それって隠れ冷え症?体質改善でもう悩まない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
それって隠れ冷え症?体質改善でもう悩まない!

春の日差しも日に日に強まり、もう夏の訪れがすぐそこに感じられる季節になりましたね。
気候が良くなり、厚手の上着やブーツはまた寒くなるまでクローゼットで一旦お休み、ノースリーブやサンダルなど、肌を出せるファッションアイテムが活躍する気候になって来ました。
筆者も冬物より、色がパステルなどの明るめで、軽い素材のスタイルの方が着るのも、選ぶのも楽しくなります。

しかし温かくなってくると薄着や冷房の効いた部屋にいる時間が増える為、身体を冷やさない様に注意が必要です。
女性の多くが抱えている冷え症。
冷え症の方でも、気候が暖かくなると冷えがあまり気にならなくなる人が多いと思います。
しかし、これは冷えが直っているわけではないのです。
気候の良い春や夏場は自身の身体が冷えている事に、冬より気付きにくいのです。
夏が終わったらやってくる次の冬へ向けて、今から冷えない身体へ体質改善していきませんか。

 

女性の冷えの原因

肩こり/女性
冷えの原因となる事は幾つかありますが、女性に冷え症が多い理由としてまず挙げられる事は、筋肉量が少ない事です。
身体の熱の多くは筋肉によって作られ、血管を通して血液によって全身へ運ばれます。
そして、一般的に女性は男性よりも脂肪が多いのですが、その脂肪には血管が通っていません。
その為、熱が運ばれず冷えやすいのです。

また、自律神経や女性ホルモンの乱れによっても冷えは起こり易くなります。
ストレスを感じる事が多かったり、不規則な生活、寝不足などが続くと体温を調整する命令を出す自律神経が上手く機能しなくなったり、女性ホルモンの分泌が乱れ、血液の循環に影響を与えるのです。

そして近年、手足の冷えは感じないけれど、内臓が冷えている隠れ冷え症、別名内臓型冷え症の人が増えています。
内臓の温度は37~38度が理想と言われていますが、この温度を保つには体温が36.5度程度必要と言われています。
平熱が36.0度以下の人はもしかしたら内臓型冷え症の可能性があります。

 

隠れ冷え症 症状チェック

350 チェック
下記の症状が幾つか当てはまる人は隠れ冷え症の可能性があるかも!

  • 顔色がいつも優れない
  • 胃調の調子が良くない
  • 下腹部の温度が脇より低い
  • 元気が出ない、寝付きが悪い
  • 脚がむくみやすい
  • 運動不足

 

すぐに始められる冷え体質改善ポイント

それでは、冷え症と隠れ冷え症にもう悩まない為にはどうしたら良いのでしょうか。
冷やさない事は勿論ですが、だからと言って暖房やカイロなどの温めグッズに頼っていては寒さや冷えからの一時凌ぎにすぎず、その状態の身体とずっと付き合っていく事になります。
その為、あなた自身の体質を変える必要があります。
体質は必ず変える事ができます。それでは、すぐに始められる体質改善ポイントをご紹介していきます。

うつぶせに寝る女性
まず、今のご自身のライフスタイルを見直してみて下さい。
不規則な生活になっていませんか。
十分な睡眠と休養は取れていますか。
十分な睡眠や休養が取れていないと、自律神経が乱れ、正常な指令を身体に送る事ができなくなります。1日6~8時間の睡眠時間、できれば日付が変わる頃には眠りに入れるととても良いです。

350 食べ物
続いては口にする物について。
甘い物、脂っぽい物、アルコール、タバコ。
これらはなるべく控えたい物ですね。
ゼロにする事が難しければ、なるべく量を控えること。
そして食事には良質のたんぱく質(鶏肉、卵、納豆)を適量、アーモンドやアボカドなどのビタミンEの豊富な食材を日々摂取する事をお勧めします。

350 ランニング 女性 運動 ダイエット
3つ目に身体を動かす習慣を作る事です。
手軽に行えるのはウォーキングですね。
ウォーキングによって脚の筋肉を動かすと、下半身の静脈の流れが良くなり心臓へ血液が戻り易くなります。
これにより血流が改善され、代謝が促進されて、体温も上がります。
下半身は熱を作りだす筋肉が多くある場所なので、ふくらはぎや太ももの筋肉を鍛えるようなトレーニングを加えられると更に効果が高まります。

漢方薬のダイエット効果
そして最後に、身体を温める作用のある漢方を取り入れてあげるのも手軽に体質改善できる方法です。
血液の循環を高め、身体を温める作用のある漢方として、ジンジャー、ヨモギ、シナモンが挙げられます。
お茶として飲むのが1番お手軽ですので、単体で飲んでも、幾つかをブレンドしても美味しいと思います。

生姜茶 Ginger tea
ジンジャーとシナモンを紅茶で割ったり、コーン茶やプーアール茶と混ぜても美味しくいただけます。
漢方は冷えのみでなく、美容にも嬉しい効果があるので、ぜひ取り入れたい物ですね。
最近は漢方専門展以外にも、ナチュラル系のスーパーなどでも漢方を見かけるようになったので、手軽に生活に取り入れられるようになりました。

いかがでしたでしょうか。“体質を変える”と聞くと、とても大変な事のように聞こえますが、意外と日々の習慣を少し変えるだけでも身体は変わっていきます。
現代人は仕事で忙しく、そこまで時間と気持ちの余裕がないという方には少しだけ意識を変えてもらう必要はありますが、身体が変わった時には必ずやってみて良かったと思えるはずです。

末端冷え性さんにオススメ!シュワシュワ炭酸泉で冷えない女になろう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ruka

著者の記事一覧

初めまして、エステティシャン兼美容ライターとして活動するRukaです。
お餅が好きすぎて、年中餅を食べています。
海外生活を通して、オーガニックやナチュラルなライフスタイルに影響を受け、アロマやハーブなどにも興味を持ちました。
現在もアロマテラピーのお勉強進行中です。
Lierでは女性が健康で美しく、楽しく生活できるような情報を発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る