乾燥・かゆみ…冬の肌トラブルを防ぐ対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乾燥・かゆみ…冬の肌トラブルを防ぐ対策方法

冬の乾燥が招く肌のかゆみ

夏が終わり、乾燥が気になる季節がやってきました。
冬になると、足のすねや膝のあたりの乾燥に悩まされる方、多いのではありませんか?
著者もその一人。
特に最近悩まされているのが、下半身の冷えと乾燥です。
冬は夏に比べ空気が乾燥し、肌のバリア機能を低下させるため、乾燥肌などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

特に、白い粉を吹いたような乾燥肌は、見た目が悪いだけでなく、悪化するとかゆみを伴うこともしばしば。
さらに乾燥が進むと、我慢ができないほどかゆくなり、かきむしった跡が残ってしまうことも。
これらの症状、冬だからしょうがないと諦めていませんか?
今回は、乾燥から肌を守るためにすべきことをご紹介します。

 

入浴後の保湿が決め手

冬の乾燥に欠かせないのは、やはり肌の保湿。
顔の保湿に気を配っている方は多くても、足や腕などの乾燥対策まで万全の方は以外に少ないかもしれません。
まずは、しっかりとした保湿を心掛けてください。

そして、特に乾燥が気になるのが、入浴後。
入浴中は肌の水分が奪われてしまいます。
ナイロンタオルを使って体をごしごしこすったり、洗浄効果の高いボディーソープは、肌の脂質を奪う原因に。

入浴時には、ボディーソープではなく、天然素材でできた石けんなどを使用し、木綿などでやさしくなでるように洗うのがポイントです。
それでも、乾燥が気になるという方には、手でやさしくなでるように洗うのもいいでしょう。

そして、入浴後はこまめな保湿が肝心。
入浴後は肌の脂質が奪われ、肌は通常より乾燥していますから、クリームやオイルを肌になじませるようにお手入れしてください。
特に膝やすねなど気になる部分は、時間をかけて保湿することをお勧めします。

 

乾燥させない環境作りも大切

肌を乾燥させないためには、環境作りも大切。
ストッキングやタイツは肌の乾燥を促進させてしまうこともあるので、乾燥が気になる時期は、ストッキングやタイツをはく前にクリームなどで保湿をするといいでしょう。
クリームやオイルのべたつきが気になる方には、保湿効果のある入浴剤もオススメです。

乾燥,保湿,肌トラブル,コラージュDメディパワー保湿入浴剤
コラージュDメディパワー保湿入浴剤 500ml
参考価格3150円

乾燥,保湿,肌トラブル,お湯物語-うるおう乳液風呂
お湯物語 うるおう乳液風呂
参考価格627円

乾燥,保湿,肌トラブル,保湿入浴液ウルモア-クリーミーローズ
保湿入浴液ウルモア クリーミーローズ
参考価格733円

また、入浴時のお湯の温度を高くすると、肌のかゆみが増してしまうため、乾燥を防ぐためにはぬるま湯での入浴が重要なポイント。
今年の冬は、日々の保湿で乾燥知らずのつやつや肌を目指しましょう。

Photo by Mike Monaghan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事



ページ上部へ戻る