素敵な大人の女性になりたい人必見。アラサーの本気の美人修行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素敵な大人の女性になりたい人必見。アラサーの本気の美人修行

アラサーにもなると、いつまでも若い気持ちでいられない、しっかりしないといけないと思うような場面が出てくると思います。
仕事の面では責任のある立場になる人もいますし、社会的にも大人として最低限の常識を身に着けているのは当たり前といった風に扱われます。
そこで気になってくるのが、周りにどう思われているのかということ。
アラサー以上なのに落ち着きがない、イタイ人・・・そんな風に思われていたらショックですよね。
どうせなら若い子には醸し出せない、素敵な大人の女性の雰囲気を身に着けたいと思っている人も多いはず!
今回は、周りに素敵な人!と思われるための美人ポイントをまとめてみました。

 

メイクはベーシック+少しのトレンド

鏡を見ながらメイクする女性

アラサー女性に一番気にしてほしいのがメイク。
若いころのようにマスカラがっつり!おてもやんのようなチーク、くっきり眉毛をいつまでも続けていると、夜の仕事の人?ニューハーフ?なんて思われてしまうことも・・・。
また、シミやしわ、くすみなどの肌トラブルが出始めるアラサーはベースメイクが濃くなりがち。
厚塗りすると時間経過とともにファンデーションが寄れて老けて見えてしまうこともあります。

そんな勘違い&老けメイクを回避するためには、

ファンデーション

シミ・しわが気になるからといって、厚塗りはNG。
リキッドを使っている人は、シミやくすみなど気になる箇所だけに使うのがおすすめです。
パウダー仕上げをすることで薄塗り&透明感が出るので、リキッドやファンデーションを顔全体に塗らないようにしましょう。

アイブロウ

がっつりアイブロウは老け顔の素!
アラサー以上になったらなるべく地眉毛を生やして自然なアイブロウを作ることを意識しましょう。
アイブロウパウダーや眉マスカラで少し整えるぐらいのナチュラル感が美人への近道です。

アイシャドー

ライトブラウン系のアイシャドーに少しのパールシャドーがおすすめ。
パールシャドーだけだと、シワやくすみが目立ちベタっとした目元になってしまうので目を大きく見せてくれるブラウン系のアイシャドーをミックスしてみるのが◎。
トレンドを取り入れる場合は、カラーによって足し算引き算をしてみてください。
明るいカラーの場合はパールを少し減らす、反対にダークトーンのアイシャドーの場合はパールを増やしてブラウン系シャドーを減らすといった具合です。

マスカラ

マスカラばっちり、がっつりビューラーで上げてます!といった目元はアラサー以上がするとちょっと怖い・・・と思われてしまう原因となります。
まつ毛の量が少なかったり細いのが悩みという人は、ナチュラルに仕上がる(60本~100本)ぐらいの本数のマツエクをつけたり大人用の付けまつ毛を利用するのがオススメ!
付けまつげといっても大人用の付けまつげであれば、自然にボリュームを出すことができます。
マスカラは控えめに、自まつ毛がふさふさといった目元を作ることがおすすめです。

チーク

頬全体に塗るとお化けや妖怪のようになってしまいます。
かといってチークがないと顔がぼんやりしてしまう原因となるので、控えめにチークを塗るのが◎。
頬骨のあたりからこめかみに向かってサッサと塗るぐらいでOK。
落ち着いた雰囲気を演出したい場合はピンク系よりもオレンジ系のチークがおすすめです。

リップ

真っ赤やどピンクといったインパクトのあるカラーは△。
ただ、ノーリップだと病人のように見えるので、リップはかなり重要になってきます。
忙しくてもリップだけは塗るようにしてください。
カラーとしてはヌードピンクやオレンジ、落ち着いたレッドなどがおすすめです。
TPOに合わせて品良く口元を演出してみてください。

 

シンプルなヘアスタイルを心がける

風に髪をなびかせる女性

編み込みやリボンアレンジ、ツインテールなど、色々なヘアアレンジがあります。
見ているとカワイイな~と思うかもしれませんが、ちょっとストップ!
ヘアスタイルブックに載っているモデルさんの見た目年齢、どう見ても20代前半じゃありませんか?
トレンドだからと取り入れると、年齢不詳感が出てしまうことがあります。
変にヘアアレンジをして若作りするよりも、大人の女性にしかできないヘアスタイルをするのがオススメです。

おすすめなのは・・・

パーマ

巻き髪の女性

ゆるふわ感が絶妙な抜け感を演出してくれるため、大人の余裕といったスタイリングが簡単にできます。
エアリー感が出るので、フェミニン感もアップして柔らかい包容力のある美人に!

ポニーテール

笑顔の女性

若い子がポニーテールにすると元気はつらつ!といった雰囲気になりますが、アラサー以上のポニーテールは洗練された雰囲気を演出することができます。
きゅっと結ぶのもOKですが、後れ毛などを出してふんわりと一つにまとめるのも◎。

ハーフアップ

頬杖をつく女性

小顔効果が期待できるハーフアップは大人の女性がすると、品があるけれどどこかあどけない雰囲気に。
大人っぽくなりすぎたくない!という人にオススメです。
バレッタやヘアゴムなどでも遊べるので、ヘアアイテムで自分らしさをさりげなくアピールすることもできます。

 

服装は落ち着いたものを

買い物を楽しむ女性

アラサーになると、だんだんどんなファッションをしたら良いのかわからなくなってきてしまいますよね。
ミニスカートやショートパンツは何歳までOK?
フリフリや花柄のワンピースはNG?
なんて考え始めるようになります。
結論としては、ミニスカートもショートパンツもフリフリも花柄も、何歳になってもOK!

ただし、気を付けてほしいのがデザインではなくカラー
素敵な大人の女性を演出したいのであれば、少し落ち着いたカラーをワンポイントで置くことが大切です。
ピンクやイエローといった明るい色のミニスカートと、グレーやベージュの落ち着いたミニスカート。
同じミニスカートでも、色が変わっただけでだいぶ雰囲気が変わります。
ビタミンカラーなどの明るく元気な色は言ってみれば子供カラーです。
大人っぽく着こなしたいのであれば、差し色に明るい色(ビタミンカラーやビビットカラーなど)を使って大人なりのファッションコーディネートを楽しみましょう。

 

ゆっくり静かにを意識する

線路の上を歩く少女

10代、20代の前半ぐらいまでは、ガールズトークでギャーギャー騒いでいたとしても「若いって良いな」といったように周りの人達も温かい目で見てくれることもあります。
ですがアラサー以上になっても、10代の頃と変わらずギャーギャー騒いでいたとしたら・・・。
はっきり言って見苦しい!!!
いい歳したオバサンがうるさくしているなんて全く可愛らしくなんてないのです。
アラサー以上になったら声のボリュームに少し気を付けるようにしましょう。

また、物音を立てる時に必要以上に音を立てていないかチェックしてみてください。
ドアを閉める時、歩く時、食事中の食器の音・・・。
外見が美人でも、バーンとドアを閉めたり、ドスドス歩くような人だと、美人が台無しになってしまいます。
うるさい音がしてしまいそうなシチュエーションではゆっくり静かにを意識してみてください。

重いドアはゆっくり閉める。
歩きにくいところはゆっくり丁寧に足をおろす。
食べにくい食べ物は小さくしてゆっくり口に運ぶ。

普段の生活でも簡単に実践できることなので、ぜひ意識して生活してほしいです。

 

美しい所作を身につけて

着物姿の女性

美しい立ち振る舞いこそが素敵な女性になるためには最も重要といえるかもしれません。
先程書いた食べ方、歩き方然り、姿勢や笑い方、物を取る手の動きなど、所作が美しい人はやはり魅力的に映るものです。
反対に、どんなに美人でも食べ方が汚い、大口を開けて笑う、動きが雑・・・といった面が見られると残念度も大きく跳ね上がります
簡単に美しい所作を手に入れることはできないかもしれませんが、日々生活している中で意識して行動するだけでずいぶんと変わってくるはずです。

手っ取り早いのは日本文化を取り入れた生活をすること。
一番簡単に美しい所作を身に着けられる方法としては、茶道や華道、日本舞踊や着付け教室など日本文化に関する習い事をすることです。
また、着物や浴衣を着て1日過ごすのもおすすめです。
着物は洋服のように大股で歩いたり腕を思いっきり上げたりすることができません。
食事をするときも袖元や襟元が気になるため、自然と食べ物を小さくしてから口に運んだり、手元を気にするようになります。
着物で過ごすと神経使って疲れる!といった気持ちから、着物で生活しても全然平気!と思えるようになったのであれば、美しい所作を習得できている可能性があります。

 

おわりに

素敵な大人の女性と言っても、人それぞれ想像するイメージは違うと思います。
ただ美人に共通して言えることは余裕があること、そしてシンプルが似合うということ。
本当の美人は内側から美しさがあふれ出ていますから、ゴテゴテと着飾ったりしなくても周りの人を魅了することができるのです。
また常に大声を荒げたり物を粗雑に扱う美人はいません。
まずは出来ることから、少しずつ改善することで素敵なアラサー美人を目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。

関連記事



ページ上部へ戻る