フェロモンむんむん!魅惑のセクシー女になれる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セクシーな女性

「好みのタイプは?」と男性に尋ねれば、「家庭的な子かな」「やっぱり癒し系でショ」「ロングヘアーの子が好き!」なんて、いろんな答えが返ってきそう。でもね、どんな男性も口をそろえて『イイ!!』というタイプがあるんです。
どんなタイプかって?そう、それはもちろん 「セクシーな女」! フェロモンただよう、色っぽい女を嫌う男性はいないのです。
最強のモテ女に、あなたもちょっと自分を改造するだけでなれちゃいますよ!その方法を、今回はみっちり伝授することにいたしましょう。

 

1.「しっとり」ボディタッチ

 何だかんだ、ボディタッチは効果抜群です。ただし、ポンと肩を叩くとか、腕にさわっと触れるだけでは、うーん、残念ながらあまり効果はナイかも。

セクシーな女性になるためには、やや挑発的とも言える“官能的なタッチ”を繰り出す必要があるのデス。

「やだー、面白い」なんて笑いながら上から下へツツッと撫でるように触れるとか、「あ、動かないで……」と、掌でそっと優しく服のシワを伸ばしてあげるとか。ベタっと触るのではなくそっと触れるという感じでしょうか。絶妙な触り方に、思わず男性もその先のことを想像してしまったりして。

ただし、あんまり直接的でエロエロなのはNG。いきなり男性の股間をワシ掴みにする人は、まさかいないと思いますが(それではただの変態女……)。

 

2.「チラ見せ」ファッション

スリット ブラック スカート 女性

乳をボインと放り出したり、脚をあらわにするのは逆に「露骨すぎる」と目をそらされてしまうかも。というか、ガバッと露出するファッションは、意外と男性にとってはそそられないのもの。「お手軽女」という感じが否めないのが本音です。

それよりも、「見えそうで見えない」がイチバン女性をセクシーに見せてくれるので、ファッションに取り入れてみて。

たとえば、深いスリットが入ったロングスカートの隙間から、ちらちら見える脚に男性はドキドキ……!単にミニスカートを履いてどーんと脚を露出するよりも、ずっと男心をかきたてます。「もっと見たい!」「もしや生脚……?」「細い!白い!まぶしい!」なんて。

襟ぐりが横に広いトップスで肩をチラ出しするのもおススメです。要は、「さあ、どんどん見てちょうだい!」ではなく「あれれ、見えちゃってますよ?」という感じを男性に味わせるのが大事ということ。お試しあれ!

 

3.下着は濃い色、服はヌーディー色

黒 下着

セクシーな女になりたければ、身に着けるカラーにもこだわって。覚えてほしいのは“下着は原色・ほかはヌーディーカラー”に男は惹かれるという法則。

下着はパープルが断然色っぽい。白い木綿のコットンショーツは「清楚」ではあるけれども、男性はあまりグッとこないかも。淡い水色のブラなんかも、ちょっと幼い印象です。彼氏と初のお泊りデートで「こういう下着、昔初カノが着けてたなあ」なんてしみじみされてしまったりして……。

反対に、ファッションは、ベージュキャメル淡いピンクなんかが◎。人肌に近い色味って、女性をすっごく大人っぽくセクシーに見せてくれるのです。

これはもちろん、メイクにも言えること。アイカラーや口紅やマニキュアは、ヌーディ―カラーを選ぶのが正解ですよ!

 

4.イランイランの香り

セクシーな女は例外なく「よい香り」を纏っています。近づくと「ああ、いい匂い……」なんて男性はうっとり。

「そうは言っても、どんな香りをまとったらいいのか分からない……」。そんな人におススメなのが「イランイラン」の香りです。甘くエキゾチックな香りが魅力のイランイランは、なんと催淫作用(!) があることでも有名です。

つまり、嗅いだ人間の“セクシーな気分”を高めてくれるという、まるで魔法のような香りなのです。究極のモテ香水とも言えるので、ゼッタイ試してみて。

 

5.ゆとりある精神

人差し指を立てる女性

その人が「セクシーかどうか」って、外見だけで決まるのでしょうか?答えは“NO!”です。色気のある女優さんを何人か思い浮かべてみて。きっと皆、例外なく「リラックスしている」「ゆったりして見える」人たちばかりではないでしょうか?

色気とは、受け取る側の精神状態にも深くかかわってくるものなのです。いつもガチガチに緊張していたり、ムスッと不機嫌だったり、ギャンギャン怒鳴っていたり、オロオロと情緒不安定だったりする女性に対して、男性は色気を感じません。なぜなら、「私はセクシーなのよ」という女性からのメッセージを受け取るどころではないからです。

「癒される」「リラックスできる」「くつろげる」「精神を解放させてくれる」。そして、そのうえで外見的にも「エロス」を備えている……そんな女性を、男性は求めているのです!

 

おわりに

 男が思わず惹かれてしまう「セクシーな女」になるための方法をご紹介しました。色気はなにも、生まれついての資質ではないのです。「私にはムリ」なんてあきらめてしまわないで。
誰しも、努力次第で、見せ方次第でセクシーになれるのだから。内面と外見を磨いて、あなたも“モテの極み”を目指しましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る