腸内フローラダイエットで痩せやすい身体を作る方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
350 お腹

「ダイエットを頑張っていてもなかなか効果が出ない・・・」なんて悩んでいる方、もしかして腸内フローラが整っていないのかもしれません。
目に見えない部分なので意識しにくいですが、ダイエットと腸は密接な関係にあるのです。
「腸内フローラダイエット」のやり方と、その効果をご紹介します!

 

腸内フローラとは

私達の腸内には、100種類以上、約100兆個の腸内細菌が住みついています。
その菌は回腸から大腸にかけて、まるでお花畑のように密集し生息しています。
そのお花畑のような様子を「腸内フローラ」と言います。

健康な人は腸内フローラが一定のバランスに保たれています。
ですが、ちょっとした日常生活の乱れで、腸内フローラのバランスは簡単に崩れてしまいます。
腸内フローラの環境が崩れるとどういったことが起こるのでしょうか・・・。

腸内フローラの崩れで引き起こされること

● 便秘、下痢

● 肌荒れ

● 老化の進行

● 口臭や体臭の悪化

● 花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー疾患

● 癌などの生活習慣病

● うつ病などの心の病

などの症状が引き起こされたり、悪化したりします。
美容や健康に悪影響のことばかりですね・・・。

理想的な腸内フローラの状態

では、腸内フローラをどのような状態に保てばいいのでしょうか。

腸内細菌は「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類に分けることが出来ます。
この3種の菌を、「善玉菌2割 : 悪玉菌1割 : 日和見菌7割」というバランスで保つこと理想的とされています。

聞き慣れない「日和見菌」ですが、これは「善玉菌にも悪玉菌にもなりえる菌」です。
その時の腸内環境が、善玉と悪玉のどちらに傾いているかによって変化します。
つまり、腸内に悪玉菌が多いと、日和見菌も悪玉菌になってしまうのです。
なので常に善玉菌を増やして、悪玉菌を善玉菌より多くしないとこが、キレイな腸内フローラを保つ一番のポイントです。

「善玉菌」と「悪玉菌」、それぞれの腸内フローラの違い

「善玉菌優勢」の腸内フローラと、「悪玉菌優勢」の腸内フローラのそれぞれの特徴をご紹介します。

【善玉菌優勢時】

●腸内の働きがスムーズ

●血流がよくなる

●細胞が活性化

●脂肪分解習慣ができる

●ホルモンバランス、自律神経を整える

【悪玉菌優勢時】

●腸内の働きが低下

●血流の悪化

●相廃物が溜まる

●有害物質を作る

●ホルモンバランス、自律神経の乱れ

善玉菌優勢の腸内フローラは腸内の動きが活発で、快便になり脂肪が溜まり難い痩せやすい身体になるのにくらべ、悪玉菌優勢の腸内フローラは、腸の動きが低下し、太りやすい身体になります。
さらにこれだけではなく、「痩せやすさと太りやすさ」に大きく関わる菌が、腸内細菌の研究より明らかになりました!

太ってしまうのは腸内フローラが原因!?痩せている人との違いとは・・・

たいして食べていないのに太ってしまう人、逆に大食いなのに痩せている人など、ちょっと納得しがたい現象ってありますよね。
不思議だなぁと思っている方も多いと思いますが、実は腸内フローラの環境が大きく関わっていることが研究によって明らかになっているのです。

マウスを使った実験で驚くべき結果が・・・!

腸内細菌の研究でマウス実験が行われました。

実験内容は、無菌状態の同じマウスを2つのグループに分けます。一方には「太っている人間の腸内細菌」を、もう一方には「痩せている人間の腸内細菌」を移植しました。
その結果、「太っている人間の腸内細菌」を移植したマウスは、脂肪量が増えてどんどん太って いったのです!
「痩せている人間の腸内細菌」のマウスは脂肪量、体系に変化はありませんでした。
もちろん2つのグループのエサの量や運動量は変えていません。
この実験は何度も何度も繰り返されましたが、何度行っても同じ結果となりました。

この実験から見えてくるのは、同じ量を食べて、同じだけ運動をしても、腸内細菌によって太りやすさが変わるという事実です!

腸内細菌には「デブ菌」と「ヤセ菌」があった

この違いの根本を探るため実験で使われた「太っている人の腸内細菌」を調べると、「バクテロイデス」類の菌が少ないことが分かりました。そして「ファーミキューテス」類の菌が多いかったのです。

その後様々な検証で、どうやらこの2種の菌の量により、太りやすい人、痩せやすい人の差がでることが分かったのです。
そのことから、「バクテロイデス=ヤセ菌」、「ファーミキューテス=デブ菌」と言われるようになりました。

「デブ菌」を減らし、「ヤセ菌」を増やすには?

デブ菌は、悪玉菌優勢の腸内環境だと生産されやすく逆にヤセ菌は、善玉菌優勢の腸内環境だと生産されやすいのです
つまり、上記したような「理想的な腸内フローラ」に整えることで、改善されていきます。

腸内フローラを整える方法

腸内フローラは食事や生活習慣などで地道に整えていくしかありません。
そんな中役立つのが、効率よく乳酸菌やビフィズス菌の取れる健康食品やサプリ、ヨーグルトなどです。
腸内フローラダイエットに、特にオススメの商品をご紹介します。

①美のフローラゼリー

HOSENDO 美のフローラゼリー

HOSENDO 美のフローラゼリー

内容量 1箱30本入り
通常価格 1箱 4500円(税抜)
初回特別価格 1箱 2250円(税抜)
2回目以降15%オフ 1箱 3825円(税抜)

スティックゼリー型の健康食品です。
腸内環境を整えるのに、乳酸菌の中でも特に効果的なフェカリス菌(FK-23)を使用しています。
スティック一本にヨーグルト10ℓ分の乳酸菌が入っていて、とても効率的です。
味はヨーグルト味で美味しく食べることが出来ます。
1本あたり、2.9カロリーtと低カロリーで、空腹時であっても乳酸菌が死滅することがなく、むしろ空腹時に食べた方が効果的なので、ダイエット中の方も安心して取り入れられますね♪

②森永ビースリー

森永乳業 森永ビースリー

森永乳業 森永ビースリー

内容量 30カプセル
通常価格 4000円(税抜)
定期価格 3600円(税抜)

③ナチュレ恵

雪印メグミルク ナチュレ恵

雪印メグミルク ナチュレ恵

内容量 400g
希望小売価格 240円

ガゼリ菌とビフィズス菌SP株が入った「トクホ」のヨーグルトです。
ガゼリ菌は酸に強く、空腹時に食べても死滅しません!
脂肪0なので、ダイエット中も安心です。
プレーンヨーグルトなので甘みを足す際は、オリゴ糖を使うとより効果的です。
食物繊維が豊富なバナナなどのフルーツを混ぜて食べるのもオススメ♪

紹介したような商品をダイエットにプラスすると、腸内フローラが整い痩せやすい身体になっていくので、ダイエット効果がより表れます♪
ただし、ヨーグルトの場合、一日300gくらい摂らないと、腸内フローラ改善への効果が薄いので、毎日継続するのが困難な方もいるでしょう。
そんな時はやっぱり健康食品やサプリが効率的でオススメです。

また、継続することも大事です。
善玉菌優勢の腸内フローラだと、栄養成分を分解する力が強まり、サプリなどの栄養素も吸収されやすくなります。つまり、腸が整っている状態で摂取すると、より効果的ということです。 また、痩せたからといって乱れた食生活戻ってしまうと、腸内フローラもまた悪い環境に戻ってしまいます。
ダイエットが成功しても、「腸内フローラは大丈夫かな?」と常に気を配ってあげると、リバウンドなども防げるでしょう。

腸内フローラダイエット、より効果的なやり方

上記したような商品を取り入れつつ、プチ断食をすると、ダイエットにより効果を表します。 腸内の動きを一度休ませると、フローラ環境が整いやすくなり、痩せやすい身体作りへの近道となります。

また、腸が疲れていると身体も疲れを感じ、休ませてあげると身体も楽になります。
身体が疲れている時休息するのと同じように、腸にも休息を与えてあげましょう。
「毎日3食、決まった時間に食べるのが健康的」とされていますが、最近の研究では毎日3食は食べ過ぎだという説もあります。

断食と言っても大げさなものでなくていいんです。
例えば、毎日3食食べているのを週に何回か2食の日を作るとか、休みの日は1食で我慢するなど、ちょっとした断食で腸の負担を減らせます。

腸のリズムは以下のようになっています。

正午~午後8時 → 「消化」

午後8時~午前4時 → 「吸収」

午前4時~正午 → 「排泄」

食べる時間は「消化」の時間帯の正午~午後8時までが理想的です。
なので、朝ごはんを抜いてみたり、夜遅い日は夜ごはんを抜く、など、是非プチ断食の参考にしてみてください。

まとめ

ダイエットと腸内フローラは密接に関わっていることが分かりました。
腸内フローラが整っていないと、いくらダイエットを頑張ってもあまり効果が出ないなんて、残酷です・・・。腸内フローラのことを知らないで続けていたら、そのうち嫌になっちゃいますよね。
どうせやるなら痩せやすい身体で、効果的に楽しくダイエットをしましょう!

編集部おすすめ!!

HOSENDO 美のフローラゼリー

内容量 1箱30本入り
通常価格 1箱 4500円(税抜)
初回特別価格 1箱 2250円(税抜)
2回目以降15%オフ 1箱 3825円(税抜)

スティックゼリー型の健康食品です。
腸内環境を整えるのに、乳酸菌の中でも特に効果的なフェカリス菌(FK-23)を使用しています。
スティック一本にヨーグルト10ℓ分の乳酸菌が入っていて、とても効率的です。
味はヨーグルト味で美味しく食べることが出来ます。
1本あたり、2.9カロリーtと低カロリーで、空腹時であっても乳酸菌が死滅することがなく、むしろ空腹時に食べた方が効果的なので、ダイエット中の方も安心して取り入れられますね♪

こちらの記事もおすすめ

350 女性のお腹腸内フローラ改善への近道!食べ物、サプリの選び方のポイントとは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事



ページ上部へ戻る