困った好き嫌い。子供の偏食にどう対応する??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
困った好き嫌い。子供の偏食にどう対応する??

うちの子、好き嫌いが多くて困ってるんです。
どこのおうちでも聞かれるこの好き嫌いという言葉。
なんでもバランスよく食べ物を摂取するということは子供だけでなく大人でも大切なことです。

好き嫌いって誰にでもあると思います。
例え食べられるとしても、苦手だなと思うものってありますよね。
私も嫌いなものはあります。
お恥ずかしい話、牛乳と人参はいまだに好きにはなれません。
ただ、私も母親という立場上、子供を産んでからは子供の前では嫌いでも食べるようにはしていますが、苦手なものは苦手。
それは大人の私たちでも分かっていることではないでしょうか。

 

嫌いと食べず嫌い

食事について考える女性
ただ、嫌いと、食べず嫌いは違うと思います。
子どもというのはいつからか、見た目が好まないものに手をつけなくなります。
うちの息子も、かなりの激しい食べず嫌いで緑色のものはとりあえず手をつけません。
2歳頃まではなんでもおいしそうに食べていましたし、私も彼が野菜を嫌いにならないような工夫をしながら食事には十分気を付けていたつもりでした。
なぜ突然野菜を食べなくなったのか。
私にもさっぱり分かりませんが、保育園などに通うようになると、家以外の場所で食事をする習慣が出来ます。
保育園や学校などの“給食”は栄養のバランスが良く考えられていて、もちろん野菜もたくさん出てくることでしょう。
年少になった頃から野菜を食べてくれないと先生から報告を受けるようになりました。
おそらく、どこかで野菜というものはおいしくないんだという先入観が彼の中で芽生えてしまったのでしょう。
今では少しでも緑色が見えた物は促さない限り食べてはくれなくなりました。
何かをきっかけに野菜なら野菜全般を苦手と思い込んでしまうのが食べず嫌い。
これはその思い込みをといてしまえばさほど問題はないと思います。

 

好き嫌いは仕方のないこと

食べ物の好き嫌いが激しい子供
食べ物を嫌いになるには必ずきっかけがあります。
逆に好きになるのにもおいしいと感じるきっかけがあるのと同じです。
嫌いになってしまうというのはまずい、苦い、辛い、などの不快感を感じてのことです。
ピーマンは苦い。
だからピーマンを嫌う子は非常に多い気がします。
でもピーマンが苦いのは仕方のないこと。
ピーマンの味を変えることは出来ません。

私個人が今までの経験を思い返してみると、たくさんあった嫌いなものが大人になるにつれてかなり減っています。
よくあるグリーンピース、だとか、茶碗蒸しからほじくりだす銀杏だとか。
銀杏なんかは家族中のものをもらって食べるほどになりましたし、たしかにあった食べず嫌いも、付き合いなどで食べてみる機会があって、なんだ!おいしいんだ!なんて発見があったりもしました。
大人になると食事はバランスよく取らなければいけないなんて事は自分の身体が教えてくれるようになります。
そんな中で牛乳がどうしても飲めなければ別のところからカルシウムを摂ろうという知恵もつきます。
なので、はっきり言うと、心配しなくても大丈夫!なのです。

好き嫌いが激しい、野菜を食べてくれない、このことでかなり気に病むお母さんを見かけます。
ご飯を食べずにお菓子ばっかり食べるだとか、水分は摂るけど食べ物を口にしないならそれは大問題ですが、一応ご飯は食べる、というのなら栄養面で偏らないように気を付けてあげることが1番大切です。
栄養素というのは同じものを他のものから摂取出来ることが多いですので食べてくれるもので補ってあげられたら何の問題もないと思います。

どうしても置き換えが難しいような食材は、フードプロセッサーなどを使って目に入らないようにしてしまえばいいだけです。
私は結構この技を使っています。
知らない内に食べてしまっていた戦法です。
跡形もなく他の食材に混ぜてしまうと、結構普通に食べてくれるものです。
結局、これが食べず嫌いということ。

 

食事は楽しくが基本

ご飯を食べる女の子
学校に行くようになってからは、給食を全部食べた子にシールをくれるそうで、これに張りきった息子は毎日給食を残さず食べるようになりました。
ということは、バランスのいい食事を必ず1食は摂れているということになります。
母親としては何とも有り難いこと。
本人も毎日元気です。
何をどんな形でもいいから食べてくれさえすれば、毎日元気に走り回っていれば、さほど気にする必要はないかもしれません。

食事に関して、食事の度にこれ食べなさい、あれ食べなさい、どうして食べないの、などとイライラしてしまうのはかえって逆効果になってしまいます。
食事というのは楽しく、おいしくというのが大切です。
食事の時間に叱られたり、あれこれ言われてしまっては、だんだんと食事事態に嫌気がさしてしまいます。
子供が食べてくれないものでも、まずお父さんやお母さんが、おいしい!と笑顔で食べて見せることで、おいしいんだ、食べてみようかな・・・という少しのきっかけが出来るかもしれません。
それで食べてはくれなくても、無理強いはせず、また違った形で挑戦してみましょう。
そして、もしそれを食べてくれた時は、たくさんたくさん褒めてあげてください。
おいしいよね、よく食べれたね、えらいぞー!
子供は褒められるのが大好きです。
次は得意になって食べてくれるかもしれませんよ。

 

ちょっとした工夫

パンダのかわいいお弁当
先ほどフードプロセッサーで形を失くしてしまうという方法を書かせてもらいました。
もう一つ、使える方法はお弁当。
お弁当というのは四角い箱の中身をピカピカにしたら、お母さんが喜ぶという魔法をかけることが出来ます。
お弁当を持たせるときに、ママ頑張って作ったよ!ピカピカにしてきてくれたら嬉しいな!と一声かけるだけでお弁当に魔法がかかります。
また、お弁当というのは大好きなお友達などといつもと違う場所、違った環境で食べることが多いために、何でも美味しく感じるもの。
蓋を開けた時に嫌いなものが目に入って、ウッ。となったとしても、魔法がかかったお弁当はピカピカにしてみようという勇気をくれます。
うちの息子はこの魔法に完全にかかっているため、お弁当箱に入った嫌いなものは必ず食べて帰ってきます。
まず私に空の弁当箱を見せて、美味しかった!と言いたいのです。

息子はチーズが大嫌いでした。
チーズがのっているものは絶対に口にしない。
でも一時期流行ったキャラ弁は、キャラクターを作るのにチーズが必要なことが多く、少し躊躇したものの、まぁ、食べないならそれでもいいか。という気持ちで普通に使うようにしていました。
一応、魔法はかけます。
すると綺麗に食べて帰ってきたのです。
母親と少年
空っぽにしてきた時は必ず褒めてあげてください。
少しやりすぎなくらいがいいと思います。
チーズは大してまずいものではないと思ったのか、今ではおやつ代わりにチーズを普通に食べています。
この魔法が全ての子に効くという訳ではないかもしれませんが、“食べてみる”というきっかけにはなります。
もし残してきても、責めたり、叱るようなことはしてはいけません。
ゆっくり見守ることも大切です。

 

食べることの印象を良くする

家族
食事の際に、食べないことを責めてはいけないと書きましたが、食べ物を食べるきっかっけの多くは、食卓でお父さんやお母さんがとてもおいしそうに食べているのを見る事だそうです。
苦手意識のあるものが食卓に並ぶとまず嫌だなという気持ちが生まれてしまいます。
なかなか手をつけようとはしないはずです。
それでも、まずお父さんやお母さんが食べて見せた後に、美味しい!!すごく美味しいよ!なんてちょっとオーバーに言ってみると、そうなんだ、美味しいんだ、と少しだけ食べてみようかなという気持ちになります。
興味を示すようなら、少しだけ口に運んであげましょう。
これも1つの“食べてみる”きっかけです。
何を食べるときも、楽しく美味しくを心がけて食べるということに良い印象を持たせることも重要だと思います。
これも無理強いはせず、時間がかかってもゆっくり見守ることにしましょう。

 

食育を利用する

勉強をする子供とママ
今は地方自治体で各保育所や学校に栄養士さんが出向いて子供たちへの食育が実施されたりしています。
身体に必要な栄養素の勉強やバランスよく食事を摂るにはどうしたらいいかなど、かわいいキャラクターを用いて子供にも分かりやすいように教えてくれるものです。
その際に、スタンプラリーのようなちゃんと食べたらシールを貼る、といったツールなんかをくれたりもします。
ゲーム感覚で食事を楽しむという機会をもらえるので、積極的に利用するといいと思います。
食べればシールがもらえるという目標が出来るので、子供も頑張ろうと思っているのはチャンスだと思います。
一緒に楽しく参加してこの機会に苦手なものが1つでも減ったら嬉しいですね。

 

おわりに

ケーキ作りをする親子
好き嫌いをなくそうというのは親であれば誰もが思うことです。
身体のために何とかして食べさせようと思うのも普通のことだと思います。
ですが、好き嫌いは誰にだってあることですから神経質になる必要はないです。
いつになっても食べなかったものをある日突然食べるようになることだってあり得ますし、好きで食べ続けたものに嫌気がさして嫌いになったなんて話も聞いたりもします。
でも、なんでも食べるに越したことはありませんから、自分で栄養管理が出来ないうちは少し工夫をしながらもバランスよく栄養が摂れるようにサポートしてあげましょう。
なぜ食べないの?困ったな。なんて神経質になってしまうと、それは子供には逆効果になってしまいます。
あくまでも、楽しく美味しくをモットーに長い目で見守っていきましょう。

私もそうですが、食事の支度というのは本当に大変ですよね。
一生懸命献立を考えて、時間や手間をかけて作ったのに食べてもらえないのは悲しいものです。
私も息子と2人のご飯ですから、残されてしまうと全部自分で食べなければいけないので、正直腹も立ちます。(笑)
けどそれも、よし、次は絶対食べてもらうぞ。なんて目標に置きかえて日々のやる気に繋げています。
そんなこんなで頑張っていると、食べてくれた日は本当に嬉しいものです。
大きくなってくると、ご飯は食べないくせにお菓子でお腹を満たそうという安易な行動に出てきたりもしますが、なんだかんだお母さんのご飯は好きなはずです。
自信をもって今日も美味しいご飯を作ってあげてください!
毎日本当にお疲れ様です。

イヤイヤ、癇癪…困ったその場を乗り切る方法イヤイヤ、癇癪…困ったその場を乗り切る方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事






ページ上部へ戻る