自分に自信がない…そう考えるのはナンセンス!自信のつけ方、教えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
芝生 音楽 ヘッドフォン

“自信”と戦い続ける現代の人たちへ

私たちは日々、コンプレックスや自信の無さと戦っています。
「自己肯定力が低い。」 誰でもそういうところがあるのではないでしょうか。
どうしても、他人と比べてしまうことがありますよね。
「あの人の方がいい容姿を持っているし、成功していて、人気があるよなぁ…」と思ってしまいます。

自分の成し遂げたことを過小評価して、賞賛に値しないと思ったり、そんなに立派ではないと謙遜してしまうこともありますよね。
しかし、私たちの誰もが自分に「誇り」を持つべきです!
「自分に自信がない…」 なんて、はっきり言って思い込みです。 

 自分にいまいち自信がなかったり、自分自身のことがあまり好きではない人に読んでもらいたいです。
あなたが思っているよりも、周りの人はあなたのことを”すごい人”だと思っているかもしれませんよ?

 

自分に自信をつける思考法

1.いろんなことを乗り越えてきた。

「人生で、注目に値するほどの何かをやり遂げたことなんてない」と思っているのではないでしょうか。
しかし、もしあなたが人生でやり遂げたことをリストアップしたら、様々なことが上がるはずです。
もしかしたら、自分だけにしかわからない困難や、挫折があったかもしれません。
他の人を助けたり、手伝ったこともたくさんあったはずです。
他の人に向けるのと同じように、自分に対しても褒め言葉を贈りましょう。

 

2.人はあなたとあなたの成果に感心している。

ミーティング 拍手

たとえ、「人生の中で大したことはしていないし、人が感心するようなことをやっていない」と自分では思っていても、人はあなたの頑張りを見ていて、評価しているのです。
人はあなたのことをよく思っているのに、なぜ自分のことは評価してあげないのですか?
自分で自分を大切にしてあげましょう。 どんな時でも最終的に一番頼れるのは、自分です。

 

3.完璧な人は存在しない。

女性

完璧な人なんて、いません。
ハンナ・モンタナもかつて、”Nobody’s Perfect”と言っていましたよね!
これは、知っておかなければならないことです。
なぜなら、完璧でない自分自身を非難する人が多い気がするからです。
しかし、これを受け入れるのはとても難しいですよね。
ですので、できないことに対して望みすぎないようにしましょう。
「あなたは今のままで、もうすでに完璧な状態である」ということに納得しましょう。
今のままで、いいんです。

 

4.人生は大変だけど、自分のベストを尽くしている。

問題のない人生を送っている人など、いないかと思います。
人生の説明書を持っている人もいません。
何かハプニングが起きたたびに、自分で考え、あるいは誰かに助けられて、ここまでやってきましたよね。
そうやって人生は進んでいきます。
これからも今まで通り、自分らしく生きていきましょう。
何か問題が起これば、またベストを尽くして挑んでいけばいいのです!
まだ起こっていない何かに怯えて、そのうえ自信まで失う必要はないですよ。

 

5.自分をあまり大切にしていない?

落ち込んでいる女性

どのくらい自分自身に、他人には言わないような言葉を発していますか?
私たちは、自分自身にはわりと失礼な態度をとっていて、自分はそれほどいい人ではないと思っているのではないでしょうか。
ですので、もっと自分に丁寧に接して、あなたが受け取るに値するものに気づきましょう。
あなたは賢くて、親切で、きちんとしていて、世界に自分が存在していることが地球にとってラッキーだと考えましょう!

 

6.あなたは唯一の人

あなたは完璧ではないかもしれませんが、また一人といない唯一の存在です。
世界には他に、あなたと同じような人はいないし、あなたがいない世の中はまた違ったものとなったはずです。
あなたは大切な存在です。
それは、あなたのことを大切に思っている人の数だけ、そうなのです!
誰にでも持っているものがあるので、自分が世の中に提供できるものは何かを考えましょう。
そんなに重要なことだと思えなくてもいいのです!

 

7.謙虚すぎじゃない?

なぜ、自分や自分がやり遂げたことに誇りを持ってはいけないのでしょう?
そうです、あなたは謙虚すぎるのです!
あなたは、自分で思っているよりも素晴らしい人かもしれないですよ。
自分の成し遂げたことに誇りを持って、自分の出来ることに自信を持ちましょう!
行き過ぎの謙虚さは、鬱陶しいですよ。

 

8.自分を信じてくれている人たちに失礼。

女友達

自分が信頼していて、大切な存在である人たちを思い浮かべてみましょう。
その人たちは、あなたのことをどう思っていると思いますか?
きっと、自分と同じように、その人たちもあなたのことを大切に思い、信頼しているはずです。
この事実を知るだけで、なんだか嬉しい気持ちになってきませんか?

自分が信じているあの人も、あなたを信じているのです。
一人でも自分を信じてくれる人がいる。それだけで、自信が湧いてきませんか?

信頼していて素敵だと思う人やものに囲まれているあなたは、すでに素敵なのです。
あなたもその素敵な仲間たちの一部なんですよ。

 

9.“自信”は、自分だけにしか作れないもの

自信は、「外的経験」よりも「経験の認知的、内的処理」によって得られるのだそうです。
つまり、他人から言われたことではなく、自分で自分自身を振り返って分析することで、自信は培われるのです!
今日から日記をつけて、一日の自分の行動や思ったことを振り返ってみましょう。
「こんなことを思った。」「こんなことを人にしてあげた。」
そうやって振り返って、自分の行動や考え方を分析しましょう。
自分のことをよく知れて、自信がついてくるかもしれません。

 

10.自信があるように振る舞おう!

350

自信を持っているように振る舞うことが大事です!

“Fake it till you make it”
という言葉が英語にあるように、「できるまではできるフリをする」ようにしましょう。

自信を持っているように振る舞えば、他人の視線を奪えるのです。
そうしている内に、いつの間にか自信が生まれると思いませんか?
手っ取り早い方法です。試してみてくださいね。
そのオーラは、どこでも役に立ちますよ。

 

おわりに

日本には「言霊」という考え方があります。
口に出して言ったことは、現実になるというものです。
ですので、悪口やネガティブ発言など、現実に起こってほしくないようなことは言わないようにしましょう!
他人にはマイナスな言葉を言いませんよね?それなら、自分にも言うのはやめましょう。

「私なんか…」「どうせ私は…」
という言葉は即刻廃止して、
「私でも~できる!」「私なら~」という言葉に置き換えましょう!

みなさんが自信を持てる日がきますように。

参考元:allwomenstalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nana

著者の記事一覧

はじめまして。政治学科に通う学生です。
洋画洋楽鑑賞が趣味です。
語学が得意なので、主に海外サイトの翻訳をして記事を書いていきます。
読む人が読みやすい記事を書いていけたらなと思います。
よろしくお願いします!







関連記事











ページ上部へ戻る