妊娠レポート1(妊娠初期5週~8週)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠レポート1(妊娠初期5週~8週)

妊娠の兆候や経過は人それぞれ。
たくさんの情報が共有されていますよね☆
そこで、今回は著者の妊娠から出産までをレポートしていきます☆

▶他のレポートはこちら
妊娠レポート(妊娠初期5週~8週)
妊娠レポート(妊娠10週~11週)
妊娠レポート(妊娠12週~13週)

 

☆妊娠出産経験☆

7年前、31歳の時に第一子男の子を自然妊娠。自然分娩。
現在38歳。

 

☆妊娠前の兆候☆

350 胸
生理予定日から2週間前くらいから、おっぱいの張りが出始める。
生理前は大体おっぱいが張るので、普通の生理前症状かな、そう思っていました。
生理予定日1週間前、おっぱいの張りはさらに強くなり、乳首はかゆみやほんのすこし痛みのようなものもありました。

~生理の目安は満月~

毎月、満月と共にやってくる生理。
日付はつけていないものの、満月を生理開始のサインにしています☆

満月はデトックスに最適なタイミングなので、満月に生理が来て不要なものが流れていくというサイクルは自分自身にとってごく自然なリズムでした。

おりものも多くなり、そろそろかな~・・・・とナプキンを使い始めたものの・・・・。
満月を過ぎても、おりものは増えても血は見当たらない日々・・・。

~食の好みの変化~

ルイボスティー
毎朝飲んでいたコーヒーが、一口飲んだらそれ以上飲めなくなり、まったく美味しく感じられなくなりました。
一方、なんとなく物足りないと感じていたハーブティがとても美味しく感じられるようになったのです。

たまに、腹部がキリキリ〜っと痛んだり、なんだか懐かしい痛みを感じるようになってきて。
自分の中では妊娠確実だなぁと感じ、妊娠検査薬は使わずに病院へ行くことにしました。

あまり早く行っても妊娠しているかどうかの確認が出来ないと二度手間になってしまうので、5週は過ぎるまで、我慢。

 

☆病院へ☆

カルテと聴診器
6月1日、生理予定日から10日後、通院。
妊娠の可能性があって、まだ市販の検査薬を使用していない旨を伝えると、まずは、尿をとるようにとのこと。
トイレの中に小窓があって、採取した尿の紙コップをそこに置いておけばよいのでありがたいですね☆

順番がやってきて、診察室に入ってすぐに!
「おめでたですね」
と先生のお言葉。
あまりにも早く言われたので、<おめでたの検査でいらしたのですね>と言われたのかと思い、言葉をのみこむまでに少し時間がかかりました。

検査医薬での結果を目の前で見せて頂きながら、「線がはっきり出ているので妊娠していますね」との説明がありました。

~超音波での検査~

スカートに素足だったので、下半身の下着だけ脱いでスカートをまくりあげれば、すぐに診察の椅子に座れて便利でした。
妊娠レポート1(妊娠初期5週~8週)
ここでは、子宮内に妊娠しているか、子宮の大きさや、赤ちゃんの大きさまでもがわかります。
正常の範囲内かをチェック。
まだ16ミリのサイズの赤ちゃん。
でもしっかり動いているのを見ることができました☆
これは感動して涙があふれてきました。
一人目の時もこんなに感動したかな?なんて想い起こしながら・・・・。

~葉酸をすすめられます~

350
超音波の検査後、先生のお話。
葉酸を取るようにとのこと。
葉酸は赤ちゃんに必要な大切な栄養素。
一人目の妊娠の時には、今ほどすすめられることも、話題に上がることもなかったように思います。
今はサプリメントをすすめていますよね^^

そして現在、5週5日。
これは私が伝えた生理予定日からの算出だと思いますが、大きさを見る限り、今のところ誤差はないとのこと。

まだまだどうなるかわからない時期らしく、一人目でも二人目でも、自然流産になることもあるとのこと。
もう2週間くらいしてみないとわからないとのこと。
母子手帳はこの時期にはまだ渡されません。
病院で薬を受け取る男性
「無理しないでくださいね」
と言われ、次回は2週間後に来てくださいとのこと。

それ以降、まだ妊娠超初期なのに、なんとなくお腹の圧迫が気になるようになってきて、ウエストをなるべく締め付けない洋服や、スニーカーなどの歩きやすい靴を履くようになりました。

軽くつわりのような症状も出始めていたものの、食べると吐き気が収まるので、ちょこちょこ口になにかを入れるようになります💦

食の好みも変化していて、なるべく旬の食べ物や新鮮なお野菜や海藻、納豆がやたらと食べたくなるのでした。

 

☆つわりが重くなる☆

吐き気を我慢する女性
初診から5日後、(約6週)家族でショッピング。
5センチくらいのヒールを履いていたせいか、脚がつかれてしまう。
車の移動は気持ちが悪くなる。
夜、小刻みに目が覚める。
とても寒くなったり、ものすごい汗をかいたり、おトイレに何度も行きたくなったり・・・。
私は妊娠していないときでも、たまにこんなことがあるのですが、自分の中での治癒力とも言えて、熱を出したり汗を出してデトックスしたり、ごく自然に体調管理をしているのかもしれません。

 

☆葉酸サプリを飲み始める☆

6月7日、初診から5日後、注文していた葉酸サプリがようやく届いたので、飲み始めました。
特に体調の変化などは感じられないのが正直な感想です。
妊娠レポート1(妊娠初期5週~8週)
今回はAFCの「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」を注文して飲むことにしました。

AFC

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

1,800円
30日分(1日4粒目安)

1日4粒あたり、厚生労働省に準拠した成分(モノグルタミン酸型)葉酸400μgにカルシウム200mg・鉄10mg、8種のビタミン、4種のミネラル配合。

成分や評判、価格とのバランスで決めました。
私は日ごろから利用しているAmazonさん経由で注文しました。
注文してから、届くまでに5日かかったので、だいぶのんびりしている会社なのだなぁ~・・・と感じました。
発送を遅くすることで、商品のコスト削減に貢献しているのなら、そういった記載があると納得して購入する方も増えるのではないかと感じました。

↓の公式サイトからも送料無料で購入できます。

葉酸サプリ 公式サイト

 

☆通院2回目☆

6月15日。
2週間経過したので、病院へ。
この時7週2日。
予約していたのにも関わらず、1時間半の待ち時間に、へとへとに疲れたころ、ようやく診察開始。
簡単な問診のあと、超音波を。
妊娠レポート1(妊娠初期5週~8週)
赤ちゃんはまだまだ小さく人の形は確認できない状態。
でも心拍のピクピク!だけははっきり確認出来て一安心。

この日は息子の小学校がお休みだったので、一緒に赤ちゃんを見ることが出来ました。
ただ、待ち時間に対して本当に一瞬のひと時だったなぁ・・・。(-_-;)

赤ちゃんのサイズが小さくてまだまだ予定日が出ないとのこと。
また2週間後に通院するように言われます。

予定日が出ていないので、母子手帳はまだ取りに行かなくても良いとのこと。
それにちょっぴりがっかりする私でした。

 

☆実際にお産をする病院への転院のタイミング☆

スマホを持つ女性
今回の診察までの待ち時間があまりにも長かったため、その間に転院のタイミングを考え始めていました。
この段階で通っていた病院は、分娩は行っていない婦人科。
家からも徒歩5分と近くて便利なので、ギリギリまで検診はこちらに通って、予定日近くなってから、お産を行っている病院へ転院しようかと考えていました。

分娩を行っていないので、空いているのかなと思っていたのですが、意外にも妊婦さん以外、婦人科でかかる方が多いようで、いつもとても待つとのことでした。

これだけ待つのなら、早い段階から、お産をする病院に通った方が良いかなと思い、先生にその旨を伝えました。

本来なら、紹介状を書いて頂いて転院するのですが、まだ初期で予定日も出ていない状態なので、そのままお産をする病院へ行くことを勧められました。

私がお産を考えている病院は、今通っている婦人科の先生がよくご存じだということと、紹介状を書くとまた余計な金額が発生するとのことでの配慮でした。
「~クリニックの先生がこう言っていました、と伝えれば大丈夫だと思いますよ。」とのこと。
心拍は確認出来ているので、その旨を伝えれば大丈夫とのことでしたので、次回2週間後の検診から、お産をする病院に通うことにしました。

 

☆お産をする予定の病院へ診察の予約☆

350 日本人女性
クリニックの先生からの伝言をそのままお伝えしたところ、「先生がそうおっしゃっていて、検査もまだしていないのなら大丈夫ですよ」とのことで、スムーズに予約を取ることが出来ました。

 

☆炭水化物を食べるとつわりが重くなる☆

炊きたてのごはん
6月17日。
2回目の通院から2日後、友人のパン教室に参加。
あまりの美味しさに、出来立てのメロンパンをいつもの調子でたくさん食べていたらなんだかお腹が苦しくなって・・・。
帰宅してから、気持ちがわるくてゴロゴロ。

この辺りから、炭水化物は食べ過ぎると気持ちが悪くなるように・・。
特にお米を食べると必ず後で気持ちが悪いのが長引くので、お米を食べないように心がけていました。

食欲はあるのですが、お米はお腹が膨れすぎてしまうのかもしれません。

また、お肉や炒め物、脂っこいものが食べれなくなってきました。
なんでも少しだけ食べるということを心がけるようになり、良く噛んで食べるようになったので、健康的には良いなぁとプラスにとらえました。

 

☆つわりが重い時期に・・・何もやる気にならない感覚☆

つわりが重い女性
8週目。
意外と友人と外でお茶をしたりすると気が紛れて調子が良かったり・・。
梅雨時期だったので、雨の日は体調が悪く、晴れの日は調子が良いといった感覚。

~食事~

350 果物 フルーツ
このころから、フルーツやコロッケ、野菜を食べたくなりました。
コロッケも1個だけで十分で、普段食べている量よりもだいぶ少ないのに、お腹がすぐに張ってたくさん食べたような感覚を覚えました。

  • ハーブコーディアル
    口がいつも苦みがあるような、常に気持ち悪いので、甘味もあるけどさっぱりしているハーブコーディアルは本当に美味しく飲めました。
       
  • パスタや麺
    は大丈夫かな?と少し食べてみたものの、やはり後で気持ち悪くなりました。
    炭水化物はしばらく控えないとダメかなあ・・・という実感。
    おかず中心の食事に切り替えました。

 

☆便秘対策☆

清潔なトイレ
妊娠すると、便秘になりやすい人や下痢になりやすい人が多いようです。
妊娠前と比べて子宮も胎盤も大きくなっていくので、胃腸に影響が出るのは当然といえば当然なのかもしれません。

私は、一人目の妊娠の時も便秘に悩みました。
食事にも気を付けていたり、妊娠前から自分の身体ととても相性の良い「エビオス」を飲んでいました。
エビオスは妊婦さんでも飲んでOKなので安心です。
最近はTVCMでも宣伝されていますね^^

~頑張るよりも楽しむ~

ショッピングをする女性3人
一番の便秘解消法は、頑張ってウォーキングすることよりも、ショッピングモールの中を、ゆっくり楽しみながらウィンドウショッピング。
ショッピングモール=運動というイメージはもちろんありませんが、実はかなりの距離を歩いているのですよね。

私の場合は、ひたすらまじめにウォーキングするよりも、不規則になんとなく歩いている方が、腸が活動するようです。
やっぱり楽しんでいることがポイントなのかもしれませんね^^

そして、ペタンコ靴やスニーカーよりも、多少ヒールのあるパンプスなどを履いて歩いているほうが、腸の動きが活発になるのを感じます。

妊婦さんなので、基本的には、3センチくらいのローヒールですが、足が疲れない程度の多少のヒールがあった方が、背筋が伸びて、なんとなく姿勢も意識的に良く出来る感覚があります。

あまり高いヒールを履いて、姿勢自体が悪くなってしまっては逆効果ですが、お尻を引き締めてお腹を意識しながら背筋を伸ばして歩くようにすると、効果的でした^^

かえって、ず~っと座っていると便秘になりやすいので、なるべく立っているように心掛けていました。

 

☆おわりに☆

お腹の大きな女性 妊娠出産 赤ちゃん
体調の変化から始まり、気持ちも落ち込みがちな妊娠初期ですが、そんな体調の変化を味わったり、ダラダラすることを許したり、気分転換にお出掛けしたり・・・。
そんなひとつひとつの瞬間を楽しみながら過ごしていけたら、つらいつわりも乗り切れるのかなと感じてます。

症状や感じ方、ライフスタイルは人それぞれ違いますが、自分にとっての心地よさを見つけて過ごしていけますように☆

最後までお読み頂きありがとうございました☆

▶他のレポートはこちら
妊娠レポート(妊娠初期5週~8週)
妊娠レポート(妊娠10週~11週)
妊娠レポート(妊娠12週~13週)

妊活中・妊娠中の女性に大人気のおすすめ葉酸サプリのランキング妊活中・妊娠中の女性に大人気のおすすめ葉酸サプリのランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: クレオ絢子(CLEO AYACO)

著者の記事一覧

1977年生まれ。
短期大学英文科を卒業後アパレルメーカーに就職。
その後エステティシャンや化粧品メーカーで広報や講師をやらせて頂いていました。
28歳の時に大きな転機をきっかけに、スピリチュアルな自分探求が始まり、現在は、スピリチュアルセラピスト、エネルギーを絵で表現するヴィジョンアーティストとして活動しています☆
また2009年に出産を経験し、男の子のママでもあります^^
大好きなファッションや美容に関する情報だけでなく、スピリチュアルな視点からの記事を
書いていきたいと思います☆
ワクワクした事を発信して行きますので、どうぞよろしくお願い致します☆

関連記事


ページ上部へ戻る