女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと

春になり、新生活を始めた方もたくさんいらっしゃるかと思います。
憧れの1人暮らし、好きなものに囲まれて自由な生活を送る楽しみ。
その反面、女の子は少々不安も感じたりするかもしれませんね。

私も実は16歳の頃から25歳頃まで1人暮らしをしてきました。
今も同居してるのは6歳の息子だけなので、1人暮らしとなんら変わりはないですが。
長い1人暮らしの中で、たくさん学ぶこともありましたし、たくさん反省点もありました。
今日は、1人暮らしを楽しむコツと、1人暮らしに潜む注意するべきことをお話ししていこうと思います。

 

1人暮らしは節約が基本

350 お金 貯金箱
1人暮らしを持続させる為には、まず無駄な出費をなるべく抑えることが基本です。
実家では家賃や光熱費、食費に至るまで、自分のお小遣いで払うなんてことはなかったはず。
でもこれからは、自分が稼いだお金の中から全てを支払っていかなければなりません。
そのためには、今まで当たり前にしていた習慣わ見直す必要があるかもしれません。

光熱費の節約

ビジネスウーマン 朝食 朝支度 テレビ
電気の付けっ放し。
水を出しっぱなし。
何度注意されてもトイレの電気を消し忘れた。
見もしないのにテレビをつける。
エアコン、空調を付けっ放しで寝る。
…とまぁ、言い出したらキリがないですが、光熱費を節約するためには、今まで当たり前にしてきた習慣をやめる必要があります。

家計のやりくりをするにあたり、なるべく出費を抑える為には光熱費が一番大きいですし、いずれ家庭を持った時に絶対に役に立つはずです。
こまめにスイッチを切る、水は大事に使う、空調に頼りすぎない、自分で意識してルールを作ってみるといいかもしれませんね。

節電に関しては、本当にこまめにスイッチを切る使わないものはコンセントを抜くなどの配慮が必要です。
ここでは1番水の使用量が多いと言われているお風呂では市販のエコシャワーヘッドを使いましょう。
30%~50%の節水が出来ると言われています。
トイレはタンクにオモリを入れておきましょう。
これによってタンク内に溜められる水の量が節約できます。
また、流す際はなるべく小で流すクセをつけるのも1つの節水です。

野菜を冷凍する

冷凍野菜 ジップロック 節約術
野菜って結構値が張るものです。
しかも、1人暮らしになって必ず経験するのは、買った野菜を使いきれずに腐らせてしまうという失敗。
野菜というのはなかなか日持ちしないものです。

ここでオススメなのは出来るものは冷凍しておくということ。
ピーマン、ホウレンソウ、オクラ、カボチャ、アスパラガス、もやし、枝豆はさっと湯がいた状態のものを保存袋に入れて冷凍。
大根はおろしや大きく切り分けそのまま、キャベツ、トマト、キュウリ、セロリなども生のまま冷凍が可能です。

どれも細かくすぐに使えるサイズにしておくと欲しい分だけ解凍すればよいのでかなり重宝しますよ。
だいたい保存期間は2週間から1カ月は持ちますが野菜によって保存期間は異なるので注意しましょう。

 

インテリアはテーマを決めよう

部屋で音楽を聴きながらリラックスしている女性
自分だけのお城が出来たのですから、どんなインテリアでまとめようかというのは一人暮らしには欠かせない楽しみですよね。
引っ越しの買い出し、見るものすべてが素敵に見えてしまい、あれもこれもと目移りしやすいので要注意です。
まだまだ必要なものがあるのに、気づいたら予算オーバーしていた!なんて話をよく耳にします。
ここは1つどんな雰囲気にまとめるかのテーマを決めましょう。

例えばナチュラルな自然な雰囲気、今流行の北欧系、シンプルなモノトーン系、などテーマを決めることによって無駄な買い物が減ると思います。
あれもかわいい、これはかっこいい、手あたり次第買ってしまっては余計な荷物が増えるだけです。
出来れば無駄のない片づけやすい、機能性の高いお部屋がいいですね。

100均はメインショップにしよう

デスク
最近の100均はかなりおしゃれでクオリティが高いです。
大半のものは100均でまかなえてしまいます。
食器から生活雑貨、医療用品や調味料、文房具など・・・私もどれだけ100均にお世話になっているかわかりません。
100円でもおしゃれでかわいいものがたくさんありますよ。

お気に入りを見つけてたくさんカゴに入れていくのは本当に楽しいと思います。
ただ稀に、スーパーだと100円以下でも買えるという商品も中にはあったりします。
何でもかんでもではなく、よく下見をしたうえで買い物リストを作って購入するのが賢いかもしれませんね。

 

不安な防犯のあれこれ

マンションの鍵をかける女性
女の子の1人暮らしにおいて1番不安なのは防犯ではないでしょうか。
セキュリティのしっかりしたマンションやアパートであっても、同じ建物の住民による犯罪なんかがニュースになったりしていますよね。
私もいろいろな犯罪を経験してきました。
ストーカーや下着泥棒、侵入や覗きなど。
警察官が毎週見回りをしてくれていた時期もあります。

まず、本当に注意が必要なのは1階に住むという方。
1階は1階でもベランダや玄関が外から見て死角になっていないかは重要です。
奥の角部屋で完全に外からは見にくいという場所は絶好の犯罪場所になりやすいと言えます。

洗濯ものを干すときの注意点

洗濯ばさみとタオル
自分だけの洗濯物を毎日普通に干すのは非常に危険です。
下着を外に干すなんてもっての外です。
いくら低い位置の見えない場所であっても、下着は盗まれてしまいます。
在宅しているから大丈夫なんて甘いです。
私は、在宅中、しかも午前中の明るい中で下着を盗まれてしまいました。
下着泥棒に昼夜は関係ありません。
家にいても関係ないのです。
下着と呼ばれるものは一切外には出さないようにしましょう。

洗濯物は、出来ればメンズのものを一緒に干すと効果があります。
彼氏の下着やシャツなどを借りて見えるところに干すといいでしょう。

布団も同じです。
1組しか布団は使わないと思いますが、枕はいらなくても2つ干すようにしておくなども防犯にはなると思います。
とにかく洗濯物というのはその部屋の家族構成などを知る絶好の手掛かりになりやすいので、女の子が1人で住んでいるということを悟られないようにしましょう。

帰り道に気をつける

夜道
職場や出かけ先からの帰り道に誰かがつけてきていたら、そのまま家に帰宅するのはかなり危険です。
私も仕事の帰りにつけてきていた人間が後にストーカーになり、酷い目に遭いました。
なかなか誰かがつけてきているかなんて気づけない気もしますが、1人で帰宅する際は周りを警戒するようにしましょう。

もし、なにか怪しいなと思うことや、不審な人間を見つけた場合は人の多い場所へ寄り道をする、誰かに連絡して迎えに来てもらう、交番を探す、など、その場で判断しましょう。
決してそのまま家に帰ってはいけません。

その他

先ほど書いた覗きについてですが、私はお風呂の天窓?というか、天井にある取りはずし可能な蓋のようなものがズラされているのに気付きました。
私はもちろん背が届かないですし、そんな所は開けません。
家に出入りしていた人も、そこを開けてどうなるんだと、確かに下から開けるメリットは何もなく。
そこで空いた穴に首を突っ込んでみた所、全てのお風呂の天井とつながっていました。
この穴から天井へ入れば、他の人のお風呂へ移動できるということです。
私は角部屋でしたが、隣もその隣も男の人が1人で暮らしてました。
隣の人が犯人だと決めつけることはしませんが、身近な所にも油断はできません。
もし引っ越した先に、そのような天窓があるのであれば、内側からしっかりテープなどを貼って抑えておきましょう。

 

1人暮らしにオススメ100均一のおしゃれアイテム

笑顔の女性 スマホ
最後に、100均だいすきなjoy’s homeのおすすめ100円アイテムをご紹介します♪

1.観葉植物&プランター

女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと
お花屋さんで購入すると地味に高い観葉植物。
100均でもたくさんの種類の植物が並べられていて、それを入れるプランターもおしゃれなものがたくさんありますよ。
もちろん造花もおいてあるので植物を育てるのは苦手という方にも緑を楽しむことが出来ます。
ちゃんと育てればいずれ立派に成長するので100円といえども馬鹿にはできませんよ。

2.入れ物あれこれ

女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと
瓶、缶、調味料やキッチンの細かいものを収納しておくのに便利な入れ物も100均とは思えないようなかわいい&おしゃれなものがたくさんあります。
瓶の部分がプラスチックになっているものやしっかりと密封できる蓋がついたものなど機能的にも優れているので本当に重宝します。
デザインがかわいいものをそろえていけばキッチンにそのまま置いてもおしゃれですよ。

3.タペストリー、インテリアボード

女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと
これは壁や棚をおしゃれに飾るもの。
板やに布張りのものなど種類も豊富にそろっています。
インテリアのアクセントにしたら雰囲気が変わりますよ。

4.ウォールステッカー

女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと
壁紙の上から貼って剥がせるインテリアシール。
殺風景な壁がたちまちおしゃれに大変身です。
定期的に新しいデザインが追加されるので行くたびにチェックしてみてくださいね。

5.ランドリーバスケット

女の子の1人暮らしを楽しむコツ、注意したいこと
私はこれが1番のヒットでした。
洗う前の洗濯物はカゴに入れていても見栄えが悪くなってしまいます。
我が家は脱衣所にトイレのドアがあるのでお客さんの目に入るのは嫌だなといいアイテムを探していたところ、100均にてこれを発見!!

かごじゃないので中身が見えにくい、深さがあるのでたくさん入る、そしてかわいい!
しかしこれは500円なんです。笑
でも普通は500円では買えないですよね。
これは本当に買ってよかったNO.1でした!

 

おわりに

最近は、どこでどんな事件があるか分かりません。
若い女の子を狙った犯罪も日常にあふれ返る世の中です。
1人で暮らしていく!
そう決めた以上は、自分の身を自分で守る覚悟も必要です。

私は普段、全く周りに興味がない為、注意力が足りず散々な目に遭いました。
ストーカーに命を狙われる所までエスカレートしてしまい、警察の方々に大変助けて頂きました。
そんな事件は、決して他人事ではありません。
日々の隙が犯罪を引き起こすきっかけとなるんです。

せっかく手に入れた自由!
いろいろ大変でも、自分だけの空間を手に入れるのは本当に嬉しいことだと思います。
新しい生活を送るにあたり、今一度しっかり気を引き締めた上で、楽しい生活を送ってくれたらなと思います。

人気のおすすめインテリア雑貨ショップ~オシャレかわいいお部屋作り~人気のおすすめインテリア家具雑貨ショップ大集合~オシャレなお部屋作り~


いい女の素敵なくつろぎ空間 おしゃれなお部屋作りのコツインテリアやレイアウトで一変!おしゃれなお部屋作りのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る