【スピリチュアル発!】脱不調!身近な人の呪いから身を守る方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スピリチュアル発!】脱不調!身近な人の呪いから身を守る方法!

呪いはとても身近なもの

呪いだなんて聞くととても怖い響きです。
しかし、人間は日常生活で簡単に呪いを出しているのです。

「あの人ムカつく。」
「なんであんなことするの?バカじゃないの。」

など、他人に対して腹を立ててしまう事は少なくないですよね。
その時のネガティブな感情が積もり積もったり、その思いが強すぎると、念となり相手に届いてしまう事があります。

例えば、あなたがAさんを嫌いだとして、「Aさん居なくなってくれないかしら。」と強く願ったとしたらそれが現実になってしまうのです。
それが念というものです。
恐ろしいですね。
現代人は人間関係に悩む事が多いので、誰しも一度位はそのような念を飛ばしてしまっているかもしれませんね。

ところが、もし「念を飛ばして嫌な奴が消えるのだから良い事じゃない。」と考えていたとしたら要注意です。
なぜなら、念は飛ばされた人に届いた後に、自分に返ってくるのです。
スーパーボールを壁に投げつけた時、自分に勢いよく戻ってくるみたいに、自分にそのネガティブなエネルギーが戻ってきます。

その時、自分の出したネガティブエネルギーによって、不眠体調不良やる気が出ない、などの様々な変化が訪れます。
敏感な体質の方だと、相手にネガティブな念を送った後には頭痛がするとか、胃の辺りが重くなるという自覚症状を持っている方もおられます。

これからは、自分の出したネガティブエネルギーにやられないで、元気に前向きに生きてみませんか?
ネガティブ癖がついている人は一朝一夕にはいかないかもしれませんが、ここでやるかやらないかで今後の人生が変わってきます。

嫌ですよね、人を恨むたびに自分の身体や心を蝕んでいるなんて。
逆に言うと、人を恨まなければ元気はつらつで過ごせることが多くなります。
これからの残りの人生ずっと人を恨み続け疲労困憊しますか?
それとも、他人を気にしないで元気に過ごしますか?
ここが運命の分かれ道かもしれません。

 

ネガティブを落とす作業

とはいえ、自分がネガティブなエネルギーを発しなくても、他人がネガティブエネルギー満載で接してくる場合もあります。
もし、誰かと一緒に過ごして

「あの人と居るとどっと疲れる。」
「エネルギー吸い取られるみたいだわ。」

と感じているなら、その感覚を大事にした方が良いでしょう。
一説によると、そのような場合は、あなたのポジティブなエネルギーを栄養源にして、自分を元気にさせようとする、エネルギーヴァンパイアというエネルギーの吸血鬼が潜んでいるらしいですから。

 

ネガティブエネルギーから身を守る

ネガティブなエネルギーに触れると体がズシッと重く感じる事があると思います。
そんな時は、お風呂に入りましょう!
お風呂は冗談抜きで、最強のアイテムだと思います。
毛穴の奥まで入り込んだネガティブなものが熱や蒸気と共に抜け出すお手伝いをしてくれるのです。

 

最高のお風呂の入り方

ただ普通のお風呂に入ることもある程度効果がありますが、出来れば実行して欲しいのが塩風呂と酒風呂です。

塩も酒も昔から邪気払いの特効薬として有名なアイテムです。
特に塩はヒマラヤ産の塩、酒は特に40度以上の高アルコールの日本酒がおすすめです。

塩は特に、キュウリの塩もみなんかでも分かる通り水分がものすごく出ます。
出すぎて湯船が白く濁っちゃう場合もありますので驚かないでくださいね!
体内の水分(老廃物が出て)全身もすっきりしてきます。
相乗効果で痩せるかもしれませんね。

 

まとめ

簡単な方法で日常のネガティブエネルギーという名の呪いから身を守る事が出来ます。
毎日のメンテナンスがとても大事ですね。
お風呂での浄化作業は何も霊能者や占い師のような特殊な職業の方だけにあるのではありません。
皆さんも少しでもネガティブエネルギーにやられているな、と感じたら、迷いなく塩風呂や酒風呂にじっくり入って自分自身を浄化させてみましょう。

Photo by naimnaim

本格的な占いをしたい方にオススメの記事

【実際に試しました!】>>電話占いウィルの口コミ
安萄ミアの無料タロット占い【復縁占い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!







関連記事











ページ上部へ戻る