夏本番前に知っておきたいUVケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏本番前に知っておきたいUVケア

日差しの強まる季節が近づいてきましたね。
春から夏は気候が良くてアウトドアやプールなど楽しいイベントが増えてきますよね。
しかし、美肌には大敵である紫外線が強くなり、特に注意が必要になる季節であることも事実です。
外でのアクティビティに参加はしたいけど、日焼けやシミになるのが怖くてイベント事を避けてしまうという女性も少なくないのではないでしょうか。
そこで、日焼けやシミの原因である紫外線の種類を知り、適切な予防や対処で紫外線に負けない肌作になる方法をご紹介していきます。

紫外線は年中降り注いでいますが、特に3月頃から強くなり始め、5月~7月がピークになります。
その為、1年を通して紫外線対策は必要となります。

 

紫外線の種類

350
紫外線の種類には幾つかありますが、私達に影響を与えるといわれるのはUV-AとUV-Bといわれています。

UV-A

私達が日常浴びる紫外線の95%以上を占めているのがUV-Aと呼ばれます。
UV-Aは波長が長く肌への浸透力が高いため、肌の深いところまで到達します。
そして肌深層まで到達したUV-Aは健康な肌を作る素であるコラーゲン線維やエラスチンを傷つけてしまうのです。
これがシワであったり老化の症状に繋がります。

UV-B

一方、UV-Bは短時間浴びただけでも、肌が赤くなる日焼けの原因になります。
UV-Bは肌の表面の細胞を破壊して傷付け、炎症を引き起こします。
シミや皮膚がんの原因となるのがこのUV-Bなのです。
UV-BはUV-Aに比べて波長が短い分地上へ届く量は少ない為、なるべく日光に当たらないことで概ね防ぐ事ができます。

UV-C

UV-A,B,Cの中ではUV-Cが最も波長が短く、肌への破壊力として1番強いのは実はUV-Cなのです。
しかし、オゾン層によってUV-Cは地上まで到達しないという事で、現在はあまり気にしなくて良いとされています。

赤外線

近年研究が進み、危険性が危惧されているのが近赤外線と呼ばれる光です。
赤外線は波長の短い順に、近赤外線、中赤外線、遠赤外線と分けられます。
この中の近赤外線は地上に届く太陽光の50%を占めるそうです。
赤外線の熱を持つ性質を利用して、治療器具などに使われていますが、近年では赤外線にメリットだけではなくデメリットが有る事が明らかになり始めました。
赤外線はUV-Aよりも波長が長く、更に細胞の深いところまで到達します。
その為、肌の皮下組織やその奥まで到達し、組織を傷つけてしまうというのです。
すると肌の糖化という現象が起こり、それが肌のたるみやシワの原因となります。

今まではUV-A,B波のみをカットする日焼け止め製品が作られていましたが、最近では赤外線までカットする処方の日焼け対策アイテムが続々と登場しているので幾つかご紹介します。

UV Hunter (UV ハンター)

UV ホワイトニングクリーム

50g 2,700円
SPF 50+ PA++++
赤外線カットパウダー配合
肌荒れ防止成分、低刺激
ウォータープルーフタイプ

SOTHYS

プロテクティブフリュイド

SPF50 
50ml 6,800円
スキンケアサロン化粧品
オーガニックフィルター採用
植物由来成分により肌の保護力を高める
ダメージを受けた細胞の修復を助ける
低刺激、全肌質対応

 

シミ対策

350 女性
それでは、日焼けをしてもシミになりにくい肌を作る為にはどのような対策ができるでしょうか。

まずは、普段から肌をしっかりと保湿し、肌の水分量を高めておくことです。
しっかりと水分を保っているお肌はとても健康なので、紫外線や汚れた空気などの様々な攻撃にも立ち向かいます。
逆にお肌の水分量が低いと肌が乾燥している状態なので、角質層が硬くなり古い細胞がうまく剥がれ落ちなくなります。
そしてメラニン色素が肌に残り、シミとなってしまうのです。
その為、十分に肌に潤いを与えることは、シミの予防にもつながるのです。

また身体や肌に良い物を普段から取り入れることもとても大切です。
特に積極的に摂取したいのがビタミンA,C,Eといった食材です。
ビタミンA、Eは美肌を作る為に必須の栄養素です。
ビタミンAはレバーや卵、ビタミンEは植物の油脂類やナッツ類に多く含まれます。
ビタミンCはコラーゲンやエラスチンの合成を促す働きがあるのでこちらも重要です。
また、肌や組織を作るたんぱく質も十分に取ることをお勧めします。

フルーツジュース

外から化粧品などでシミ対策をするのも良いですが、身体の内側からシミが出来にくい、紫外線を浴びても排出できる状態を作っておくことも大切なのです。
そして日に浴びる個所をなるべく減らすように、日焼け止めを塗る事はもちろん、濃い色の洋服で肌の露出を控えたり、サングラスや帽子を活用しましょう。

もし紫外線を浴びてしまったら、日焼けした部分を冷水や冷たいタオルで冷やし、鎮静してあげましょう。
日焼けはヤケドをしていると同じ状態です。
十分に冷やした後は、顔用の炎症などを抑える鎮静パックやクリームがあればそちらを、持ち合わせていなければ保湿効果のあるクリームをしっかりつけてあげましょう。
日頃からの対策でこれからの太陽の季節を思い切り楽しみましょう。

600お肌を冷やして美白する💛資生堂の新冷却美白クリームHAKU

600本気で美白するなら近赤外線カットの日焼け止めで徹底紫外線対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ruka

著者の記事一覧

初めまして、エステティシャン兼美容ライターとして活動するRukaです。
お餅が好きすぎて、年中餅を食べています。
海外生活を通して、オーガニックやナチュラルなライフスタイルに影響を受け、アロマやハーブなどにも興味を持ちました。
現在もアロマテラピーのお勉強進行中です。
Lierでは女性が健康で美しく、楽しく生活できるような情報を発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る