天然のサプリメント マヌカハニーの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天然のサプリメント マヌカハニーの魅力

健康意識や美容意識の高い人の間で注目度が高まっているマヌカハニー。
近頃は自然食品のお店などでも目にするようになり、私達日本人の生活にも身近な食品となってきています。
今日はそのマヌカハニーの驚くべき効果や、選び方などをじっくりとご紹介していきたいと思います。

 

マヌカハニーとは?

マヌかハニー
“マヌカハニー”日本でもよく耳にするようになりましたが、一般的なはちみつとは何が違うのでしょうか。

マヌカハニーはニュージーランドにのみ自生しているマヌカという木の花から採取された貴重なはちみつです。
ニュージーランドの先住民であるマオリ族は、昔から薬の代わりとしてマヌカの葉を煎じ、お茶にしたりして使っていたそうです。
通常のはちみつに比べて、マヌカハニーは少しお値段がお高め。
その理由はマヌカの木がニュージーランドでしか育たないこと。
そしてはちみつを採取できるマヌカの花が1年のうちで4週間(時期は12月頃)しか咲かないこと。
はちみつを採取できる花の量や期間が非常に限られている為、とても貴重なものなのです。

 

マヌカハニーの特徴

①殺菌・抗菌効果

ハートを持つ女性
マヌカハニーの特徴と言えば、何といっても高い殺菌・抗菌力です。
どのくらいの抗菌力があるかというと、ピロリ菌、大腸菌、サルモネラ菌といった人体に有害な菌類を死滅させるほどです。
ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)は一度感染すると除菌しない限りずっと胃の中に住み続ける厄介な菌で、胃潰瘍や胃がんなどの病気を引き起こす原因になります。
マヌカハニーの更に凄いところは、これらの悪玉菌を死滅させるのに、乳酸菌などの善玉菌は見分け、活動を活性化するというので優れものです。

マヌカハニーはオーラルケアにも有効です。
口の中すみずみまで行きわたらせ、そのままうがいなどをせず時間を置く事で口内炎や歯周病、虫歯の予防・改善にも効果があります。

②抗炎症効果

女性の首とデコルテ
また、炎症を和らげる効果もあるので、のどの痛みやインフルエンザの予防にもお勧め。
実際、声を使う仕事をしているアナウンサーや声優の人達でマヌカハニーを取り入れている人もいるようです。

③美肌効果

350 肌 美白
はちみつにも美肌効果がある事は知られていますが、マヌカハニーもお肌に嬉しい栄養が豊富に含まれています。
シリング酸メチルという強力な抗酸化作用を持つ成分がはちみつに含まれる量よりも多く、高いアンチエイジング効果が期待できます。
豊富なビタミン、ミネラルは身体の新陳代謝を促進することで、肌の潤いを高め、シミやしわといった症状の予防に。
食べることは勿論、少し贅沢な使い方ですが、クリームやパックに混ぜて肌に塗って使う方法もスペシャルケアとしてお勧めです。

④ダイエット効果

女性のお腹
甘いはちみつですが、実はダイエット効果も期待されています。
コクがあり甘さは強いですが、砂糖よりも低カロリー。
料理に使う砂糖をはちみつに置き換えれば、カロリーの大幅カットになります。
マヌカハニーの成分は熱では壊れないというので、料理にも適しています。
また、寝る1時間ほど前に摂取することで、肝臓に糖質を蓄え成長ホルモンを増やします。
これが脂肪の燃焼を促し、ダイエット効果が期待されます。

ポイントは、脂肪が燃焼するのに6時間以上の睡眠が必要となること。
はちみつには心身をリラックスさせ、眠りを促す作用もあるので、ダイエット目的の場合はしっかりと睡眠も合わせて取りましょう。

 

マヌカハニーを選んでみましょう

ハチミツ美容
マヌカハニーの容器をみていると、製品名の後に何やらアルファベットと数字が書いてあるのをご存知でしたか。
これは、食物メチルグリオキサールという殺菌・抗菌力のある成分の含有量を示します。
数字は色々あるので、マヌカハニーを購入する時の基準としてチェックしてみて下さい。

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)

UMFは5+、10+、15+、20+の4種類あり、数字が大きいほど殺菌の効果は強くなります。
実はこのUMF、全てのマヌカハニ―が配合しているわけでは無く、生産される全体の2-3割の物にのみ含まれているのです。
その為、殺菌効果などを期待して購入する方はこの表示をぜひ確認してみて下さい。

  • UMF5+ 風邪や病気の予防の為に摂取する人向け
  • UMF15+ 胃痛や口内炎、下痢などの慢性的な不調がある人向け
  • UMF20+ 体調不良により食欲のない人の栄養補給に

MGO(メチルグリオキサール)

MGOは食物メチルグリオキサールが1kg中にどの位含まれているかを表したもの。
MGO100=100mg/1kg中

UMF/GMO数値比較

UMF10=MGO100
UMF20=MGO400
UMF25=MGO500

マヌカハニーは、食前や就寝1時間前などの空腹時にスプーン1杯分を1日3~4杯食べるのが推奨される食べ方です。
抗菌力は熱に強いので、コーヒーやホットミルクに混ぜて、チーズやクラッカーにつけてスナック代わりに食べるのも良いでしょう。
マヌカハニーをすくう時には木やプラスチックのスプーンで。
金属製のスプーンを使うと成分が変化してしまう恐れがあるのです。

350 ティータイム 女性 食事 お茶 リラックス 部屋
簡単に食べれて、美容や健康に嬉しい効果がたくさんあるマヌカハニー。
皆さんのご自宅にもサプリメント代わりに常備してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Ruka

著者の記事一覧

初めまして、エステティシャン兼美容ライターとして活動するRukaです。
お餅が好きすぎて、年中餅を食べています。
海外生活を通して、オーガニックやナチュラルなライフスタイルに影響を受け、アロマやハーブなどにも興味を持ちました。
現在もアロマテラピーのお勉強進行中です。
Lierでは女性が健康で美しく、楽しく生活できるような情報を発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る