冬でもオシャレを楽しむには?着太り回避!防寒対策はインナーから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冬でもオシャレを楽しむには?着太り回避!防寒対策はインナーから!

寒いからって厚着はNG!機能性インナーで冬を乗り切る

日を追うごとに、少しずつ冬の気配が近づいてきましたね。
皆さん、冬支度はもうおすみですか? 
本格的な冬がやってくる前に、冬物衣類の整理をしておけば、肌寒い朝に慌ててクローゼットの衣類を捜索する手間もイライラも省けるもの。
今回は、冬の寒さに備える、インナーをご紹介します。

オフィスや学校に向かう通勤通学途中、電車やバスの中で、冬のオシャレを楽しむ女性をよく見かけますよね。
よく見ると、けっこう薄着!

かわいいミニのスカートに薄手のニットやコートで、さっそうと風を切って歩いています。
読者の皆さんはいかがですか?

夏に比べると、秋や冬はニットやアウターなどを着る機会が多いため、ただでさえ、重ね着で野暮ったくなってしまいます。
だからといって、オシャレを諦めるなんて絶対に嫌ですよね。寒さが予想される今年の冬は、機能的なインナーで、あったか対策をお勧めします。

 

ぴったり密着が冷えを防ぐ

やはり今年の冬は何と言っても、防寒対策に優れた機能的なインナーが欠かせません。
なかでも定番は、黒、白、紺などの定番カラー。
一枚あたりの価格も1000円程度で揃えられるので、定番カラーはどれも揃えておきたいものです。

さらに今年は、昨年よりも価格も抑えめで、柄モノなどのバリエーションも数多く登場しています。
そのため、防寒用の下着としてだけでなく、見せるインナーとしてオシャレを楽しむことも。

特に、レースをあしらったものや、可愛い柄モノはもはや、インナーとは呼べないほど進化しています。
価格も手頃なので、今年新たに揃えておくと、冬のコーディネートの心強い味方になること、間違いありません。

各社さまざま出ていますが、デザインや柄はもちろん、機能をしっかり見据えて選ぶのがお勧めです。
特に、冷え性でお困りの方には、裏起毛の付いたものや、肌にぴったり密着するタイプがお勧め。
肌とインナーの間に空気があると、通気性はいいのですが外気の冷気を取り込みやすく、高い保温効果はのぞめません。

逆に、冬でも汗をかきやすくムレが気になる方には、通気性の高いタイプを選ぶと、快適に過ごすことができますよ。

毎年、進化し続ける機能性インナー。
メーカー各社の特長をしっかり見極めて、温かい冬を手に入れましょう。

Photo by Atheist_Lenses

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。







関連記事











ページ上部へ戻る