日本人は食事を摂りすぎ?世界にみる健康的な食事の摂り方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人は食事を摂りすぎ?世界にみる健康的な食事の摂り方について

毎日の食事、何か気を遣ってされている方も多いかもしれません。
日本では特に朝食は大切だという考え方が強く、朝からしっかりと食事をされる方がほとんどではないでしょうか。
1日3食、バランスの取れた食事をすることで健康的な生活が保たれるという教育は幼稚園や保育園からされています。

私の家族、父、母、弟、息子も、朝からしっかり朝食を取る習慣があります。
なのに、なぜでしょう、私は高校生のころから朝食を取ったことはありません。
社会人になってからは、美容師という職業柄、ひどいと昼食も、晩御飯も食べない日があります。
疲れていれば食事よりも睡眠時間を重視してしまうのでほとんど何も食べない日なんてザラでした。
朝から晩までコーヒーさえあれば、何とかやっていけるようなありえない体質になってしまいました。
風邪はあまりひかない方ですが体調がすこぶるいいかというとそれは肯定は出来ません。
ダイエットフードを食べる女性/ランチョンマット
今現在も、基本朝は息子に準備するのみで、私自身は朝食は取りません。
昼夜は食べるようにはなりましたが、夜は米は食べません。
完全な偏食です。
お腹がすかない日も多々ありますし、かといって突然爆食する時もあったりします。

よく生きてるね・・・なんて呆れられたりもしますが、いつかどこかで大変なことになりそうですね。

パンプキンスープ
当サイトLire内でも食事に関する記事はたくさん掲載されていますので、私も覗かせてもらっては勉強したりもしていますが、やはり口から吸収する栄養というのは健康な身体を作るうえで大きなウエイトを占めているのは事実です。
というか、通常口からしか栄養は取れませんからね。
食事というのは生きることにおいて非常に大切な習慣なのです。

ですが最近、1日3食は食べ過ぎらしいという話を聞きました。
1日3食しっかり食べるのはどうやら日本人くらいらしいのです。

 

1日3食は食べ過ぎ???

食事について考える女性
確かに、極端な話ですが、宗教の一環でラマダンという断食の習慣を持つ国も多く存在していますよね。
私の父親が住むインドネシアはイスラム教徒が多いためにラマダンという時期があるそうです。
約1か月の断食。
断食とはいっても1か月何にも絶対に食べてはいけないという訳ではありません。
日が昇って沈むまでの間は飲まず食わずで過ごすのが決まりだそうですが、日没後は水分に近い食事(お粥やミルクなど)を取るのだそうです。

350 腰 お腹 骨盤
1時期、断食ダイエットなるものが流行りましたね。
確か3日に1回位の頻度で断食の日を作るというような内容だったと思いますが、胃の中を空っぽにすることで胃腸が休まり、お腹の調子がかなり良くなるという効果で排便がスムーズになり痩せやすい環境が整うという仕組み。
確かに、胃腸を壊している間は水分のみでしのいだ方が早く治るということをお医者さんに聞いたことがあります。
適度な断食は身体の調子も良くなるのだそうですよ。

いろいろ調べてみると、特にどこの国が1日何食とかそういう決まりはなさそうでした。
日本も江戸時代までは昼食という習慣がなかったそうです。
いつから誰が決めたのか分かりませんが、国によってはちょこちょこ食べたいときに食べるだけという国もたくさんあるようです。
特に先進国のようなお金のある国は食事という区切りをもって朝昼晩という食事をする傾向があるようです。

チーズとハムの食事
じゃあこの記事意味ないじゃん・・・みたいな展開になってきましたが、確かに1日3食取らない方がいいという情報は多くあります。
芸能界では、タモリさんや福山雅治さんなんかは1日1食しか食べないなんて記事もあります。

1日1食がいいのか、2食がいいのか、それは目的によって様々みたいですが、3食より、2食の方が身体にはいいというのは確実みたいです。
それを極めた結果がおそらく1食。
結果どうすればいいのかを少しまとめてみました。

 

1日1食

キッチンで献立メニューを考える女性
毎日3食きちんと食べている人からすると、1日1食は拷問かもしれませんね。
実際に慣れるまでは軽い飢餓状態だなんてことも書いてありました。
けれど、身体が本当に欲した時に1食しっかり食べる、という習慣は身体にいいことが分かっています。

この飢餓状態が身体を守ろうという生命力遺伝子を呼び起こすのだそうです。
食べたいものを食べたいだけ食べている人に飢餓で大変だなんて状況は起きません。
その為、その生命力遺伝子は眠った状態でも構わない訳で、活発に活動する機会も少ないと言えます。
ですが、わざとがこの遺伝子を活動させることで様々な身体の不調を改善し、健康的で若々しい身体が作られるということだそうです。

極端ですが、1日100キロカロリー摂取を続けた女性が80歳を超えて長生きしたという記録もあります。
また、空腹の時間が長いと、血中コレステロールが下がるというデータもあります。
同時に皮脂の分泌量も下がるのでダイエットはもちろん、身体の体臭がなくなったという人もいるそうです。

 

1日2食

微笑む女性
江戸時代は昼食抜きの2食だったそうですが、健康のことを考えると、朝食抜きの2食が理想なようです。
晩御飯から次のお昼ご飯までの間、胃腸を休ませてあげることがポイントなようですが、このことによって毎日のお通じなども良くなるので身体の毒素が排出されやすくなるというデータがアメリカで発表されています。

とはいえ朝を抜くのはきついという方は、スムージーや野菜ジュースなどで栄養のあるものを手軽にとってもOKみたいです。
痩せたい、食べ過ぎを抑えたい、すぐ胃腸を壊してしまう、なんて方は2食から初めてみてもいいかもしれませんね。

 

では3食はどうなのか

パンプキンスープの朝食
朝起きた時に、脳には糖分が不足しているという話は有名です。
朝食で血糖値を引き上げることが目覚めをすっきりさせ1日元気に過ごせるという説は嘘ではありません。
また、規則的に3食食べている人は腸のリズムも整いやすいので便秘症の改善や免疫力を高めるといったメリットもあります。

そもそも産業が盛んになった明治時代に、昼休憩というものが設けられるようになったそうなので、そのタイミングで昼食を取る人が増えたのが自然な流れなようです。
長時間労働では腹が持たない・・・というのが3食になった理由なようですね。
そう考えるとやはり、特に3食食べなければいけないという根拠はなさそうです。

ティータイム 紅茶とお菓子
中には3時におやつを食べる人もいます。
内容によってはこれは4食。
晩御飯の後に、夜食を取れば5食になるわけで、これによってどんな不都合が起きるかというと、ただ1つ。
胃腸が休まる時間が無くなる、ということ。

 

胃腸も休む時間が必要です。

消化器系
ただでさえ就寝中に晩御飯を消化しなければならないのに、夜食を食べて数時間後に朝食を食べてしまってはいつ休めばいいんですか!?というくたくたな状態に陥ってしまう訳です。
その結果、お腹を壊す、便秘がちになる、胃腸が痙攣を起こす、ゆくゆくは深刻な病気が待ち受けていることも十分考えられます。
かといって、私のように全く空っぽの状態でコーヒーのような刺激を与えるものばかり摂取するのも問題です。

私も過去に何度か胃痙攣、今年の初めには腸痙攣まで経験したおバカさんです。
食べたものを消化するのには基本4時間かかると言われています。
1日3食きちんと食べると、朝食から夕食の間はさほど胃腸を休める時間がないことになります。
どうしても3食取りたい場合は、消化のいいもの、食物繊維の多いものをバランスよく食べて、おやつや夜食などの間食は我慢した方がいいと思います。

 

結果、理想的な食事の摂り方とは

グリーンスムージーを飲む女性
朝は血糖値の上がるものを軽く口にする。
なるべく消化のいいもので、昼までの消化の時間を短くするのがいいと思います。
そう考えると、やはり果物の多いスムージーや、バナナ1本程度の朝ごはんがいいのではないでしょうか。

私が朝ごはんを食べない理由は午前中、身体が重く感じてしまうから。
結構そういう方もいるようですが、朝ごはん代わりのコーヒーをスムージーにすればもっと調子は上がるはずです。

350
昼は好きなものを食べる。
我慢というのはストレスになります。
ランチくらいは好きなものを楽しく食べるのもいいと思います。

その代わりおやつはやめておきましょう。
一緒に野菜を摂ることも忘れてはいけません。
ランチで必要な栄養分をしっかり摂れるといいと思います。

350 カップル デート 食事 カフェ レストラン
最後に晩御飯。
晩御飯って食事の中でもメインになりがちですが食事の時間が遅くなってしまいがちの方は特に、消化の良いものをよく噛んで食べることが大切になってきます。
それでもガッツリ食べたい場合、なるべく夕食は午後6時から7時の間には済ませられるといいですね。

 

おわりに

350 ティータイム 女性 食事 お茶 リラックス 部屋
いかがでしたか?
普段何にも考えずに時間が来たらご飯を食べていたのではないでしょうか。
意外なことに、昼食の必要性があまりないことが分かってしまいました。
そして美だの健康だのと言っている私の悲惨な食生活が浮き彫りになってしまいました。(笑)
これを気に、1食から2食は必ず摂るように気を付けていこうと思います。

最初にも触れましたが、人は口から物を食べて生きていくわけです。
食べるということには神経を使っていく必要が大いにあります。
そしてその食べたものを処理してくれる胃腸。
ここが不具合を起こすのは身体全体の不調に繋がってきます。
胃腸を万全に動かすサイクルで食事というものと上手に付き合っていくことが重要なポイントになってきます。

とはいえ、人間みんな同じなわけではありません。
皆が皆、同じ食事で健康かというとそういう訳ではないと思います。
自分の身体が健康であるためには、どのようなペースで、どのような食べ方をするのがベストなのか、それはあなたの身体と相談していく必要があります。

頻繁に胃腸を壊してしまうという方は特に、1度食事の摂り方を見直してみてください。
胃腸の調子が良いという、その時の食事の状態があなたに合った方法なのだと考えられます。
是非、ベストな食生活をみつけてみてくださいね。

600ベルタ酵素ドリンクでデトックスダイエット!リバウンドなし!正しい酵素ドリンクの飲み方教えます♪

今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る