手順があるのです。それおさえ知っておけば、きっとうまくいくハズ。さあ、早速見ていきましょう!

 

1.彼に興味のないフリをする

 まず、淡白な男性に対して「好き!好き!ちょー大好き!」とガンガン押しまくるのは逆効果なのでやめましょう。「ウザい」「コワい」と拒否されて終わってしまいます。

あなたの恋心は、何が何でも隠すべき。「あなたのことなんか、これっぽっちも意識していませんよ」とか、場合によっては「ワタシ、恋愛にはキョーミないので」なんてクールに振る舞うのが正解です。

ただし、そんなドライな態度をとっておきながらも、彼と話すチャンスはしっかり確保して。内容はなんでもいいので、とにかく会話量を増やす。ファーストステップでは「淡白な彼の射程距離に入る」ことが大事です。

 

2.仲のいい友達になる

異性の友達

フツーに会話できるようになれたら、さらにもう一歩。「仲の良い友達」へと関係を進めていきましょう。

淡白な彼のイチバンの「女友達」を目指すのです。趣味のこと、家族のこと、将来の夢など、ちょっとずつ彼のことを知るところからスタートしましょう。

で、「この子と喋るの、楽しいな」「もっと一緒にいたい」と彼に思わせる。この段階では、恋愛の話はまだ抜きにして。友達止まりでOKです。

 

3.彼の恋愛観を探る

 淡白な彼との距離が徐々に縮まってきたタイミングで、さりげなく彼の「恋愛観」を探ってみましょう。いきなり、「なんで彼女つくらないの?」「女にキョーミないの?」とまくしたてるのはNG。

「××君が彼女つくったらさみしいな~あんまり遊べなくなっちゃうよね、きっと」「最近幼馴染が結婚してさ……××君は自分が結婚するところ、想像できる?」などと、大きなくくりで話を振るのが◎。

それをキッカケに、彼の好みのタイプや、理想の彼女像、心に秘めている恋愛観などを聞き出しましょう。

「あんまり女っぽいのは苦手……面倒見のいい姉御肌な子がいいな」とか「料理上手な子と結婚したい」なんて具合に、彼への“アプローチのヒント”を得られるかも。

 

4.「女」をアピールする

 ミニスカート

彼ともそこそこ仲良くなり、恋愛に対するフィロソフィーを聞き出したら、ここで初めてアプローチを開始して。

ただし、相手は淡白な男性。すでにお話しした通り、“押せ押せ”なアピールは引かれてしまうので、やめましょう。この段階ではまだ、「好き」という言葉はぐっと飲み込みます。そして、「私も女なのよ」というアピールにとどめてください。

ある日突然、女らしいメイク&ミニスカートで登場してみる。手づくりのお菓子を差し入れてみる。「ボタンがとれかかってるよ」と縫ってあげる。「実はこの前職場の先輩に告白されてね……」なんていう“つくりモテ話”も効果アリ。

「そっかあ、この子も女の子なんだよな」「彼女はひょっとすると、世間的に見て『イイ女』なのかもしれないな」と彼に認識させましょう。彼の心の中で、あなたの存在が「女」としての輪郭をとり始めるハズ。

 

5.「俺に気がある?」とモヤモヤさせる

女性 黒い服

さあ、ここからはいよいよ、クライマックス。彼の頭をあなたでいっぱいにすべく、「俺のことが好きなのかな?」という思わせぶりな態度をとりましょう。

「私たち、もし付き合ったら楽しいかもね」「あなたといるのが、イチバン居心地がいい」「××君の奥さんになる人は幸せだろうなあ」などと言ってみたり、じっと目を見つめてみたり、思い切ってキュッと手を握ってみたり。

方法はなんでも構いません。「あれ、これってもしかして……?」と彼に思わせるような言動・態度をとってみて。

ポイントは、「好き」のようにストレートな言葉を使わないこと。あくまで“グレー”な振る舞いで、彼をモヤモヤさせるのが目的です。

淡白な男性の恋愛経験値はそう高くないハズです。「好意を寄せられているかもしれない」という慣れない経験に胸のドキドキが止まらず、寝ても覚めてもそのことばかりを考えてしまうことに。そして、気がつけばあなたのことで頭がいっぱいに……。

この「モヤモヤさせる」の工程は、ジャブのように軽~く何度か実践しましょう。もし彼がまんざらでもないようならば、それが告白する最大のチャンス。頑張って!

 

おわりに

 淡白な男性、いま巷で増えているようです。「肉食系」ならぬ強い女子が増えてきているせいなのか、はたまた「草食系」「絶食系」の男が市民権を得てきているせいなのかは分かりませんが。
とにかく、そんなマイルドな彼らです。「好きー!」「付き合って!」と、突進していくのは無意味。ひょいと交わされて壁に激突、文字通りこなごなに砕け散ってしまうのがオチですから。
そうではなく、余裕ある態度で近づいて、ジワジワと距離を縮めていくのが成功率高!やってみて。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る