絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!

皆さんは「肌老化の80%は紫外線によるもの」と言われていることをご存知ですか?
日焼け止めは日焼けを防ぐだけでなく、目に見える肌老化まで防いでくれる美肌には欠かせないアイテムです。
しかしそんな日焼け止めも、塗り方次第では効果も半減…。
本当に正しい使い方をしてこそ紫外線をしっかりカットしてくれます。
今回は意外と知らない「日焼け止めの正しい塗り方」や「ワンランク上の紫外線カット法」について紹介していきます。
美白肌を絶対守りたいという方はぜひ最後までチェックしてみてください♪

 

使用量は500円玉大!日焼け止めはたっぷり使うことが鉄則

美容クリームを塗る手
日焼け止めには「SPF値」と「PA値」が書かれており、その数値を基準に選ぶことが多いですよね。
しかし、表示されている効果を出すためには「国際SPF試験法」で1㎠あたり2g塗ることと定められています。
これは顔全体にするとおよそ0.8mgで500円玉大の大きさ。
ほんの少量を伸ばすだけでは効果は充分に発揮されないのです。
日焼止め下地などに表記してある使用量はあくまでも「快適に使える量」であり、日焼止め効果を保証するものではありません。
500円玉大を目安にたっぷりと使うことを心がけてみてください。

 

日焼け止めを塗る前は保湿をしっかりする

クリームを塗る手
乾燥した肌は焼けやすいと聞いたことがありませんか?
これはバリア機能が弱まることで、肌の奥まで紫外線が届いてしまうことが原因です。
紫外線などの外的刺激から肌を守るためには角質細胞の間にセラミドや水分がたっぷり満たされていることが重要になります。
乾燥肌は日焼け止めのノリも悪くムラになりやすいので、まずはたっぷりの化粧水と乳液で保湿をしましょう。

 

塗り込むのはNG!?ポンポンと肌に乗せるように塗る

美容クリームを塗る女性
日焼け止めを塗るときはまず規定量を手に取り、額、鼻、頬、顎に乗せていきます。
その後は塗り込むのではなく、ポンポンと軽く叩き込むように伸ばしていきましょう。
この方法はアンチエイジングの第一人者である日比野佐和子先生が推奨する塗り方です。
しっかり塗り込むと思っている以上にムラになることが多いのだそう。
指の腹を使って優しく日置くようにして肌全体に伸ばしてみてください。

 

顔の高い部分やシミには重ね付けしよう

スキンケアをする女性
年を重ねるごとに、鼻の頭や頬の高い位置にシミができることがありませんか?
これはホルモンバランスの影響もありますが、紫外線が最も当たりやすいからだとも言えます。
顔全体に日焼け止めを塗り終えたら、もう一度少量指にとり気になる部分に重ね付けをしていきましょう。
頬骨のあたりやこめかみ周辺などシミのできやすい部分は特に念入りに。
すでにできてしまったシミの部分にも重ね付けをすることで濃くなることを防ぐことができます。

 

どんな日焼け止めも塗り直しは絶対に必要

サングラスとハットと日焼け止め
日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収するため時間とともに効果が落ちていきます。
また、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは水や汗に弱く、気付かないうちに落ちてしまっているものです。
どんな日焼け止めを使っていても、こまめな塗り直しは必須!
日常では化粧直しに日焼け止めパウダーを使ったり、レジャーでは一度クレンジングシートで落としてから塗り直すなど、シーンに合わせた対策をするのが白肌を守る秘訣です!

 

物理的防御が最強!外出時は日傘や帽子で徹底ガード

傘を差す女性
どんなに塗り方や塗り直しに気をつけていても、汗をたくさんかく環境では日焼け止めも流れてしまいますよね。
そんなときにでも強い味方になってくれるのが「日傘」や「帽子」です。
紫外線カット率の高いものを選べば直射日光は約8割防げるのだそう。
もちろんアスファルトからの照り返しがあるので日焼け止めと併用するのは必須ですが、使うと使わないではひと夏で大きな違いがありますよ。

 

飲む日焼け止めで内側からブロック

サプリを飲む女性
ここ数年人気が高まっている飲む日焼け止め。
これは飲むだけで「紫外線による活性酸素の発生」を防いでくれる効果があります。
活性酸素とはシミの原因になるチロシナーゼを活発にしてしまうもの。
つまり、活性酸素が作られなければメラニンの生成をブロックできるというわけです。
商品によっては、その他のシミの原因である「紫外線によるDNAの損傷」や「皮膚の炎症」まで防いでくれるものもあります。
最新の飲む日焼け止めを上手に使い、紫外線を徹底ガードしていきましょう!

おすすめの飲む日焼け止め

おすすめ

ホワイタス

価格:7,980円
※定期初回76%OFF1,980円

※2回目以降は38%OFF
※クレジットカード決済で初回980円
内容量:60錠
特徴:近年の研究では、日焼け止めクリームで紫外線を完全に防いでしまうと、体内のビタミンD生産を抑えてしまい骨に深刻な影響を与えるという結果が出て問題になっています。
人間は紫外線を浴びることで体内でビタミンDを作る機能が働くのです。
ビタミンDの生産を抑えることなく紫外線ケアができないだろうかという考えから、この飲む日焼け止めホワイタスが誕生しました。
日焼け止めだけでなく、肌や体にとても良い効果を持つ成分がたっぷり配合されている為、1日2粒を外出しない日も飲んでいただくのがおすすめです。

おすすめ

ヘリオケア ウルトラDオーラル

価格:約5,000円前後
内容量:30錠
特徴:紫外線を浴びる30分前に1錠服用することで、4~6時間日焼け止め効果を持続。
長時間紫外線を浴びる場合は3~4時間おきに1錠ずつ追加して飲みます。
化学薬品を一切使っていないから安心安全。
主成分のFernBlockが主にUV-A波に効果を表します。

おすすめ

noUV(ノーブ)

価格:1,800円
内容量:10粒
特徴:紫外線を浴びる30分前に1粒服用することで、約2時間日焼け止め効果を持続。
長時間紫外線を浴びるときは2時間おきに1粒追加して飲みましょう。
イセアクリニックのドクターが監修した商品なので安心して使用することができます。

 

おわりに

日焼け止めを塗る女性

日焼け止めはただ塗るだけでは効果が半減。
正しく使うことで紫外線からお肌を守ってくれるんですね。
今年の夏こそ絶対焼きたくないという方は、今回紹介した日焼け止めの塗り方や内側からのケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。
日々蓄積する紫外線ダメージをしっかり防ぎ、トラブルのない真っ白な肌を目指していきましょう♪

手を汚さずに塗ることができる便利な日焼け止め手を汚さずに塗ることができる便利な日焼け止め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nao

著者の記事一覧

1984年生まれ。美容部員を経て、現在はライターをしています。
敏感で揺らぎやすい肌質&紫外線アレルギーなので、化粧品には並々ならぬこだわりがあります。
得意なジャンルは美白とアンチエイジング。
実際に私の肌で試したここだけの情報をお伝えしていきますので、参考にして頂けたら嬉しいです。
一緒に自分だけのキレイをつくっていきましょう♪







関連記事











ページ上部へ戻る