夏の終わり、日焼けケアは大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の終わり、日焼けケアは大丈夫?

夏場の紫外線ケアは、基本。
お外に出るときは、必ず日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりスキンケアを変えてみたり。
いろんな対策をしますよね。
でも、どんなに紫外線対策をしていても秋口になると、どうしても肌荒れが気になってきますよね。
乾燥も始まるし、夏の間にダメージをため込んでしまったお肌には、どんなケアが必要なのでしょうか?

 

シミ対策にはビタミン

350 肌 レモン
紫外線を受けてしまっても、シミがすぐにできることはありませんよね。
シミの原因であるメラニンは、一気にでてくるのではなくてターンオーバーとともに、表面に出てきてしまいます。
だから、夏にため込んでしまったメラニンが、秋になると肌の表面に出てきてしまうんですね。

9月頃からは夏に比べて、確かに紫外線は弱まります。
つまり、新たに作られるメラニン色素が少なくなってくるってことですね。
夏に作られてしまったメラニンを追い出してしまえば、秋以降に出てきてしまうシミを防ぐことができるんです。

レモン
シミのない綺麗な肌に必要なのは、ビタミンC。
ビタミンCは、排出されなかったメラニンの色素を、通常の色素に戻す効果があるんです。
ビタミンCが美白に良いなんて、当たり前だよね?なんて思った方、一日にどのくらい摂取してますか?
1500㎎以上摂取できていますか?
中々難しいですよね。
ビタミンCをしっかり摂取することができていれば、日焼け止めの効果もあるんです。
でも、ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、出来る限りこまめに取り入れるのが良いですね。

マヨネーズ
ビタミンC以外にも、ビタミンEも美白に効果的。
シミ以外にくすみにも効果が期待できます。
ビタミンEが多く含まれている食品は
・いくらやたらなどの魚卵類
・さばなどの青魚
・マヨネーズ
などです。
案外簡単に接種できるものではないでしょうか。

秋にはいつも以上に意識してビタミンCやビタミンEを摂取しましょう。
ビタミンで出来る限りしみを防いでおくと、今後が安心です。

 

秋もまだまだ気を抜かないで!

350 ファッション 秋 風景
夏だけじゃなくて、秋にも紫外線ケアは必要なんです。
9月になって、日差しも弱まると紫外線ケアも怠ってしまいそうになりますよね。
特に、夏の間頑張っていればいるほど、もう面倒ーっていう方も多いかもしれません。
でも、紫外線量が減ったとはいえ、秋でも紫外線は降り注いでいるんです。

日焼け止めは9月もまだまだ必要です。
9月でも、SPF50くらいのものを使うことをおすすめします。
意外かもしれませんが、10月でもSPF35程度の物を使って紫外線対策をしてください。
日焼け後のケアを確実に成功させるためにも、秋になっても日焼け止めは必須なんです。

 

毎日のケアに必要なものは?

350 女性 スキンケア 鏡 笑顔 マッサージ クリーム 洗顔 乳液 化粧水
内側からのケアは、ビタミンCなどのビタミンを摂取するとしても、肌には直接どんなケアが必要なのでしょう?

まず、日常のケアから見直してみましょう。
クレンジングと洗顔は、毎日のことですからとっても重要ですよね。
クレンジングの際には、絶対に擦らず撫でるようにオイルを馴染ませてください。
洗浄力もあって、洗い上がりもさっぱりするクレンジングオイルをおすすめします。

おすすめ☆

Leaf&Botanics クレンジングジェルLA

こちらは、最近HACでも取り扱いがあるのでいつでも購入できるのもポイント高いです。
洗い上がりもさっぱりとしていて擦らなくても、しっかり馴染ませればマスカラやアイラインもちゃんと落としてくれるんです。
必要な潤いはちゃんと残してくれているのもわかるので、リピートしています。
ちなみに、おすすめしてくれたのは元美容部員の方です。

 

秋が勝負!

寒さに負けない肌力を手に入れよう!保湿力を高める3つのステップ
ご存知の通り、冬は一年でもっとも肌に厳しい季節。
そんな冬がやってきてしまう前に、夏に受けたダメージを回復して、お肌を健全な状態にしておかなければ、肌の老化がどんどん進んじゃうんです。

まず、一つ目のトラブルは、紫外線によるメラニン生成。
それに伴っておこる、シミやそばかすなどの色素沈着なんです。
通常、健康的なお肌なら紫外線が少なくなってくると、メラニンの生成量も、元の生成量に戻っていくんです。
生成されてしまったメラニンも新陳代謝によって、体外に排出されていきます。

でも、お肌の状態が健康じゃない場合は、生成されたメラニンがお肌に残ってしまうんです。
メラニンがお肌に残ってしまうと、シミやそばかすになってしまいます。

そして、二つ目のトラブルは紫外線の影響によっておこる乾燥です。
秋になるとお肌が急にカサカサしてきたり、固くなったように感じたりしたことってありませんか?
これってお肌の保湿する機能やバリア機能が低下しているからなんです。
放っておくと、老化が進んでしまいます。
ただでさえ、乾燥はしわの原因なので乾燥対策もマストですよ。

 

おわりに

350 肌 美白
今ではあまり聞かないかもしれませんが、「25歳はお肌の曲がり角」なんて言われることも。
夏、たくさん遊んでも美肌でいたいですよね?
遊びすぎても、日々のスキンケアや紫外線対策だけは怠らないで、じっくりとお肌と向き合う時間を作りましょう。
年を重ねてから、あの時…。なんて思わないように、今のうちからケアしておくことが重要です。

600お肌を冷やして美白する💛資生堂の新冷却美白クリームHAKU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪







関連記事











ページ上部へ戻る