モテる女のバッグの中身!“男がグッとくる”アイテム6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バッグを抱える女性

“モテる女はバッグの中身が美しい”という格言を聞いたことがありますか?
……ありませんよね。ハイ、たったいま私がつくりました(スミマセン)。
でもこれ、まったくのデタラメとは言えないんじゃないでしょうか。というか、結構“モテ”の本質をついていると思うのです。男性は、女子のバッグの中身を割と見ている。というか、「女子力高い持ち物」って単純に男心を掴むんですよね。
モテ女になりたければ、今回ご紹介する7つのアイテムの携帯が必須!明日から早速試してみて。

 

1.ウェットティッシュ

誤解なきよう言っておきますが、ハンカチやタオルの類は、持っていて当たり前ですよ!モテる女になりたければ、ハンカチやタオルだけでなくウェットティッシュも携帯しましょう!

ハンカチやタオル、あとティッシュは誰でも持ってるアイテムです。だから、あえて人とは差をつけるのです。

それに、飲み物をこぼしたりちょっと泥がついてしまったときって、ハンカチを差し出されても男性は結構気をつかうもの。「いや、汚れちゃうからいいよ」「これくらい大丈夫、大丈夫」なんて。

その点、ウェットティッシュならば「おー、マジで助かる」「キレイに落ちるわ!」と遠慮なくゴシゴシ。街頭で配られたポケットティッシュとは違って、わざわざ「買ったアイテム」であるところも、いかにもきちんとした女子という感じですしネ。

 

2.カバー付き文庫本

350 電車 本 読書

誰が何と言おうと、文庫本は知的なアイテム。そこに使い込まれた飴色のレザーのブックカバーなんかがついていた日には……「なんて、賢そうな子なんだ!」「この子はデキる女に違いない」と男ウケ間違いありません。

ちょっとした空き時間に、文庫本を読む姿ってカッコいいですよね。スマホをいじったり鏡で化粧崩れを直したりは、なんだかちょっとサマにならない。

外見も大事だけれど、「知性もありそうだな」とか「真面目なんだなあ」と男性に感じさせるのもモテにおいて重要ですから。

 

3.裁縫セット

 350裁縫 ボタンつけ

定番ながらも、裁縫セットのチカラはあなどれません!ときどき「裁縫セットを持ち歩いたところで、使う機会があるとは思えない」とたかをくくっている女子をお目にかかります……が!

こういう女子は大バカ野郎です。そりゃあ、意中の彼が都合よく「あ……ボタンとれそう。直してくれる?」なんて自ら訊いてくる男はめったにいない。

ですから、チャンスがなければつくればいい!!目を皿のようにして、ほつれたボタンの男を探してみましょう!きっとオフィスに一人くらいはいるハズです。

で、見つけたら「あ、とれかかってますよ。直しましょうか?」とすかさず申し出る。「私裁縫セット持ち歩いてるんで~」って。自分をプレゼンテーションする能力=モテ力ですよ!

 

4.バンドエイド

350 絆創膏 バンドエイド

これも定番ですけれど、いざというときのために持っていたいアイテムです。ちょっと指先を切ったとか、ささくれで皮がむけたなんてときには「あ、私、バンドエイド持ってます」と男性に高らかに声を掛けることができたら、あなたはモテる女に認定です。

憎からず思っている彼に対しては「貼ってあげますね」「ここですか?」とさりげなく手をとり、バンドエイドを貼ってあげる。「なんと……!女の子らしい~」「手が触れてドキドキ!」喜ばれること間違いナシ。

 

5.チョコレート

板チョコ的なガチなものではなく、小さな箱に入ったア○ロや、小袋に入ったガ○ボ的なカワイらしいものを携帯しておきましょう。

すると、「小腹がすいた……」という後輩クンに「コレ、よかったら」とさりげなく渡せます。あとは、「やっとひと段落ついたぞー!」という先輩に「お疲れ様です。エネルギーチャージしてください」とさりげなく差し入れたりもできるわけです。

「手を出してください」と掌に一粒、箱をジャラジャラふって出してあげるのがモテ女。これをやられてきゅんとこない男性はいません。

 

6.小さなマスコット

350 サル マスコット フェルト

ぬいぐるみを愛でる女子はカワイイ。これはもう、間違いなく。でも、バッグに忍ばせるのならサイズの小さいマスコットが限度かな?ぬいぐるみはちょっとガチで引かれてしまう可能性もありますし。

「カワイイでしょ?気に入ってるの」「この子は、私のお守りなの」なんて、めちゃめちゃカワイイ女子じゃありませんか。

かの美容家IKKOさんはキ○ィーちゃんのぬいぐるみをバッグに入れて持ち歩いているのだとか。「ストレスがあると触るんです」だって。これを聞いて「カ、カワイイ……」と思わずきゅんとなってしまったのは私だけではないハズです。

 

おわりに

あなたのバッグには、いま何が入っていますか?まさか……まさか、「仕事とプライベートに必要なものはまとめてテキトーにブッ込んでるワ」なんていうんじゃないでしょうね。

朝出掛けにポストから取り出したガス料金の明細書、コンビニで買って食べた空のお菓子の袋、街頭で受け取ったポケットティッシュ……。そんなバッグじゃ女子力低すぎ。彼氏欲しい~でもできない~なんてあなたは、そんなバッグの中身が原因かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。

関連記事



ページ上部へ戻る