一番儲かるフリマサイトはどこ?人気のフリマサイトを徹底検証してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一番儲かるフリマサイトはどこ?人気のフリマサイトを徹底検証してみました!

なにかと今話題のフリマサイト!
ちょっと前まではネットオークションが主流でしたが、オークションよりもすぐ売れる!登録が簡単といった理由でフリマサイトを利用する人が増えています。
ですが実際のところそんな簡単に売れるの?なって思っている人も多いはず。
今回は実際にフリマアプリで商品が売れるのか&人気のフリマアプリの比較など徹底検証してご紹介します。

 

そもそもフリマアプリって何が良いの?

スマホでショッピング

最近はCMでも見かけるフリマアプリ。
ネットでお手軽に物が売れるみたいだけど・・・
実際のところどんなメリットがあるの?と思っている人もいると思います。
どんなところが良いのか?実際にフリマアプリを使っている私の経験を元にまとめてみました。

フリマアプリのメリット

ネットオークションよりも早く売れる

PCを見て喜ぶ女性

ネットオークションは数日かけて商品を売るため時間がかかります。
プレミア商品などであれば数日かけて値段を釣り上げた方がフリマサイトよりも高く売れる場合があります。
ですが今すぐ欲しい!売りたい!といった場合はオークションよりもフリマサイトの方がおすすめです。
商品を公開してわずか数秒で売れることもあるので、すぐにお金が欲しい、探していた商品を数日後には使いたいといった場合は時間をかけずしてゲットすることができるのです。

気軽にやりとりができる

ソファでスマホを見る女性

ネットオークションは基本的に入札→落札してもらって初めて出品者と落札者が連絡をしあいます。
ですがフリマサイトの場合はチャット形式のコメント欄が設置されているので気軽に質問などができるのです。
オークションの場合も質問をするページがありますが、フリマサイトよりは気軽にはできません。
例えば商品の画像がいまいちよくわからない、もっと画像が見たいといった時、オークションの場合は再度出品しなおして画像を変更するか他のサイト(画像を保管しておくサイトなど)のURLを教えて閲覧してもらうしかありません。

ですがフリマサイトの場合は商品ページの画像を途中で変更して公開しなおしたりコメントをくれた人に簡単に説明することが可能なのです。
また、コメントすることで相手がどんな人なのか何となく知ることができます。
オークションの場合はほとんどの人がプロフィール欄の記入がありません。
そのためどんな相手なのかが取引をする時に初めてわかるため、意思疎通が難しい、お金を振り込まないなどのトラブルが発生しやすくなります。
フリマサイトの場合はプロフィール欄の画像や自己紹介を記載している人が多いので相手がどのぐらいの年齢層なのか、どのようなタイプの人なのかを知ることができるのです。

新作商品が安く買える

デート中にスマホを見るカップル

オークションの場合、基本的に古い物やプレミア品を競り合うといったことが多いといった傾向があります。
時々新作などが安く出品されていることがありますが、あまり出回らないために人気が出て競り負けてしまうことが多いのが現状。
フリマサイトの場合は意外にも今季物で新品といった商品が簡単に、しかも定価よりも安く手に入る可能性が高くなります。
新作のスカートを買ってみたけれど似合わなかったから早く売って色違いが買いたい、買ってみたけれど必要なかったといった・・・そういった理由で出品している人達は新しいうちに売ってすぐにお金にしたいと考えています。
オークションの場合は高値がつくこともありますが、基本的にフリマサイトは値下げはあっても値上がりはほとんどないので購入する側も気軽に利用しやすいのです。
お店に行く交通費も浮いてさらに定価よりも安く新品の物が手に入るといったメリットがフリマサイトにはあります。

 

商品を売るための必須条件!

PCを見ながら喜ぶ女性

商品を登録してみたけれど・・・全然売れない!!!

そんな人は必見!
商品を売るために必要な項目をまとめてみました。

商品画像は見やすく想像しやすいものを

悩む女性

商品画像は売るにあたって最も重要!
素敵!かわいい!買いたい!と思ってもらえれば、同時に2点3点売れることも!
ファッション系の商品の場合は実際にモデルさんが着用している画像などを入れることで購入してもらえる確立はかなりアップします。
数年前の物でどこにも参考にしてもらえる画像がない・・・という場合は自然光で撮影するのがポイント。
室内で電気をつけて撮影すると色味が変わってしまったり、加工する時に変な色味になってしまうことがあります。
自然光であれば暗くても明るさを上げるだけで実物に近い写真が撮れます。
また、背景はできるだけシンプルに。
時々商品の周りにゴミが写っていたり、鏡の中にぐちゃぐちゃに置かれた洋服やベッドなどが写りこんでいる人がいます。
こういった生活感が出ているような写真は探していた商品でも購入意欲が急激にダウンしてしまいます。
何も物が飾っていない壁にかけて撮影したり、綺麗にフローリングを拭いてから平置きにして撮影するなど、ひと手間加えるだけでずいぶん写真写りが良くなり売れる確率がアップします。

送料込み&値段交渉OKにする

電卓で計算する女性

オークションの場合、ほとんど送料別ですがフリマサイトの場合は基本的に送料込み
サイト側が送料込みの方が売れるとユーザーに推していることもあってか送料込みが普通になっているところがあります。
また、オークションのように競り合うのではなく一人一人と交渉しながら売るのがフリマサイトの特徴なので値段交渉しますといった旨をプロフィールに記入しておくことも大切です。
8割がた値下げ交渉をされるので、売りたい希望価格よりも500円~1000円程度高めに設定しておくことがおすすめ。
必ずしも値下げしないといけないというルールはありませんが、値段交渉に応じるだけでも購入してくれる確率は上がるので少し余裕を持った価格設定で 出品してください♪

こまめに商品ページを更新する

コーヒーカップを持ちながらスマホを見る女性

オークションのように注目商品として上位にあげられるシステムがフリマサイトにはありません。
そのため、ずっと売れない商品だからって放置し続けるとどんどん埋もれていってしまいます。
何千、何万といった商品が出品されているので、こうなるとなかなか見つけてもらえません。
基本的に新着順で商品が掲載されるので、すぐに売れなくてもページ更新をすることで上位にあげてもらえるのです。
商品名や説明文、画像、値段変更などをこまめにすることで上位に掲載され購入者の目に留まりやすくなります。
実はフリマサイトの場合は更新日が説明文の下に小さく記載され、そこを見ているユーザーは結構いるのです。
更新日が半年~1年以上前になっていると、放置されていてもう販売していないのかも?と思わせてしまうせっかくの購入してもらえるチャンスを逃してしまうことになります。

レスポンスは早めに

スマホを見る女性

コメント欄にメッセージをもらった場合、なるべく早めに返事を書くことがおすすめです。
なぜならよほどほしい商品ではない限り、時間が経つと購入意欲は下がってしまうからです。
普通のショッピングでも早くしないと売り切れてしまうかも?と思ったりすると勢いで購入することがあると思います。
フリマサイトで商品を売るには勢いが絶対不可欠!
相手の購入意欲が高まっている時にやりとりをすることで買ってもらえる確立が上がります。

裏技はもし値段交渉をされた場合は、即決していただけるのであれば値下げOKと言うこと。
今買えば安くなる!早く買わないと!と思ってもらうことで即購入してもらうことができます。

ただ、気を付けたいのが「●●(ユーザー名)専用」にしてくださいという依頼。
暗黙のルールで、基本的にコメント欄でやりとりしている人がいる場合他のユーザーは気を遣って購入を控えます。
ですが時々横取りと言って、突然購入ボタンを押してしまう人がいるのです。
そういったことを避けるために●●専用と商品名に書いてほしいというユーザーが時々います。
ですが専用と書いたところで購入ボタンが押せなくなるわけではありません。
また、専用にしてもらったからしばらく買わなくて良いやと思うユーザーもいます。
フリルの場合は違いますが、専用にしても横取りする人、また専用にしてもらったからしばらく購入しないユーザーがいるのでレスポンスを早めにして即決してもらえるような取引を心がけるのがおすすめです。

 

人気のフリマアプリ比較・検証

PCの前でお金を持ってる女性

人気のフリマサイト4つを比較・検証してみました!

メルカリ

  • ユーザー層     10代~50代 
  • よく売れるもの   日曜雑貨・電気機器・服飾雑貨
  • 売れる価格帯    1000円~10000円台
  • 手数料       あり(商品価格の10%)
  • 値下げ通知     なし

    メリット

    メルカリは登録者数がかなり多いため、とにかく売れるのが早いのが最大のメリット!
    また、ユーザーの年齢層が幅広いので新作から掘り出し物まで幅広く色んな物が安く見つけられます。

    オークションでずっと落札されなかった商品などが、メルカリに登録して数分で購入してもらえることも多々あります。
    また、要らなくなった日用雑貨が意外にも売れることがあります。
    学生や主婦、男性ユーザーが多いため電気機器やインテリア雑貨、洋服や化粧品などの不要となった日用品がよく売れます。

    デメリット

    ユーザー数が多いので、トラブルも多いのがデメリット。
    登録無料で誰でも利用できるので、学生などがふざけて登録、購入ボタンを押すといったこともあるようです。
    コメント欄を荒らしたり横取り(コメント欄で購入希望者が出品者と連絡を取り合っている時に割り込み→購入ボタンを押す行為)などもあります。
    ほとんどの人がルールを守って利用していますが、DQNな(非常識だったり敬語が使えない等)人が多いので上手く取引が出来ずにストレスを感じることも・・・。
    また、値下げ通知がないのが痛いところ。
    少し値下がりしたら購入したいと思っているユーザーにとってお気に入り商品が値下げされた時に通知が来るようになれば売買の効率が更に良くなるのでは?と個人的に思っています。

 

フリル

  • ユーザー層     10代~50代の女性 
  • よく売れるもの   服飾雑貨・インテリア雑貨・日曜雑貨
  • 売れる価格帯    3000円~10000円
  • 手数料       あり(商品価格の10%)
  • 値下げ通知     あり

メリット

2015年の7月末からは男性も利用OKになりましたが、基本的には女性ユーザーが多いフリル。
メルカリに比べると商品の数や種類は劣りますが女性ユーザーが多いためかいたずら購入などのトラブルはほとんどありません。
サイト内も白を基調としたデザインでシンプルかつ綺麗なので商品が見やすいというのもポイント。
また、値下げ通知があるので便利
お気に入りの商品が値下げされると通知がくるので(設定が必要)、欲しい商品の価格変動をいちいちページ確認しなくてもできます。
フリルの最大のメリットは購入ボタンを押してもすぐに購入にならないこと。
購入ボタン=購入申請ボタンとなっており、出品者が承認しないとその商品を買えないようになっているのです。
コメント欄でやりとりをしているユーザーと違う人が突然購入ボタンを押しても許可しなければ購入できません。
出品者に気が付いてもらえないといつまでも購入できないといった不便さはありますが、いたずら購入などの防止にもなるのでかなり良いシステムだと思います。
最近ではカラー別(商品の色)検索ができるようになったので、探している商品がピンポイントで見つかるという嬉しいポイントが追加されました。

デメリット

特別なデメリットはありませんが、メルカリに比べると品数がやや少ない、そしてハイブランド系の商品も多く取り揃えているので値段設定が少し高めです。

フリルは元々女性限定のアプリということもあり、商品がコスメやファッション系に特化しているというところがあります。
そのため、電化製品やゲーム機器などが売りたい&買いたいという人は物足りなさを感じるかも・・・。
ただ、商品の質はメルカリに比べると良いものが多く安心して利用できるので古着などを売りたい場合はフリルの方が個人的にはオススメです。
もう一つのデメリットは、商品名の文字数が20文字までというところ。
他のフリマサイトは40文字~文字数制限なしに比べるとコンパクトに商品名をまとめる必要があります。
ブランド名や用途で検索するにあたってキーワードが絞られてしまうので、見つけてもらう確率が下がるのがマイナスポイントといえます。

ラクマ

  • ユーザー層    20代~50代 
  • よく売れるもの  日曜雑貨・電気機器・服飾雑貨
  • 売れる価格帯   1000円~10000円台
  • 手数料       なし
  • 値下げ通知       なし

メリット

ラクマ最大のメリットは手数料がゼロであること!
メルカリやフリルは商品の10%が手数料で差し引かれます。
つまり3000円の物を売ると300円差し引かれるため、利益は2700円になります。
さらに送料込みである場合はそこから送料を差し引くと2000円程度の売り上げにしかなりません。
その点ラクマは手数料ゼロなので、送料分を差し引いた額がそのまま売上金として受け取れることができるのです。
金額が大きくなるにつれ手数料が増えるメルカリやフリルと違い、ラクマは高額商品が売れても手数料が引かれないので損している気分になりません。

デメリット

メルカリやフリルに比べるとユーザー数が圧倒的に少ないのがメリットです。
CMが放送され始めたのでこれから増えることが期待できますが、今のところあまりユーザーがいないので中々売れない&欲しい商品が見つからないというのが現状です。

また、人に寄ってはメリットかもしれませんが、ラクマには商品の発送方法の中に「手渡し」というものがあります。
発送先が近かった場合などに手渡しするという方法があるようですが、トラブルの元になることもあるので注意が必要です。
良い例としては、私の知人男性でフリマサイトで商品を購入してくれた人が家が近かったため届けに行ったところ、意気投合し今も友人関係を築いているというパターンがあります。
ただ、悪い例としてはストーカーのようにその後しつこく付きまとわれたという話も・・・。
男性の場合は仲良くなれる可能性もありますが、女性の場合はあまり手渡しで商品を渡すということはおすすめできません。

ZOZOフリマ

  • ユーザー層     10代~40代
  • よく売れるもの   服飾雑貨・インテリア雑貨
  • 売れる価格帯    2000円~8000円台
  • 手数料       キャンペーン中なし(※現金に換金する場合250円)
  • 値下げ通知     あり

メリット

ZOZOフリマの場合、商品の画像をわざわざ自分で探さなくてもZOZOタウンで販売している商品の場合はそこから画像を引っ張ってきて商品ページに載せることができます。
モデルさんの顔などを載せても著作権の侵害などのトラブルにならず、商品のイメージがしやすいのがメリットです。
また、売り上げはZOZOタウンで使えるポイントとして換算されます。
もし現金に換えたい場合は手数料の250円だけ支払えばいくら売上金が増えても手数料は取られません。
しかも振り込み申請からの振り込みが2~3日とスピーディ!!
他のフリマサイトは申請した日付によって振り込みの日が決まっています。
最低でも1週間程度申請からかかるので、すぐにお金がほしい!という人にはZOZOフリマがおすすめです。
フリルと同じくカラー別検索ができるのも◎。
同じデザインの違う色が欲しいという時に便利です。

デメリット

ZOZOタウンのフリマサイトであるため、取り扱い商品は基本的に服飾雑貨になります。
洋服を主に売りたい&買いたいという場合は◎ですが、日用雑貨も見たいという人には物足りないかもしれません。
また、キーワード検索&下書き保存ができないのがネックなところ。
商品を探す時はブランドやカテゴリなどから検索しなければならないので、ちょっと面倒。
カテゴリも簡易的なので細かくは絞ることができません。
そして最大のデメリットが下書き保存ができないこと!
出品したけれど、やっぱり売りたくない、他のフリマサイトで売れそうor人に譲るかもしれないといった時に、他の3サイトでは出品を一時停止するといったボタンがあります。
一時停止すると公開再開ボタンを押さないかぎりは下書き保存されますが、ZOZOフリマの場合は編集or削除ボタンしかないため一時的に出品を停止することができないのです。
タイトルに「一時停止中」と記載するか値段をでたらめな数にするしか方法はないのがマイナスポイントといえます。

4サイトの中ではメルカリが一番儲かるけど・・・

お金を持って笑う女性

実際に使ってみて、やはりメルカリが一番儲かるフリマサイトだと思います。
ユーザー数が多く扱っている商品も豊富なので、良い商品はぽんぽん売れます。
ただ、トラブルが1番多いのもメルカリといえます。
私の場合ですが、コメント欄に「値下げしろ!●●円なら買ってやる!」といった命令口調のメッセージを書かれたり、購入申請されてから一向に支払いしてくれずにキャンセルとなったということがありました。。。
そういった非常識な人が稀にいますが、基本的には敬語でコメントするユーザーが多く、スムーズに取引ができます。
時々、「●●円に値下げして●●(←ユーザーネーム)専用と商品名に書いてください!」といったものや、ギャル文字などで読みづらい(例:こんにちわ→こωにちゎ☆彡 など)メッセージを送ってくる人もいるので、トラブルになりそうと思うユーザーには返事を書かない、売らないを徹底して損はないと思います。
メルカリが運営してくれているとはいえ個人的な金銭のやりとりなので、上手く意思疎通できないと判断した場合はやりとりしないのもトラブルを避ける一つの方法です。
それだけ気をつければメルカリはお小遣い稼ぎにはもってこいのフリマサイトといえます。
最近は他のフリマサイトも力をつけてきているので、自分のニーズに合ったフリマサイトを利用することがオススメです。

 

おわりに

いかがでしたか?
お金が発生することなのでトラブルになると大変ですが、それさえ気を付ければどこにいても商品を登録するだけで必要なくなった物を高値で売れるといったメリットがフリマサイトにはあります。
必要ないけれど捨てるにはもったいないかも・・・といったものは家の中を探してみると結構埋もれているものです。
この記事がこれからフリマサイトに登録しようと思っている人、現在登録中でもイマイチ売れないと悩んでいる人の力になれれば幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事











ページ上部へ戻る