彼氏に捨てられた!復讐する7つの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏にフラれた……!「アイツ、あっさりほかの女に乗り換えやがって!!ぐやじぃ~~!!」「女のいちばんイイ時期を捧げたのに……結婚はムリってどういうことよっっ!!」っと、歯をギリギリ……。この恨み晴らさないでいられるか!!
こんなあなたに、“ささやかな復讐方法”を教えちゃいます。法に触れるような、過激なのじゃなくって、「あー、これでちょっとはスッキリしたわ」なんてマイルドなヤツですけれど。早速チェック!

 

1.「そんなに好きじゃなかった」とバッサリ斬る

 中指 女性

彼に「ごめん、別れよ」なんて切り出されたら、「お願い、捨てないでぇーーー!」「考え直してほしいの……メソメソ」なんて何度もしつこくLINEや電話をして、すがりつきたくもなりますが、それをやるだけあなたがみじめになるってものでしょう。

フラれた直後は泣いてもいい。でも、ある程度泣いたら、彼の前にさっそうと現れて、荷物の受け渡しなんかしながら「私?私は大丈夫よ。実はもともとそこまで好きで付き合ってたわけじゃないしね。あ、最後にこんなこと……余計だったね」

とでも言いましょう。「え?俺って好かれてなかったの?」と、男性は地味にショックを受けるハズ。

 

2.「親も友達も反対してたし」とさりげなくディスる

 フッた女に「そこまで好きでもなかったし」と言われても、「どーせ負け惜しみだろ?」と鼻で笑うようなハートの強い男にはこう言いましょう。

「あなたのこと、実は私の両親も友達もいいように思ってなかったの。つらいけれど、別れてよかったと思ってるわ。皆もそう言ってくれてるし」。

さすがに他人から「ナイわー」と言われていることを知れば、少しは凹むかも。「俺ってどこかダメなのかな?」ともがき苦しみやがれ!ってなもんです。

 

3.「余計なお世話だけど…」とプライドをへし折る言葉を吐く

中指 女性

 「最後だから、思い切って言うけど……」「余計なお世話かもしれないけど……」と、彼のプライドをへし折る言葉をさりげな~く吐きましょう。

「私にならいいけど、新しい彼女にはあんまりマザコンなところ、見せない方がいいよ?」「仕事自慢もほどほどにしないと、一生結婚できないかもよ?」とか。

ポイントは「あなたには幸せになってもらいたいから、あえて厳しいことを言うネ」という感じで、優しさ(ニセモノの)を醸し出すこと。でないと、ただの悪口になってしまいます。「オマエこそ」と言い返されては面倒ですしね。

 

4.物分かりイイ風に別れて連絡がきたら「誰だっけ?」と言い放つ

 「この私をふるなんて……!おのれ、どうしてくれよう!!」最後にめちゃくちゃ傷つけてやりたい気持ちはあっても、ここであえてグッとガマンして、物分かりのイイ女を演じるのも一つの手。

「そっか……。あなたはとっても素敵な人だから、きっと私よりいい彼女ができるよ!」「幸せにね!ずっとあなたのことを好きでいるから、何かあったら力にならせて」なんて。

で、彼がふとあなたを思い出して連絡してきたときに「えーと、名前なんだっけ?」「ごめん、ちょっとよく思い出せないんだけど、××君だっけ?(間違った名前)」などとしゃあしゃあ言ってやりましょう。

 

5.SNSに「彼と別れたらツキがめぐってきた」と書き込む

「チビ」「ハゲ」「最低男」「ヘタクソ」SNSに元カレの悪口を書き込みたい気持ちはやまやまですが、さすがにこれは品がないのでやめましょう。

代わりに、「いまとっても充実してまーす」というリア充な記事をドカンと投下して。「元カレと別れたとたんに、モテ期が到来!」とか「古い縁を捨てたら、生活がうまく回り始めました~」なんて。

何があったのか、具体的に書き込む必要はありません。むしろ元カレが読んで「え……何があったんだろう」とモヤモヤさせるくらいがちょうど良い。試してみて。

 

6.男友達が彼氏のフリ「イイ男GETできました!」

 SNSにイケメンとのツーショットを投稿しましょう!「新しい彼です」「告白されて付き合うことに」「いますっごく幸せでーす」なんて。

もちろん、ホンモノの彼氏であれば文句ナシなのでしょうが、男友達にフリをしてもらうだけでもOK。目的は元カレに「ショック!俺よりいい男じゃんか!」と思わせるためですから。

ぎゅっと腕を絡めた写真や、高いお店で誕生日を祝ってもらっている写真。たとえ彼の目に触れなかったとしても、共通の友達を通じて彼の耳に入るかも!?

 

7.元カレの新カノに接近して悪口を吹き込む

 メガホン 叫ぶ女性

元カレに新しい彼女がいる場合、接近しない手はありません!そして、「あの男はやめた方がいいよ」とコッソリ耳打ちしてやりましょう。

元カノ本人へのアプローチではなく、元カノの友人でもOK。元カレの恥ずかしい癖や、イタい過去などをバラしてしまいましょう。ただ気を付けたいのは、単に悪口をいうだけではあなたの方が「ヘンな人」になってしまうということ。

そうではなく、「ああ見えて、関わった女を全員泣かせてるようなヤツだから」「すごい性癖もってるから……気をつけたほうがいいよ」というスタンスで話をするのがいいかもしれません。

 

おわりに

 許すまじ、元カレ!メラメラと復讐の炎を燃え盛らせる女子はきっと多いハズ。でもね、あんまり過激すぎる復讐はおススメしません。だって、それはあなたの品格を下げてしまう行為だから。物足りない……でも、少しはスッキリしたかも!くらいにとどめておきましょ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事











ページ上部へ戻る