陶板浴へ行ったみた!体験レポート☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
陶板浴へ行ったみた!体験レポート☆

かつて大ブームを巻き起こした岩盤浴は、知っている人は多いものの、陶板浴はまだ認識のない方も多いのではないでしょうか?

陶板浴とは特殊な「抗酸化溶液」を練りこんだ特殊な陶板が敷き詰められた床。
そして壁、天井も、特殊な抗酸化溶液を練りこんだ珪藻土を使い、抗酸化工法で施工されています。
まさに空間そのものが抗酸化ルーム!

抗酸化陶板浴 アース・メイト - ホーム
写真:抗酸化陶板浴 アース・メイト

 

☆珪藻土って?☆

最近何かと良く耳にする珪藻土。
アレルギーをお持ちのお子さまのご家庭では、注目されています。
珪藻土は植物性プランクトンが化石化したもの。
昔から、七輪、コンロ、レンガなどに使われていました。
今、部屋の壁材などとして注目されているのは、吸、放湿性能が高いので、カビやダニの発生抑制する効果や、消臭効果が期待出来きます。
その他、自浄効果(自分でキレイにできる)、耐火効果、省エネ効果、遠赤外線効果などがあるようです。

 

☆陶板浴で期待出来る効果とは?☆

キレイな肌の女性
抗酸化空間では還元が期待できます。
アレルギーが原因とされる症状や自律神経の改善に効果、効能が期待出来ます。
その為、その人本人が本来もっている自然治癒力が、発揮されるきっかけを作ることが出来ます。
アンチエイジングにも効果的ですね^^

  • 疲労回復
  • 腰痛、肩こりの軽減
  • シミ、しわの改善→お肌の若返り
  • 不眠症、ストレスの緩和
  • ガン、赤血球、リウマチなどの免疫疾患の改善
  • アレルギー疾患、化学物質過敏症、シックハウス症候群の改善
  • 血流促進、血液サラサラになる効果

陶板浴で汗をかくことで、赤血球の弾力性が高まり、血液サラサラになる効果が期待出来るそうです。折れたり曲がったりした毛細血管を正常にし、新しい毛細血管を形成します。
また、悪玉コレステロールを現象させる効果もあります。

密室だとなんとなく、カビや雑菌などの繁殖が気になるものですが、空間そのものが抗酸化空間なので、その清潔感にも安心感がありますね^^

 

☆抗酸化水☆

350
受付を済ませると、ロッカーのカギを渡され、蓋つきのマグカップに入った「抗酸化水」を持ち込むよう奨められます。
こちらは、陶板浴の最中も傍に置いておいて、こまめに水分補給する為です。

抗酸化水はロッカールームにも用意してあって、いつでもお代わりすることが出来ます。

 

☆服装☆

サウナルーム
着替えやバスタオル、フェイスタオルはレンタルも出来るのですが有料なので、持参しました☆
陶板の床は温度が熱いので、靴下も履いておいた方が良いかもしれません。

でも、キャミソールに膝したズボン・・・なんて方もいらっしゃいましたよ^^
私は長袖Tシャツに長ズボン、そしてくるぶしソックスを着用。

 

☆さて!いざ陶板浴エリアへ!☆

季節は5月の終わり、気温は夏日のような日もあったり、肌寒い日もあったり・・・という季節。
陶板浴初体験のこの日は、めずらしく激しい雨で気温も低め。羽織物がないと、半袖では肌寒いかなという体感。

中に入り、簡単に仕切られたスペースの好きな場所に、バスタオルを敷いて備え付けの木の枕の上にフェイスタオルを置いて、仰向けに横になります。

陶板の上は49℃と、それなりに熱いので、バスタオルは必ず必要だと実感しました。
またくるぶしソックスだったので、肌の露出部分が直接陶板に触れると、さすがに熱い!と感じましたので、露出のない格好でのぞまれるのがオススメです。

始めは少し息苦しいような・・・?

もわっとしたような、やや息苦しさを感じる暑さ。
でもサウナのような乾燥する暑さとは違い、潤っていてもっと低温。
始めのうちは何度も水分補給をしながら落ち着かないような感覚。

私は汗はかなりかける方なので、始めはなかなか汗をかかない自分に驚きでした。
やはりサウナと違って、暑すぎない温度でじっくりじわじわと温まっているからなのだと感じました。

陶板浴が初めての人は、なかなか汗をかかないものだそうです。
2回、3回と通っている間に、汗をかきやすくなるのだそうです。

 

☆30分経過・・・・☆

体、そして顔の毛穴からじわじわと汗が出てくる感覚!
一旦汗をかき始めると、そこからはどんどん汗が流れだしてきます!

汗をかき始めると、息苦しさはなくなって、むしろどんどんすっきりと気持ちよくなってきます。

 

☆陶板浴でかいた汗は美肌クリームに!☆

それから10分後、陶板浴を出たのですが、顔には玉のような汗をたくさんかいていて、上半身は特に汗びっしょり!

シャワーも浴びることが出来るのですが、出来れば軽く汗を拭いて夜入浴するのがオススメだそうです^^

それもそのはず、汗はかいているものの、スポーツをした時のようなべとべとした汗ではなく、さらさら。
そしてお肌もしっとり潤っているのです!

陶板浴でかく汗は良い汗!

※陶板浴でかく汗は、汗腺から出ている「良い汗」と皮脂腺から出ている「良い皮脂」がまざりあって、「良い皮脂膜」を作ります。
これは天然の保湿剤と呼ばれ、美肌効果をもたらします。

最近、胃腸の調子が悪かったのですが、血行が良くなったこともあり、腸の動きが活発になりました☆

軽く体を拭いて、着替えを済ませ、ハーブティーを飲みながらゆったりすごしてから帰宅しました☆
しばらくの間は、後から後から汗が出てくる瞬間があるので、クールダウンしてから帰宅するのが良いかもしれませんね^^

 

☆おわりに☆

私は、昔から汗をかきやすいのですが、女性だけに、それが悩みでもありました。
でも、前半汗をかかないという体験をして、汗をかくことのメリットを体感しました☆
汗をかかないうちは、息苦しくだるいような感覚だったのが、汗をかき始めた途端!爽快感に変わったのが明らかだったからです。

どんなことでもそうですが、自分の中に溜め込まずに、外に出していくことで、スペースが空き、また更に自分にとって良いものが入ってくるものだと実感しました☆

抗酸化空間の陶板浴、是非お試しくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:クレオ絢子(CLEO AYACO)

著者の記事一覧

1977年生まれ。
短期大学英文科を卒業後アパレルメーカーに就職。
その後エステティシャンや化粧品メーカーで広報や講師をやらせて頂いていました。
28歳の時に大きな転機をきっかけに、スピリチュアルな自分探求が始まり、現在は、スピリチュアルセラピスト、エネルギーを絵で表現するヴィジョンアーティストとして活動しています☆
また2009年に出産を経験し、男の子のママでもあります^^
大好きなファッションや美容に関する情報だけでなく、スピリチュアルな視点からの記事を
書いていきたいと思います☆
ワクワクした事を発信して行きますので、どうぞよろしくお願い致します☆







関連記事











ページ上部へ戻る