20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選

中々落ちない太もものお肉。
夏までに細くなってほしい!といっても残念ながらそう簡単には細くなりません…。
でも、うまいこと隠してしまえば気になりません。
おしゃれに体型カバーしちゃいましょう!
今年のトレンドをうまく利用すれば、しっかり隠せますよ。

 

夏の太ももカバー方法

①同じデニムでもカラーは暗め!

5人グループ女友達
気になる下半身や太ももには、暗めの色を持ってくるのがポイント。
せっかく夏なのに、暗い色?と思うかもしれません。
でも、その分トップスには夏らしいものを合わせましょう。

例えば、デニムのショーパン。
同じデニムでも、カラーは様々ですよね。
ライトブルーとブルーがあった場合。

20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選
写真 Supreme.La.La/ファッションウォーカー

細く見せたい場合には、濃いめのブルーを選択するのが正解。
こちらのショーパンは、シルエットがベーシックなので使いやすいですよね。
夏だけではなく、合わせ方によって一年中使いまわせるショーパンはとっても便利。

Supreme.La.La

シュープリーム ララ デニムショートパンツ

8,964円(税込)

 

②スカート丈にも要注意!

スカート丈って流行もありますし、難しいですよね。
少し前には、ミモレ丈やコクーンスカートが流行っていました。
これって、下半身が気になる方にはとっても危険。

マキシ丈も、足首を完全に隠してしまうのはNG。
足首は女性らしさを出せる重要なポイント。
夏はなおさら出しちゃいましょう。

もっとも太く見えてしまう丈は、ひざ下5cm~ふくらはぎの半ばくらいまで。
ここにスカートの裾がきてしまうと、足が太く見えてしまうんですよ。
ミニ丈であれば、ひざ上5cm~10cmくらいが◎。

トレンドを取り入れつつ、細く見せることができるのは台形スカートです。

20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選
写真 milky way

ハイウエストになっているのもポイントです。
ハイウエストで履いて、ヒールを合わせれば足がとっても長く見えるんですよ。
また、ウエストがコルセットの役割もあるためにくびれを強調できるのも、嬉しいところ。

ヒールが合わせられると体型カバーにはぴったりですが、アウトレットなどのショッピングモールでは、かなり歩くこともありますよね。
そんな時には、スニーカーや無地のホワイトスリッポンなどで合わせてもOK。
カジュアルにもきれい目にも好みに合わせて、コーデできちゃいます。

milky way

milky way original タイトスカート

ストレッチハイウエスト
2,106 円(税込)

 

③スカーチョは、体型カバーの強い味方

今、とってもトレンドなスカーチョってご存知ですか?
ガウチョパンツによく似たシルエットですが、よりスカートに近いスカーチョ。
暑い夏でも、風通りがよくロング丈でも着やすいんですよ。

でも、ガウチョパンツもスカーチョもダボッとしすぎて、いかにも体型カバーコーデ…。
ちゃんと着こなせば、ダボッとならずに綺麗に着こなすことができるんですよ。

20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選
写真 DarkAngel

ポイントは、トップスをしっかり締めること!
ダボッとしたボトムにダボッとしたトップスを合わせてしまうと、いかにも体型カバー。
一歩間違えると、おばさんみたいになっちゃいます…。

トップスはショート丈で合わせたり、スッキリしたシルエットで合わせましょう。
ボトムが広がっているので、ハイウエストで履いて足を長く見せると良いですね。

足元も、ぺたんこのサンダルで合わせられるのが嬉しいところ。
無理にヒールにしなくても、良いんですよ。
トップスや小物を変えるだけで、印象も一気に変えることができちゃいます。

DarkAngel

ダークエンジェル 美ゆるさらテロスカーチョ

ロングタイプ/7分丈タイプ
1,290円(税込)

 

④足元を上手に利用する!

靴を直す女性
少しでも細く見せるためには、お洋服だけではありません。
小物選びもとっても重要。
目線を下半身から逸らしちゃいましょう。

一番重要なところは、靴。
スニーカーやスリッポンは、歩きやすいしカジュアルな服装には、ぴったりですよね。
でも、下半身が気になる場合にはおすすめできないんです。
それから、全体的に厚底になっているサンダルもスタイルアップ効果は、期待できません。

おすすめは、ヒールです。
ヒールの中でも、華奢なタイプが一番綺麗に見えるんですよ。
足元が重く見えてしまうので、あまり暗い色は選ばないようにしましょうね。
なるべく明るいカラーがおすすめ。

パンプスでも、サンダルでもヒールがあって、アンクルストラップがついているものは、歩きやすいんですよ。

20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選
写真 Re:EDIT byGALSTAR

ヒールも、このくらい高さがあると足が細長く見えますよね。
ヒールがあるのとないのとでは、全然違います。
ショッピングモールなどを歩き回るときも、アンクルストラップもついているのでちゃんと歩くことができますよ。

カラーも今年トレンドのシルバー。
「シルバーは派手すぎ」や「合わせづらいんじゃ?」と思うかもしれません。
でも、そんなことはないんですよ。
シルバーは夏の定番、ネイビーとの相性も良いのでとっても使いやすいんです。
この夏、一つは持っていても良いのではないでしょうか?

Re:EDIT byGALSTAR

リエディ アンクルストラップ ピンヒール

カラー 6色 
2,998 円(税込)

 

まとめ

350 ハイヒール 女性たち 足元 脚
体型カバーのために「全身真っ黒にしなければ」とか、夏でも「レギンスは手放せない」なんて方も多いかもしれません。
もちろん、隠すしたい気持ちはよくわかります。
いかにも隠してます!じゃなくて、おしゃれに自然に隠せると良いですよね。

ちょっと大変かもしれませんが、ヒールに挑戦して、少しでも縦のラインを強調するのもありですよ。
台形スカートやスカーチョで、トレンドも取り入れながら体型カバーしちゃいましょう。

今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪







関連記事











ページ上部へ戻る