20代前半のうちに着ておくべきアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20代前半のうちに着ておくべきアイテム

「20代前半」一般的にも「若い」と言われる年代ですよね。
この頃って本当に時間がたつのも早くて、人生の中でももっとも楽しい時期なのではないでしょうか。
お金も自分で稼ぐことができたり、大学で新たな出会いがたくさんあったり。
そんな人生でも重要な20代前半のうちにしか着られないお洋服はたくさんあるんです。
もちろん見た目がずーっと若ければ30代でも着られるかもしれません。
でも普通の人は、ある日突然今まで着ていた服と顔が合わなくなってしまう時が、やってくるんです…。
好きだったブランドのお店に入っても、周りの人たちよりも明らかに年齢が違ったり…。
20代前半の頃って、JKの頃から変わらないブランドを着ていても、そんなに違和感はないんですよね。
まだまだ大抵のことは、「まだ若いから」なんて理由で大目に見てもらえるうちに、奇抜な服装や派手な服装を楽しんじゃいましょう。

 

ミニ丈は膝に注意!

スカートをはいた女性

20代と30代って何が違うの?30代になったら着られなくなっちゃうの…?
20台前半の間には、そんなんこと全然考えないかもしれませんね。
でも、確実に年はとるものなので、肌感などは絶対に変わってきちゃうんです。
特に年齢が出ると言われている場所は、肘や膝。
つまり、ミニ丈のアイテムは若い子だけの特権ということです。

もうひとつ、理由があるんです。
20代後半や30代でももちろんミニ丈を着ることはできます。
ミニ丈が似合う方もたくさんいますよね。
でも、やっぱり若さはあふれ出るもの。
20代後半~30代でのミニ丈は、はしたないイメージになってしまうことも。
素材や形次第ではありますが、若い子だけが似合うデザインは必ずあります。

ミニ丈と一言で言っても、形や素材によってもイメージがかなり変わるんです。
例えば、WEGOは20代前半ならではなブランドかも。
トレンドも取り入れられてて個性的なアイテムもあって、そしてなによりプチプラです。

WEGO

(L)タックフレアスカート

一見シンプルですが、丈感とフレアがとても若々しいですよね。
ウエストはゴムなので、履き心地も◎
そして、素材感。
チープさはあるものの、それもまた若い子だから可愛く見えるんです。
生足に靴下で履いていても、違和感ありませんよね。
若々しくて、元気なイメージです。

 

BEAMS WOMEN

デニムフレア スカート

BEAMS WOMANのフレアスカート。
素材感ももちろんですが、丈感も変わって印象ががらっと変わりましたよね。
BEAMSも若い子のブランドではあるのですが、最近では幅広い年代の方が着ています。
というのも、やっぱり素材が違うんです。
素材感が違うだけで、落ち着いた印象にもなるので、20代後半~の方もこれなら若々しい印象のまま着られます。

 

せっかく20代前半の若々しさを活かすなら、WEGOのミニ丈がおすすめ。
今しかミニ丈は着られないし、生足でお出かけできるのも、今のうち。
足を出すのに抵抗があるとか、ひざ上が気になるなんて言わないで。
今なら全部許されちゃうから、大丈夫。
まずは挑戦してみてください。

 

ボーイッシュスタイルは今だけ

サングラスをかけたモデル

メンズライクなアイテムで、どことなくシンプルなスタイルのボーイッシュコーデ。
ニット帽とかスウェットアイテムとか、カモフラ柄なんかがその一部ですよね。
でも、そんなボーイッシュコーデも若さあってこそ。
なぜなら、一歩間違えばダボッとしたおばさんの普段着になってしまうからです。

REAL STYLE

カットオフスウェットハーフパンツ 

スウェットパンツにTシャツ。
クラッチバッグとの相性も良く、ボーイッシュにまとまっていて、とてもかわいいです。
一歩間違えば、部屋着にも見えてしまいそうなダボッとしたスウェットパンツでも、若い子が着ていると、そういうファッションなんだ、とおしゃれに見えます。

でも、これがおばさんとお姉さんの間の年齢で着てしまうと、ファッションなのか部屋着なのかボーダーラインが曖昧に…。

特に、メンズライクなアイテムは注意が必要です。
パーカーだったりスウェットなんかは、おばさんも愛用のアイテム。
おしゃれに着こなせるのは、若いうちだけ。
カジュアルでゆったりしたボーイッシュコーデが好きな方は、ぜひ今のうちに楽しんで!

 

おわりに

いかがでしたか?
20代には20代にしか許されないお洋服があるんです。
でも、それに気付いた時には、手遅れなんてことも。
だからこそ、「今しか着られない」を意識してお洋服を選ぶと、後々後悔しなくてすむかもしれません。
どちらか悩んだ時には、基準にすることもできます。
気に入らないものを無理に着る必要はありませんが、後悔しないようにちょっとくらい派手でも露出が多くても、今だけの物と考えて挑戦してみてください。

でも、だからといって年齢を重ねることに、おびえる必要はありません。
30代、40代になったときには、その時にしか着られないアイテムがあります。
いくつになってもお洋服を楽しんで、自分に似合うものを理解しておくと安心ですね。

20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選20代女子に送る、夏の太ももカバー方法5選
20代女子に送る、夏の二の腕カバー方法20代女子に送る、夏の二の腕カバー方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪

関連記事






ページ上部へ戻る