紫外線吸収剤と紫外線散乱材の違いとは?正しい日焼止め選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線吸収剤と紫外線散乱材の違いとは?正しい日焼止め選び方

日焼け止めに使われている成分は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱材」の2つ。特に敏感肌の人には「紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)」が肌に優しいといわれていますよね。
でも、本当に紫外線吸収剤は使わない方が良いのでしょうか。
今回は吸収剤と散乱材、それぞれのメリットデメリット、そして日焼け止めを選ぶときのコツを紹介します!
何を使ってもしっくりこないという人は、ぜひチェックしてみてください♪

 

紫外線吸収剤とはどんなもの?

日焼け止め

紫外線吸収剤は、化学的に合成して作られた成分。その主な特徴はこのようになります。

  • 化学変化を起こして紫外線をブロックする
  • 時間とともに、徐々に効果が弱まる
  • 白浮きせず、ベタつきが少ない

 

成分表示に記載されている紫外線散乱材の名前

  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オクチルトリアゾン
  • PABAと付いているもの など

紫外線を防ぐしくみ

紫外線吸収剤は「紫外線を吸収し、熱エネルギーに変換させる」ことで、肌の奥に到達するのを防いでいます。
熱エネルギーに変換させるといっても、熱いと感じるほどではないので大丈夫。
しかし、肌の上で化学変化を起こすので、敏感肌の人には刺激になったり、場合によってはアレルギーを起こすこともあります。

紫外線を吸収すると成分が壊れる

日に焼けた背中

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収すると徐々に壊れていきます。
壊れた吸収剤はもう役に立たないので、日焼け止めの効果も時間とともにダウン。
だからこそ「約2時間おきに塗り直す」ことが必要なんですね!
さらに壊れた紫外線吸収剤が肌のダメージになることも。日焼け止めでかゆみや赤みが出るという人は、これが原因かもしれません。

塗り心地抜群!白浮きが少なくベタベタしない

日焼け止めを頬に塗った女性

ここまでの特徴を見ると、紫外線吸収剤は使わない方が良いのでは?と思いますが、使用感は抜群に良いんです。
何度塗り重ねても白浮きが少なくさらっとした使い心地。
とにかくベタつきが嫌!メイク下地に使いたいという人には紫外線吸収剤が人気です。

 

紫外線散乱材とはどんなもの?

日焼け止めグッズ

次は、紫外線散乱材について紹介します。
一般的には「ノンケミカル」と書いてある日焼け止めがこちらです。おもな特徴は以下の3つ!

  • 紫外線を物理的に反射することでブロックする
  • 水や汗で落ちやすい
  • 白浮きやベタつきが気になるものが多い

成分表示に記載されている紫外線散乱材の名前

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化鉄 など

 

紫外線を防ぐしくみ

サングラスをする女性

紫外線散乱材は、肌に塗ることで紫外線そのものを鏡のように反射させる成分。
酸化チタンや酸化亜鉛という白い粉状の無機物が原料になっており、化学変化が起きないので肌に優しいのが特徴です。
しっかり均一に塗れば、まるで肌に1枚ベールをかけたように物理的に紫外線をブロック。
とても心強い成分ですね!

汗や水に弱く、知らず知らずのうちに落ちやすい

汗を拭く女性

紫外線散乱材は成分自体が変化するわけではないので、きちんと塗られていれば効果は持続します。

しかし汗や水に弱いため、やはり塗り直しは必須です。
流れるほどの汗をかいていなくても、徐々に落ちているので油断は禁物。
日焼け止めを塗っているのに焼けてしまうという人は、知らない間に汗で薄くなっているからかもしれません。

白浮きしやすい、ベタベタするものが多い

350

紫外線散乱材の原料になる成分は白い粉でできているため、白浮きしやすい商品がとても多いです。
また、紫外線吸収剤と比べてベタベタするので、メイクの下地には少し使いにくいですね。
粒子をナノ化して白浮きしにくくした散乱材もありますが、肌への影響がまだはっきりと分かっていません
安全性は高いと言われいますが、敏感肌の方は念のため気をつけてください。

どちらの日焼け止めを選べば良いの?

買い物を楽しむ女性

2つの成分のメリットとデメリットを見てみると、どちらも一長一短。
だからこそ、日焼け止めは1つに絞らずTPOに合わせて選ぶことが大切です!
日常では肌に刺激の少ない紫外線散乱材を、汗をかきやすいレジャーでは水にも強い紫外線吸収剤を使うのがベストではないでしょうか♪
もちろん敏感肌の方は多少白浮きが気になっても、紫外線散乱材だけを使ったものがおすすめです。
最近はノンケミカルかつウォータープルーフ処方のものもいくつか販売されているので、お出かけする場所によって使い分けてみてくださいね。

ノンケミカル(紫外線散乱材)のおすすめ日焼け止め

 

dプログラム

アレルバリアエッセンス

価格:3,240円(税込)
内容量:40ml
紫外線防御力:SPF40、PA+++
特徴:花粉や大気汚染もブロックしてくれる画期的な日焼け止めです。
白浮きも少なくしっとりしているので、メイクの下地としても使いやすいです。
ウォータープルーフですが、普通のクレンジングで落とせます。

 

POLA 

ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド

価格:3,780円(税込)
内容量:50g
紫外線防御力:SPF30、PA+++
特徴:敏感肌の方に絶大な人気がある日焼け止め。
ノンケミカルなのに白浮きやベタつきがほとんどなく、さらさらに仕上がるのが特徴です。
ウォータープルーフではないので日常使いにおすすめです!

 

ニベアサン

プロテクトウォーターミルク マイルド

価格:オープン価格
内容量:30ml
紫外線防御力:SPF50+、PA++++
特徴:数百円で買えるおすすめのノンケミカル。
やや白浮きやベタつきはありますが、とにかく体にたっぷり使いたいという人には嬉しいお値段だと思います♪
専用クレンジング不要で落とすのも簡単です。

 

肌への刺激が少ない紫外線吸収剤もある!

スキンケアをするっ女性

使い心地を重視すると、日常から紫外線吸収剤を使いたい人もいますよね。
「紫外線吸収剤は化学変化によって肌にダメージを与える」と言いましたが、最近は特殊なマイクロカプセルやコーティング材を使って、肌に吸収剤が直接当たらないようにしている商品もあります。
これなら刺激も少ない上に白浮きやベタつきもなし!

敏感肌の方には朗報ですね♪
また高品質な紫外線吸収剤は肌への刺激がごく少なく、下手な散乱材より肌荒れしにくいものもあります。
敏感肌&紫外線アレルギー持ちの私が実際に使用している紫外線吸収剤入りの日焼け止めを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください♪
すべて石けんで落とせるタイプです。

 

紫外線吸収剤入りのおすすめ日焼け止め

セルニュー

UVクリーム

価格:3,240
内容量:35ml
紫外線防御力:SPF50+、PA++++
特徴:皮膚科専売の日焼け止め。
高品質な紫外線吸収剤を使用しているため、何度塗り重ねても肌への負担をほとんど感じません。
しっとりするのにベタつかないのでメイク下地としても◎。
白浮きもほとんどありません。

 

ラロッシュポゼ

アンテリオスXLフリュイド

価格:864円(税込)
内容量:30ml
紫外線防御力:SPF30、PA++
特徴:ロングUVA波も防ぐ日焼け止め。
高品質な紫外線吸収剤を使用しています。
セルニューに比べるとややベタつきますが、独自の化粧水ターマルウォーター配合でスキンケア効果が高いです。
乾燥肌の方に特におすすめです

 

メンターム

サンベアーズセンシティブS

価格:864円(税込)
内容量:30ml
紫外線防御力:SPF30、PA++
特徴:紫外線吸収剤をシルク由来のカプセルに入れた日焼け止め。
白浮きしない、ベタつかないという吸収剤のメリットはそのままに、肌への優しさを実現しました。
お値段もリーズナブルなので、体にもたっぷり使えますね!

 

日焼け止めは日々進化中!肌状態やTPOに合わせて使い分けよう

クリームを塗る女性

ひとことに紫外線吸収剤、紫外線散乱材といっても、その使用感は様々。

毎日欠かさずに使いたい日焼け止めだからこそ、できるだけ肌の負担にならないものを選びたいですよね。
次に日焼け止めを購入する時は、ぜひ成分もチェックしてみてはいかがでしょうか。
TPOや肌状態に合わせて選ぶのが、心地よく日焼け止めを使う秘訣です♪

絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!絶対焼かない!正しい日焼け止めの塗り方&紫外線対策を徹底紹介!
日焼け止めだけじゃない、日焼け対策方法7つ
600本気で美白するなら近赤外線カットの日焼け止めで徹底紫外線対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nao

著者の記事一覧

1984年生まれ。美容部員を経て、現在はライターをしています。
敏感で揺らぎやすい肌質&紫外線アレルギーなので、化粧品には並々ならぬこだわりがあります。
得意なジャンルは美白とアンチエイジング。
実際に私の肌で試したここだけの情報をお伝えしていきますので、参考にして頂けたら嬉しいです。
一緒に自分だけのキレイをつくっていきましょう♪

関連記事






ページ上部へ戻る