手入れがしにくい!くせ毛の手入れを楽にするヘアアドバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手入れがしにくい!くせ毛の手入れを楽にするヘアアドバイス

じめじめ不快な梅雨から一転、夏になれば蒸し暑さから汗だくになってしまいます。
そこで問題になってくるのが、“くせ毛”ではないでしょうか。
髪の毛は湿気を含むと収拾がつかなくなってしまいます。
くせ毛ではない人でも、なんか調子悪いなぁと感じるほど、湿気というのは髪の毛にとっては大敵なんです。
髪が傷んだ女性
年中通して、雨の日は美容院にくる方が多いように感じます。
普段はちゃんとまとまっていても雨が降って、湿気が発生するといつものようにまとまらず、調子が悪く感じるのですね。

 

くせ毛を消すのが1番楽

350 髪 
梅雨の時期から、くせ毛を直す縮毛矯正をされるお客様が増えていきます。
1番手っ取り早いのは、縮毛矯正でくせ毛を抹消してしまうことかもしれません。
矯正のメリットはくせがまっすぐになるということだけではなく、寝癖もつきにくい、すぐに乾くという手入れが楽になることでしょうか。

でも1つだけデメリットを書くとすれば、アレンジが効かないという点。
1度矯正をかけてしまった部分はコテなどで巻いても跡がつきにくく、1日持たないことが多いです。
また、その後にパーマでカールスタイルにしたいなと思ってもパーマがかからない、それによってかなりのダメージが加わってしまいます。
毎日巻くという方や、後にまた髪型を変える可能性があるという方は少し考えて見た方がいいかもしれません。

 

くせ毛を正すという方法

350 水着 髪をかき上げる女性
くせ毛を正す、なんて意味が分からないかもしれませんが、パーマをかけるということです。
くせ毛というのは不規則にあちこちいろんな方向に向かって動き回ってしまうもの。
これを均一に同じ方向へ向かせるためにパーマをかけてあげるのも1つの方法なんです。
くせ毛の度合いにもよりますが毛先がはねる、大きくうねるようなくせの場合、パーマをかけてあげることでかなり手入れがしやすくなると思います。
くせがそんなになくても伸ばしている途中などで髪の始末が難しいという人にもパーマはお勧めです。
パーマをかけるにあたって、ただして欲しいスタイルを提示するだけではなく、くせを少しでも手入れしやすくしたいという旨を伝えましょう。
髪質やくせの具合、くせの強さなどに応じて自分にあった大きさ、強さでかける必要があるからです。
パーマはだいたい1カ月から2カ月で取れてしまうものなので、涼しくなった秋ごろにまたスタイルチェンジもしやすいのではないかなと思います。

 

アレンジで乗り切る

髪をポニーテールに結ぶ女性
なるべく髪の毛に負担はかけたくないという方は、朝の時間に少し余裕をもってアレンジをするということもいい方法だと思います。
アレンジで髪の毛をまとめてしまえば、髪の毛が湿気を含んだとしても広がったり崩れたりする心配はほとんどないと思います。
一つに結ぶ、ポニーテールのような簡単なものでも結構ですが、1つにまとめるにしてもお団子にしてしまうようになるべく毛先がまとまっている状態の方が気にならないはずです。
アレンジが得意な方であれば編み込みなどを織り交ぜながらより崩れにくいようにまとめられるのがベストでしょう。
アレンジは苦手という方も今はくるりんぱのような簡単アレンジも動画などでたくさん配信されています。
担当の美容師さんに聞いてみるのもいいと思います。
髪型によって、また髪の毛が短い場合も、それに合ったかわいいアレンジを1つ2つ教えてもらうといいですよ。

 

カットはなるべく重めがBEST

髪をカットする美容師
暑い時期はお風呂上りも不快なので、何とか乾かす時間を短縮したいものです。
なのでカットのオーダーも軽くしてほしいというものが多い気がします。
軽くするのは簡単ですが、くせがある場合は、軽くすることでかえってくせ毛を悪化させることになります。
髪の毛は軽くなればなるほど自由に動けるようになるので今までおとなしくしていたくせまでも迫力を増して動いてしまうようになるのです。
軽くした結果、失敗したという話は良くあることです。

くせ毛の場合はなるべく段の少ないワンレングスやボブ。
あまりすかずに重めな感じがちょうどいいはずです。
乾かすのは大変かもしれませんが、その分髪が必要以上に広がったりすることは防げるはずですので少しの間我慢するというのも手かもしれません。

 

おわりに

350
前髪のあたりにくせが出るという方、多いですよね。
私も元々は直毛で伸びると毛先がうねるタイプのくせ毛でした。
(伸びると出るくせ、切るとでるくせというタイプの方もいます)
前髪というのは1番厄介なもので、朝しっかりアイロンで伸ばしていっても、雨ならすぐ、額に汗が出れば完全に、元に戻ってしまうのです。

最近はわざとうねらせておくようなスタイルやくるんと巻いた感じの前髪も流行っていますので、気にならなければそれに越したことはありません。
でもどうしても、毎日前髪がストレスになってしまうような場合は、前髪だけでも縮毛矯正をすることは可能ですので、くせをなくしてしまった方が楽になると思います。
そんな感じで部分的にも矯正やパーマはかけることが出来ます。
どんなことでも構いませんので1度美容師に相談してみてくださいね。

くせ毛・うねりの治し方と、くせ毛改善おすすめシャンプー3つ!くせ毛・うねりの治し方と、くせ毛改善おすすめシャンプー3つ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る