カバー力あり!30代~40代におすすめのCCクリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カバー力あり!30代~40代におすすめのCCクリーム

みなさんはCCクリーム使っていますか?
CCクリームは、
「カバー力が足りないのでは?」
「若い子向けなのでは?」
と思われがちですよね。

今回は、30代、40代女性にもオススメできる、進化したCCクリームをご紹介します。

 

CCクリームとBBクリームの違い

「CCクリームはBBクリームの進化系」なんて表現をよく耳にしますが、実際のところその二つの違いはなんでしょうか・・・。
まず、先に商品開発されて人気が出たのは「BBクリーム」ですね。
皮膚科などの医療現場で使用されていたものを、化粧品として商品化したところ一気に注目されました。その人気を受け、化粧品会社が独自に開発したものが「CCクリーム」です。
なので「進化系」なんて言われているのでしょう。
両者の違いをまとめてみました。

BBクリーム

  • カバー力が高い。
  • しっかりした重めのテクスチャー。
  • シミやクマ、吹き出物など、色の濃い肌トラブルも隠すコンシーラーの役割がある。

CCクリーム

  • カバー力が低い。
  • やわらかい軽めのテクスチャー。
  • 光の反射を利用した視覚効果で肌をキレイに見せる。

簡単に言うと、

BBクリームは、「しっかりメイク」
CCクリームは、「ナチュラルメイク」

と言えます。
CCクリームは上から隠してカバーするのではなく、肌の色味をコントロールして、素肌を活かした仕上がりにする化粧品です。
流行の「すっぴん風メイク」などでは、CCクリームの方が向いていると言えるでしょう。

こう聞くと、やっぱり若い子向けだなと思われるかもしれませんが、そうとは言い切れません。
カバー力を重視するか、薄付きで自然な仕上がりを重視するか、好みの問題です。
では、どんな商品があるのかこれから見ていきましょう。

 

肌の酸化を防止!老化する肌を助けてくれるCCクリーム

肌比較 シミ そばかす
「シミ」「シワ」「くすみ」など、老化による肌の悩みは様々ですが、今注目されているのは「肌の酸化」という現象です。

酸化とは簡単に言うと「錆びる」ということです。
金属などが時間の経過と共に錆びていくのと同じようなことが肌にも起こります。
食生活や生活習慣で酸化を抑えることは可能ですが、肌表面で起こっている酸化は、普段の使っている化粧品が原因で引き起こしていることも・・・。

日頃使っている化粧品には、様々な美容成分が入っていますが、役割を終えた美容成分が、肌にのこってしまい、それが毛穴などにはいりこんで、肌を酸化させているのです。
なので、「酸化しにくい成分で出来ている」ということを、化粧品を選ぶ際のポイントとすることが大事です。

おすすめ

ラウディ BB&CCクリーム

内容量 25g
通常価格 2800円(税別)
定期価格 2240円(税別)
SPF35、PA+++

「ラウディ BB&CCクリーム」は、酸化にしくい美容成分だけを配合させた「無酸化発想」のCCクリームです。
「無酸化発想」のうるおい成分がたっぷり配合されているので、付けている間も肌を優しくいたわってくれます。

また、BBクリームとCCクリームの良いところを併せ持っているので、カバー力が高いのに、使いごこちが軽いです。
シミ、ソバカスなどしっかり隠した上で、ベタつかないさらっとしたテクスチャーを実現させています。
崩れにくいのも特徴です。

カラー展開は「ナチュラルベージュ」「クリアグレージュ」の2種類です。
もうこれ以上肌を老化させたくない!という方にオススメです。

 

メイク崩れなし!付けたてが続くCCクリーム

横顔 女性
メイク直しをしようと鏡をみたら、ほうれい線や小ジワにファンデーションが溜まって、余計にシワが目立ってしまっていたなんてことありませんか?
「朝メイクしたときには大丈夫だったのに、いつのまに・・・・。」と自分でも不思議なくらいに崩れていることがあります。
メイクしたての肌がずっと続けばいいのに・・・と思いますよね?

化粧崩れの主な原因は、「皮脂」、「乾燥」、「汗」によるものです。
「皮脂」、「乾燥」に関しては、普段からのスキンケアが何より大事です。
充分に保湿されていれば、皮脂や乾燥は最小限に抑えられます。

「汗」をかいてしまうのは仕方がないですが、こまめにぬぐうことが大事です。
その際は、メイクが崩れないように、「こするのではなくやさしく押さえる」ことを心がけましょう。

おすすめ

ラナレイ プリズムCCクリーム

内容量 30g
価格 3500円(税別)
SPF50、PA++++

「ラナレイ プリズムCCクリーム」は、「とにかく崩れない」と評判のCCクリームです。
芸能人の愛用者も多いということで話題になりました。
CCクリームと謳っていますが、これ一本で、美容液、乳液、化粧下地、日焼止め、コンシーラー、毛穴カバー、カラーコントロール、ファンデーションの8つの効果があり、BBクリームのようなオールインワン化粧品となっています。

美容成分は、「フムスエキス」「加水分解酵母エキス」など、肌にハリ、ツヤを与えてくれる、アンチエイジングに適した成分がたっぷり入っています。
さらに、独自技術のパウダーを配合し、「プリズム作用」で光りを反射させ肌をキレイに見せてくれます。

色も、「標準」「ロゼ」「ベージュ」と3種類あり、CCクリームの中では豊富なカラー展開です。

SPFも50と非常に高いので、日焼止めの必要もありませんね。

使い心地は、液体のような伸びのいいテクスチャーで、サラっとしています。
カバー力が高く、崩れにくい、CCクリームをお探しの方にピッタリの商品です。

 

メイク中もスキンケア、美容成分効果の高いCCクリーム

350 肌 美白
朝、メイクをし、そのまま半日くらいはメイクをしたまま活動しますよね。
だったらその最中のお肌に栄養を与えたい、と思うのは当然です。
ほとんどのCCクリームに美容成分は配合されていて、「肌にいい」ということが選ばれるポイントにもなっています。

おすすめ

SK-Ⅱオーラアクティベーター CCクリーム

内容量 30g
価格 8500円(税別)
SPF50、PA++++

「SK-Ⅱオーラアクティベーター CCクリーム」は、スキンケア効果のとても高い商品です。
付けた直後から潤い、キメを整えてくれます。
使い続けると、美容成分が肌に浸透し、肌のコンディションを整えます。
内側から肌の明るさを取り戻し、透明感を与えてくれます。
こちらもSPF50の日焼止めいらずです。

伸びのいいテクスチャーで、薄付きさせるのに適しています。
カバー力はそれほど高くないので、濃いシミなどはコンシーラーで隠す必要がありそうです。
くすみなどでお悩みの、顔全体のトーンアップをしたい方にオススメです。

微細なパール配合で、ツヤツヤの潤った肌を演出しますが、テカって見えるのでは・・・と心配な方は上からパウダーなどをはたくのをオススメします。
少し高級ですが、メイクオフ後、肌の調子がいつもよりいいと評判のCCクリームです。

 

おわりに

リキッドファンデーションを頬に塗る女性
最近のCCクリームは本当に多機能で、BBクリームに負けず劣らずのカバー力や、UVカット機能があります。
両者の境界線がどんどんなくなってきているような気もしますが・・・・。

とにかく、いい商品にめぐりあうことが大切です。
これだ!という商品に巡り合えない方も、「CCクリーム」をあなどらず、試してみることををオススメします。

ファンデーションが浮く原因は皮脂!メイクの浮き・ヨレ対処法とおすすめファンデファンデーションが浮く原因は皮脂!メイクの浮き・ヨレ対処法とおすすめファンデ

乾燥肌女子にオススメ人気CCクリームBest3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る