それ、引かれてるかも?オシャレでも実は男性受けの悪いファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
それ、引かれてるかも?オシャレでも実は男性受けの悪いファッション

新しいヘアスタイルに挑戦したり、ちょっと洋服の系統を変えてみようかな?と思うこと女性にはあると思います。
自分では良いと思っても、やっぱり多少は周囲の意見が気になるもの。
特に彼氏募集中だったりすると、男性の意見は結構重要となってきたりもします。
今回は、同性受けは良くても男性受けが悪かったり、トレンドなのに男性からするとNG!と思われてしまうようなファッションをご紹介したいと思います。

 

男は見ていないようで実は見てる!

虫眼鏡を持つ子供
男の人って鈍感だから、ヘアスタイルを変えたり洋服の系統が変わってもあんまり気にしてないんじゃない?なんて思う人も多いはず。
ですが、男性って口に出さないだけで意外とチェックしているものなんです!
ただし、男性と女性が見ているポイントは全くといって良いほど違います。
ほとんどの男性は女性のファッションにさほど詳しくないため、「トレンドを意識した洋服を着ていておしゃれだなー!」なんてことは思いません。

男性が見ているのはもっと単純で、単純だからこそ鋭くチェックしていることもあるのです。
たとえばネイルの一部が剥げていたりすると、「なんであの指だけ汚いのかな?」なんて思っていたり、マスカラがダマになっていたりすると「まつ毛の上にゴミみたいについているの何だろう?メイク失敗したのかな?」なんて風に不自然なところに目がいくことが多いようです。
男性が見ているのは不自然だな、似合っていないなと思う点であるため、その人に似合っているスタイルであれば何も言わない男性はたくさんいます。
もしヘアスタイルやファッションを変えて、似合っていると言われたら完全に脈ありですが、何も言われなかったとしても十分脈ありの可能性あり!
ただ、気になるけれど傷つけてしまうかもしれないから何も言えないという場合もあるのでそこは男性の態度などから読み取る必要があります。
何も言わないってことは似合ってるの?似合っていないの?どっち?とはっきりさせたい場合は、ストレートに聞いてしまうのも手です。
基本的に男性は子供のような心を誰しも持っているので、正直に言って?と言われればどう思っているかはすぐにわかるでしょう。

 

男性受けの悪いファッションとは?

同性受けが良くても、実は男性からすると「なにそれ?似合ってないよ。」と心の底では思っているようなファッションが実は存在します。
もし当てはまるファッションをしていると、男性から恋愛対象外の女性として見られている場合があるのでチェックしてみてください。

ヘアスタイル編

アフロヘアの横顔の女性

ベリーショート

男性は自分にないものを本能的に女性に求めているといえます。
ベリーショートヘアが絶対にダメというわけではありません
ですが、ほとんどの男性がショートヘアなので、「ベリーショートは男っぽい、女性としての魅力を感じられない。」といった意見が多く恋愛対象外として見られてしまうことが多い様子。
女性からはクールでカッコイイ!ショートヘアが似合うのは美人の証!!などともてはやされるショートヘアですが、男性からすると「美人ならセミロングだって似合うはず。髪の毛が長い方が女性らしくて良い」という意見が多くあまり好評とは言えないようです。

ポンパドール

簡単にまとめられて、しかも小顔効果もあるポンパドールヘア。
前髪をくるっとまとめるだけでボリューム感が出てオシャレに見えるため、女性受けは上々。
ですが、ポンパドールヘアは意味不明と思っている男性多数!!!
どうやらトップにボリュームを持たせることでリーゼントのように見えて、ポンパドール=ヤンキーみたいなイメージを持っているようなのです。
おでこが出るので顔がよく見えるといった点では好評のようですが、きつく見える、怖い、(ポンパドールの部分が)頭に何か乗っかっているみたいと辛口コメントが多く悪評・・・。
女子会などの時はOKかもしれませんが、男性がいる場所でポンパドールヘアにしてきめていくのはあまりおすすめできません。

巻き髪

巻き髪といっても、ゆるふわ巻きは男性からも女性からも受けがかなり良いといえます。
問題はがっちりくるくるに巻いた巻き髪
ホステスみたい、巻きすぎは何だか下品!とこれまたきつい酷評・・・。
男性は夢見がちな生き物なので、好きな女性にはいつまでも清楚で上品でいてほしいという幻想を抱いています。
そのため、水商売をしている女性達のヘアスタイルは好きな人にはしてほしくないのです。
学生時代にも、スカートめくりをするくせに好きな子や付き合った女の子のスカートは絶対めくらない、むしろ他の男子に見せないように怒り出すような子っていませんでしたか?
まさにそれと同じで、キャバクラのお姉ちゃんは好きだけど実際恋人になったらぐるぐるの巻き髪もミニスカもけしからん!!といった心理なのです。

触覚つき前髪

こちらは賛否両論ですが、好きじゃないといった意見の方がやや多いといえます。
触覚つき前髪とは、アイドル達の定番ヘアで前髪の左右を長く伸ばし垂らしている前髪のことです。
もみあげのようにも見える触覚前髪ですが、この触覚部分があることでエラ隠しになり小顔効果があるといえます。
顔の大きさの気になる女性は、結構このヘアスタイルをしていますが男性からはちょっと微妙・・・という意見が多数。
前髪なの?後ろ髪なの?はっきりしてほしい!!
食事をする時に触覚部分に食べ物が付きそう。
若い子はOKだけどアラサー以上がしているのは何だかだらしなく見える・・・などなど。

長めの前髪を流しているようなヘアスタイルはOKのようですが、あきらかに左右の前髪が束になって伸びているのは男性からはNGのようです。

メイク編

大振りのイヤリングをつけた女性

平行&困り眉

トレンドの平行眉と困り眉、どちらも女性受けは◎ですが男性からすると「何が良いの?」ということになるようです。
理由はやっぱり単純で、「不自然だから」といえます。
平行眉は太すぎ、困り眉は常に困っているみたいで変!と感じる男性が多いようです。
もちろん元々太まゆ、困り眉の人はOKですが、わざわざアイブロウを書き足したり眉毛を剃ってまでトレンド眉にすることが男性は理解できないといえます。

ディファインのコンタクト

オシャレ女子はほとんどの人がつけているディファインのコンタクトレンズ。
手軽にデカ目になれるので常時つけている女子も多いはず。
ですがやりすぎたディファインは男性受けが最悪!
宇宙人みたい、気持ち悪い、裸眼との差がすごそう・・・とデカ目すぎるのはNGと思っている男性が多数。
やりすぎのディファインコンタクトは同性から見てもあまり魅力的とは思えないので、裸眼より2~5ミリ程度大きくなるディファインコンタクトを使うのがおすすめです。

リキッドライナー

すっぴんはNGなのに、がっつりメイクもちょっと・・・と思っているワガママ男子は多数存在します。
その中でも、リキッドアイライナーはいかにも「アイライン引いています!」といった雰囲気が出るため男性からは不評の様子・・・。
トレンドのキャットライン(目尻の部分を上にはね上げて書く)も男性受け×。
きっと上がった目元が怖そう、きつい性格に見えるとマイナスイメージが多いのです。
アイライナーは引いていても良いけれど、あくまでナチュラルメイクが良いというのが男性の本音の様です。

グロス

くちびるの保湿にもなるグロスは、リップメイクの仕上げに使う女性も多いと思います。
リップの発色も良くなるし、くちびるケアもできて最高のアイテムといえますが、こちらも男性からは不評・・・。
理由は、風が吹いてきた時に髪の毛などについて汚い、食事の時にベタっとグラスなどにグロスがついているのが苦手、くちびるがベタベタしているとキスする気持ちが失せる・・・などといったことから。
特に「キスしたいけれど、躊躇する」という男性は多く、勝負デートだからといってテカテカグロスで行くとせっかくのキスチャンスを逃している可能性大!!!
かさかさくちびるもNGですが、さりげなくくちびるをぷっくりと見せてくれるグロスを付けることがおすすめです。

赤い口紅

グロスと同じく男性受けが悪いのが真っ赤な口紅。
アイメイクなどを薄めにして、赤いリップを強調したメイクなどはすごくオシャレで憧れますが魅力的と思っているのはどうやら女性だけの様子・・・。
男性からすると赤い口紅はおばさんみたいといった意見が多数!!!
おばちゃんが頑張って若作りする時の口紅=赤い口紅だと思っている男性も多く、オシャレとは程遠いイメージを持たれてしまっている可能性があります。
また、子供の頃に流行った口裂け女=赤いくちびるといったホラーイメージを持っている男性もいるため魅力的どころか怖いといった先入観を持たれてしまうことも。
初対面から変な偏見を持たれないためにも、男性の前ではピンクベージュなどの自然のくちびるに近いリップ、女子会などの時は赤いリップや自分の好きなカラーのリップにするというように使い分けすることが大切です。

ネイル編

ネイルアートをした手

寒色系のネイル

ブルーやグレーといったカラーは、男性からするとかなりの違和感を覚えるネイルのようです。
爪なのになんで青いの?といった素朴な疑問から、何だか血色が悪い、病的といったイメージを持ってしまうといえます。
男性の思考は単純なので、爪=ピンクや白といった考えが強く、それ以外のカラーは変!と思う人が多い様子。
トレンドのグレーやベージュ、夏ネイルの定番のキャンディカラーなども男性からは不評といえるでしょう。

ラメやストーンが散りばめられているネイル

いくらネイルカラーがピンクやベージュであったとしても、ゴテゴテとしたネイルはNG!
特にストーンなど立体的なネイルはちょっと・・・という男性が多め。
料理しなそう、ストーンが食事に入ったりしないのか心配、手をつなぐ時にゴツゴツあたらないか心配・・・などといったマイナスコメントが多く見られました。
特に家事をしていなそう、料理しなそうといったイメージが強く、恋人としてはOKだけど結婚相手となるとNGという衝撃的な意見も!
さりげないラメやワンポイントとして小指だけにストーンをつけるなどのネイルはOKでも、全体にゴテゴテしたネイルは見栄えもイメージも悪いというのが男性の考えのようです。

キャラクターなどが描かれているネイル

動物やアニメなどのキャラクターが描かれているネイルは話題にもなるし、友達と盛り上がる話のネタとしては抜群に受けが良いといえます。
ただ、綺麗かと言ったら確かに?ですよね。
もしキャラクターネイルをカワイイと褒めてくれる男性がいたのであれば、それは動物や子供を見てカワイイと言っているのと同じ感覚ということ。
恋愛対象から外れている可能性が高いので、その男性とは友人止まりで終わってしまうことでしょう。
気になる男性がファッションや美容関係でない限り、キャラクターネイルはあまりおすすめできません。

ファッション編

身だしなみを鏡で整える女性

幾何学模様

アラサーにもなってくると、フリフリとした洋服から幾何学模様やモノトーン系のファッションにシフトチェンジする人もいると思います。

年相応のファッションがしたい、ちょっと大人の良い女っぽいコーディネートを楽しみたいと思うと幾何学模様やストライプといったクールな印象の柄物をついつい選びがちになりますよね。
ただ、男性からすると幾何学模様はおばちゃんファッションのように見える様子・・・。
目がチカチカする、何の模様かよくわからない、アニマルプリント柄を着ているおばちゃんと同じに見える・・・など悲しい意見が多数ありました。
同性からはカッコイイ女のファッションと好評でも、男性からすると「なんであんな柄の服着ているんだろう?」と思われていることがあるので注意が必要です。

花柄

ものすごく意外なことに、花柄は男性受けがあまり良くないという衝撃的な事実が判明!!!
花柄ってものすごく女性らしいファッションなんじゃないの???なんて混乱してもおかしくはない情報ですよね。
ですがこの情報はどうやら本当のようです。
ずっと言い続けていますが、男性はシンプルナチュラルが大好き
そのため、全体に花柄があしらわれている洋服=ごちゃごちゃしている=シンプルじゃないということになり、不評なのです。
別に花柄が嫌いという訳でもなく、ただごちゃごちゃして見えるから苦手といえます。

以前、出かける時に花柄のワンピースとオフホワイトのセットアップで悩んでいたのですが、夫に「どちらが良い?」と聞いたところ、「白い方!」と即答されたことがあります。
私としては花柄のワンピースが良かったのですが、「白い服の方が清楚に見えるから!」と頑なに意見を変えないのが衝撃的でした。
花柄はカワイイし女性にも男性にも受けが良いと思っているのは、どうやら女性のみのようです・・・。

総レース

こちらも意外や意外!!!
レースって女性だけの特権でしょ?自分にないものを求める男性からしたら最高に女性らしさをアピールできるものじゃないの???
なんて叫びたくなってしまうような事実。。。
なぜレースが不評なのか調べてみると、下着みたいだから、安っぽい素材だとダサいからという意見がありました。
男性は単純で純粋な生き物ですから、レースやシースルーというと何だかセクシーなイメージを持ってしまうようです。
そのため、総レースのワンピースなどを見るとちょっと下品な服と思ってしまう男性もいるとか・・・。
また、安っぽい素材のレースはNGという意見も衝撃的!
男性にレースの良し悪しなんてわかるの??と失礼ながら思ってしまいますが、最近はおしゃれにこだわりを持っている男性が多く、目が肥えてきているのです。
高級なレースがあしらわれている洋服の場合はOKだけれど安っぽい化繊のようなレースはちょっと・・・という男性が増えているのだとか。
高級ファッションをする必要はありませんが、明らかに安物とわかってしまうような洋服は意外と男性から不評といえるので注意しましょう。

 

おわりに

色々と男性受けの悪いファッションを調べていて気付いたこと・・・それは男性はシンプルが好き!ということでした。
女性が考えているよりも、男性はシンプルで品のあるファッションであればOK!ということがわかりちょっと複雑な気分・・・。
もちろん、男性を意識したファッションばかりする必要はありませんがデートや合コンなど、男性がいる席ではいつもよりナチュラルに、はっきり言ってしまえば地味目なファッションでいると案外うまくいくのかもしれません。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。

関連記事



ページ上部へ戻る