紫外線を浴びたあとは72時間が重要!シミにならないアフターケアとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線を浴びたあとは72時間が重要!シミにならないアフターケアとは

しっかり紫外線対策をしているつもりでも、ついやってしまう「うっかり日焼け」。
レジャーやバカンスではどうしても日に焼けてしまうこと、ありますよね。
でも、そこであきらめなくても大丈夫!
紫外線を浴びてから72時間以内に正しいアフターケアをすれば、シミや肌トラブルを防ぐことができるんです♪
なぜ72時間以内が勝負なのか、そしてどんなケアをすればシミを防げるのかをすべて紹介致します!

 

そもそもなぜ紫外線でシミができるの?

緑の砂時計
一年中徹底美白を心がけているみなさんは、そもそもどうして紫外線がシミをつくるかご存知ですか?
紫外線は肌の中まで到達すると、DNAを損傷させたり、細胞にダメージを与えて赤く炎症を起こしたり、活性酸素を発生させる原因になります。
するとメラノサイトは肌を守るために「黒色メラニン」をどんどん生み出し、これがシミ元になるんです。

黒色メラニンができても健康な肌なら時間ともに垢となって剥がれ落ちますが、ストレスやホルモンバランスなどの影響でターンオーバーが乱れると肌の中に残ってしまい、はっきりと目に見えるシミやくすみになるんですね。

メラニン色素のイメージ写真
黒色メラニンがつくられるのが紫外線を浴びてから24時間〜72時間。この3日間メラニンを押さえ込めば、シミができるのを防げます!
では具体的にどんな対策をしていけば良いのか、詳しく見ていきましょう。

 

紫外線を浴びた当日は「冷やす・保湿」が重要

洗顔をする手

紫外線を浴びてすぐは肌が赤くなったりヒリヒリ感があったりと、炎症を起こしている状態です。まずはしっかり冷やしてほてりを抑えてあげましょう。
日焼けをしたらすぐに美白化粧品を使いたいところですが、炎症を起こしている肌には刺激が強すぎます。
刺激もメラニンを増やす原因になるので、ここでは守るケアを徹底することが大切です!
使う化粧水やパックも、保水力のある肌に優しいものがベストですね。

 

24時間後は赤みのピーク!ビタミンCサプリで内側からのケアを

薬を飲む図

日焼けで肌が真っ赤になるピークは24時間後です。このときも炎症が続いていたら、まだまだ美白化粧品を使うには早すぎるので、当日と同じスキンケアをしましょう。
特に赤みなどが出ていなければ美白ケアに切り替えてもOKです(次で紹介します)♪

またビタミンCのサプリメントを飲んで、内側からダメージを抑えることも大切。
ビタミンCには抗酸化作用(活性酸素を除去する効果)があり、メラニンが増えるのを防いでくれます。
日焼け後はもちろん、普段から積極的に摂りたいですよね♪

柑橘類やアセロラにもビタミンCはたっぷり含まれていますが、ソラレンという紫外線を吸収する成分が入っているので朝食べるのはNG
ソラレンが含まれていない「アスコルビン酸(合成ビタミンC)」が主成分のサプリメントを飲むのがおすすめです。

 

48時間〜72時間は徹底的に美白ケアをする期間!

350

ここでやっと美白ケアに切り替えます。もちろん、赤くなるほど焼けていないという人はもっと早く初めてもOK。
化粧水や乳液だけでなく、美容液やパックも積極的に使いましょう。
この期間の美白におすすめな成分はこの10個です!

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • リノール酸
  • 4MSK
  • D-メラノTM(ニコチン酸アミド)
  • ルシノール
  • マグノリグナン
  • カモミラET など

これらはすべて、メラニンができるのを抑制したり、チロシナーゼ(メラニンを作るのに必要な物質)の働きを弱める効果がある、厚生労働省が認可した美白成分です。
4MSKは資生堂、D-メラノTMはマックスファクター(SK-Ⅱ)、ルシノールはPOLA、マグノリグナンはカネボウ、カモミラETは花王が開発して特許をとった成分。
また、KOSEはコウジ酸を得意とするメーカーなんですよ。
皆さんがお手持ちの化粧品にも入っているかもしれませんね♪

美白成分は人によって合う合わないがはっきり分かれます。
同じものを使っても、効果がぐんぐん表れる人もいれば、効果がでないどころか肌荒れしてしまう人もいるといわれています。
だからこそ、できるだけ若いうちに自分に合う美白成分を見つけ出すというのもシミを防ぐポイント!特許が切れるまで(10年)は上記の開発メーカーでしかその成分は使えないので、お気に入りの美白成分を作ったメーカーを中心に選んでいくと良いと思います。

 

72時間が過ぎても油断は禁物!1週間はアフターケアを万全に

350

72時間以内に美白ケアをしたからといって、安心するのはまだ早い!
ここまでですべてのメラニンを押さえ込めたとは限らないんです。
できてしまったメラニンのアフターケアで積極的に使いたいのは「メラニンの排出を促す」美白成分。それには次のようなものがあります。

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • 4MSK
  • エナジーシグナルAMP など

エナジーシグナルAMPは、大塚製薬が開発した成分。
その他は先ほども紹介したものばかりですね。ビタミンC誘導体はマルチに活躍する美白成分といわれていますが、敏感肌の方には刺激になることがあります。
肌の弱い方はプラセンタなど作用が優しいものを選ぶと良いのではないでしょうか。

このように、ひとことに美白といっても「メラニンの生成を抑える成分」と「ターンオーバーでメラニンの排出を促す成分」があります。
他にも「できてしまった黒色メラニンを白く還元する成分」にハイドロキノンなどがありますが、副作用も強いのでまた別の記事で詳しく紹介しますね。
何となく美白化粧品を選んでいる方は、それぞれの働きにも注目してみるといいかもしれませんよ♪

 

日焼けをしても諦めないで!アフターケアで紫外線をなかったことに♪

350 女性 スキンケア 鏡 笑顔 マッサージ クリーム 洗顔 乳液 化粧水

うっかり紫外線を浴びてしまっても、がっかりすることはありません。
72時間以内のケア次第で、紫外線はある程度なかったことにできるんです♪
大切なのはまず炎症を抑えること。
炎症が続く限りメラニンが作られるリスクは高まるので、タイミングをみて美白化粧品を使ってください。

また、ビタミンCサプリは水溶性なので、撮りすぎた分は尿で排出されてしまいます。
一日数回に分けて飲むとより効果的に体に行き渡ります。
日焼けやシミの対策は予防が何より重要!
でもそればかり考えていたらレジャーも楽しめませんよね。
うっかり日焼けをしてしまった日は、ぜひ72時間の勝負タイムに徹底ケアをしてみてください。

美白と紫外線対策が同時にできる!?顔には日焼け止め美容液で対策を♪美白と紫外線対策が同時にできる!?顔には日焼け止め美容液で対策を♪
1週間チャレンジ!うっかり日焼け肌を白くするトマトジュースとハト麦茶1週間チャレンジ!うっかり日焼け肌を白くするトマトジュースとハト麦茶
自宅にあるもので日焼けケア!お肌に優しいもので日焼けを癒そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nao

著者の記事一覧

1984年生まれ。美容部員を経て、現在はライターをしています。
敏感で揺らぎやすい肌質&紫外線アレルギーなので、化粧品には並々ならぬこだわりがあります。
得意なジャンルは美白とアンチエイジング。
実際に私の肌で試したここだけの情報をお伝えしていきますので、参考にして頂けたら嬉しいです。
一緒に自分だけのキレイをつくっていきましょう♪







関連記事











ページ上部へ戻る