ヒールを履くと痛い(泣)を解消する方法8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の脚を綺麗に見せてくれるハイヒール。でも歩いていると痛くなってくる(泣)
・・・という悩みを持っている人も多いのでは?
そんな悩める女性たちにお教えしましょう! ヒールを選ぶときのコツや、痛くならないワザを!

 

1.高さの限界を知る

350 ハイヒール 足を痛める

人によって身長が異なるように、足の形にもいろいろな形があります。
したがって、人それぞれ合うヒールの高さもちがうのです!
自分が、どのくらいのヒールの高さが一番歩きやすいかを知りましょう。
それを一度知れば、何センチのヒールの靴を選べばいいのか、買い物で迷うこともありませんしね!

ちなみに、「七五三の法則」というのをご存知ですか?
歩きやすかったり、脚を美しく見せてくれる高さがあるのです!
ヒールは、高ければ高いほどいいというわけではなく、高すぎると逆にスタイルが悪く見えてしまいます。

歩きやすい、適度な高さの3㎝
ヒールの無いフラットな靴よりも、歩きやすいと言われています。
ヒールが苦手な人でも、3㎝までなら大丈夫!
カジュアルなコーディネイトにも合う、おすすめの高さです。

ひざ下を綺麗に見せてくれる5㎝
低すぎず高すぎず、程よい高さで女っぽさを出してくれるのが5㎝ヒール!
特に背の低い人おすすめの高さです。
ミニスカートと合わせれば、とても可愛らしくなります。

女性の脚を最も美しく見せてくれる7㎝
7㎝のヒールは、履いたときにふくらはぎの筋肉が理想の位置に上がるので、脚を一番綺麗に見せてくれると言われているヒールの高さなのです!
気合を入れたい日や、脚を長く見せたい時におすすめの高さですよ♪

こちらは自分の身長に合わせたヒールの高さの目安です。  
 ・ スポーティーに見せたい場合・・・身長÷30-2㎝  
 ・ 上品さを出したい場合・・・身長÷30㎝  
 ・ 大人っぽさを出したい場合・・・身長÷30+2㎝

参考にしてみてくださいね。

 

2.自分の足の形を知る

自分に合う靴を見つけるには、まず自分の足の形を知りましょう!
一般的に、足の形には
エジプト型 ・ ギリシャ型 ・ スクエア型
の3種類があると言われています。

エジプト型

日本人に一番多い形だと言われています。
親指が一番長い形です。今すぐ確認してみましょう!

エジプト型の人は、ラウンドトゥの靴が適しています。
靴の先端が丸くなっている靴です。
逆に、先端が狭まり尖っているポインテッドトゥは、指が痛くなる可能性が高いです。
気を付けましょう。

350 パンプス リボン 足元

 

ギリシャ型

エジプト型の次に日本人に多いのが、ギリシャ型です。
人差し指が一番長く、つま先が三角形のようになっているのがこの形。
ラウンドトゥタイプの靴は不向きです。
ギリシャ型さんに最も合うのは、ポインテッドトゥ

350 赤いハイヒール

 

スクエア型

スクエア型は、足の指の長さがどれもほぼ一緒の形です。
日本人には珍しいこの形ですが、合う靴はもちろんありますよ!
スクエアタイプの靴です!
ラウンドトゥもおすすめです。
試着して、自分に合った靴の形を探ってみてくださいね。

 

3.姿勢を正す

姿勢は、足に大きく影響を及ぼします。
まっすぐ立っていなかったら正しく歩けません。足に大きなリスクをかけることになってしまいます。
悪い姿勢でいると、足の変なところに力や体重がかかり、ケガは増えますし、ヒールを履いているときは尚更危険です!注意しましょうね。
普段、姿勢が悪い人は、変えるのがとても大変かもしれません。
しかし、姿勢を正せば、見た目も美しくなるだけでなく、身体の歪みも治せますよ!
姿勢を変えるには、意識することから。 常に意識して気を付けるようにしましょう!

 

4.ウェッジソール

350 ウェッジソール カラフルな靴 脚

ウェッジソールは、他のヒールよりも断然楽ちんです。
靴の底が全体に覆われ、ガッチリしているので、安定感は抜群です。
足をしっかりとサポートしてくれるので、長時間歩いても、高いヒール靴を履いている時のような痛みがありません!
ヒールで盛りたいけど、痛くなって歩きづらいのが嫌だ!という人におすすめのタイプです♪
ぜひ試してみてくださいね。

 

5.買う前に試着する

350 ハイヒール しゃがむ女性

試着せずに、ヒールを買わないでください!
靴は履いてみなければわからないものがあります。
買って後悔しないように、試着の時点で完全に満足のいくものを買いましょう!

靴の試着時にチェックするポイント

①試着は両足で
足の大きさは左右で違うので、必ず両方の足で試着をしましょう。このとき、大きい方の足に合わ せて購入します。靴が大きいと感じる方には、中敷きやパッドを入れるなどして、調節しましょう。

②靴の中の余裕をチェック
歩くときには、足は靴の中で多少動きます。それなので、靴の中に余裕がなければ、歩きにくく、足を傷めることになってしまいます。そんな靴は、すぐに靴箱の奥の方に追いやられてしまうでしょう・・・。
そこで、確認してください!
靴の中で、足を上下左右に動かします。圧迫されずに、そっと触れているくらいのゆとりがあるのを確認してくださいね。

③店内を歩き回る
一番いいのは、歩いて確かめること。
いつもと同じように歩いて、違和感がないか、傷むところはないか確認しましょう!

 

6.ダンス用の靴を購入する

痛みを避けてヒールを履くためのもう一つの方法は、舞踏用やダンス用の靴を買うことです。
舞踏用・ダンス用の靴は、安定を一番重視して作られているので、普通のヒールとは構造が大きく異なります。
ダンサーがダンスを踊っている間に痛みを感じないように作られているので、とても安心です!
普通のお店で売っているヒールがどうしても合わない!という人は、のぞいてみましょう。

 

7.ヒールを履いて歩くときのワザ

350 ハイヒール 女性たち 足元

ヒールを履くときには、テクニックがあるんです。
もしそれをしていなかったら、本来ならば感じる必要のない痛みまで引き起こしてしまいます。
それなので、正しい歩き方で歩くことが痛みを軽減するのにもとても効果的ですよ。
下の項目をチェックしてみてくださいね。

①頭からお尻まで、まっすぐに正しい姿勢で立つ
②足の裏全体ではなく、つま先から足をつけるようにする
③後ろ足で体重をぐっと押して前に乗る
④前足は、親指側に体重を乗せる
⑤後ろ足のひざをまっすぐ伸ばす
⑥足を前に出すときに、後ろ足と前足のひざ同士をこするようにする

 

8.頭が常に一定の高さになるように

基本的に、ひざを曲げるのは、足を前に出す時だけです。
それ以外の時は、ひざをまっすぐに伸ばします!
歩くときは、視線を常にまっすぐ前に上げて、頭と腰の高さがまっすぐになるように意識してください。
頭が上下していたら、正しく歩けていない証拠なので、頭の位置が固定するように歩きましょうね!

 

おわりに

どうでしたか?
足を綺麗に見せてくれるはずのヒールなのに、痛いと感じてしまったら元も子もないですよね(泣)
履いているだけでなんだか気分が上がってくるヒール。
楽しくヒールを履きこなせるように、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る