ちゃんと洗ってる?お腹が痛くならないおへそのお手入れの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちゃんと洗ってる?お腹が痛くならないおへそのお手入れの仕方

昔からお腹が痛くなるからおへそはいじっちゃダメだよ。
とよく言われていますがおへその形によっては汚れが溜まりやすく、黒い小さなへそのゴマができてしまったりお腹からプ〜ンと変なニオイがすることがありますよね。
とくに女性は服やストッキングでウエストが蒸れやすいため雑菌が繁殖しやすく、臭いやすいと言われています。
今日からできる簡単なお手入れで見られても恥ずかしくないピカピカなおへそを手に入れましょう!

 

へそのゴマの正体とは?おへその臭いと汚れの原因

ごま塩

とっても気になるへそのごまの正体とはズバリおへそに溜まった汚れです。
その汚れの原因になるのが自分から出るアカ、皮脂、汗、毛、石けんのかすなどでこれらがおへその穴に溜まってカチカチに固まるとへそのゴマになります。
おへそは凹んでいる上に皮膚にもシワがあるのでどうしても汚れが入りやすく、体を洗う時も手が届きにくいので汚れがどんどん蓄積されてしまうのです。

 

へそのゴマを放置するとどうなるか

口を隠す女性

溜まったへその汚れをずっと放置し続けると一体どうなってしまうのでしょう?
汚れを長期間放置していると最初は小さかったへそのごまは雪だるま式にどんどん大きくなって、棒や栓のように長くなったり黒く目立つ小石のようなカチカチの大きな塊になり、最終的には巨大化したへそのゴマにおへそ自体が押し広げられて大きなおへそになってしまうこともあるんです。
そしてショックなことにニオイのあるへそのごまから採取される細菌の数は便器の水に含まれる細菌の約4100倍と言われ、へその皮膚にできた傷からごまの雑菌が入って臍炎(さいえん)を起こしてしまうことも。
「へそのゴマ」なんてちょっと可愛い感じに呼ばれていますが、放っておくのはどうやらあまり良いことではなさそうです。

 

結局おへそをいじるのはいいのか、よくないのか?

お腹のペイント

へそのゴマは結構汚いらしいということが分かりましたね。
けれど子供の頃から「おへそはいじっちゃダメよ!お腹痛くなっちゃうからね」と言われ続けているからにはやはりおへそはいじらないほうがいいのでは?とも思うもの。
おへそのゴマは掃除するべきかやめておくべきか、一体どちらが正しいのでしょう?
結論から言いますと、へそのゴマの溜めすぎもよくないけど取りすぎもよくありません。
おへそをいじっちゃダメというのは、ヘソのごまを取ってはいけないということではなく腹痛を起こしてまで無理してぐりぐり取らなくても大丈夫だよと言うことです。

へその約5mm奥には内臓を覆っている腹膜というものがあります。
腹膜の神経はとても敏感で、おへそをぐりぐりいじると腹膜の神経が刺激されてへそ周辺にシクシクとした腹痛が起こるようになっています。
おへそをいじった程度ですぐに腹膜炎が起こることはありませんが、おへその皮膚はとても薄くてデリケート。
綿棒の摩擦で気づかないうちに擦り切れてそこからばい菌が入ってしまうことのほうが心配なのです。

 

おへその正しいお手入れの仕方

クレンジングキット

これは知人の男性から聞いた衝撃の一言なのですが、「女の人っておへそ臭いんでしょ?」と。
どうやら世の男性たちは口には出さないものの、女性のおへそはちょっと臭うと思うことがしばしばあるようです。
確かに自分のおへそをたまに綿棒で掃除してクンクン嗅ぐとちょっと臭いますよね。
女性はストッキングやスカートなど衣類でウエストを覆うことが男性よりも多く、蒸れやすい環境にありますので雑菌が繁殖しやすいのです。
おへそにへそのゴマができない程度、もしくは今以上に大きくならないように日頃から清潔にしておきましょうね!

 

週に2〜3回お風呂で洗う

350

2日に1回くらいはお風呂でおへそを洗いましょう。
入浴中はおへそに溜まったアカが柔らかくふやけている状態なのでおへそのお手入れには最適です。小さいへそのゴマもポロッと取れますのでぜひ試してみてください。

おへその洗い方

ガーゼ又は綿100%のタオルを用意します。
湯船につかり、皮膚が柔らかくなったら石けんを含んだ清潔なタオルを指に巻き、おへそに突っ込み軽くクルリと回す。
これを2~3回繰り返して最後は石鹸を落としたタオルでやさしく拭き取ればOKです。
※へそのゴマを取りたいからと言ってナイロンタオルや爪先でこすると皮膚が傷ついて炎症を起こしますので、必ず綿のタオルやガーゼでやさしく洗いましょう。

オリーブオイルと綿棒でへそのゴマをとる

オリーブオイル

おへその奥に黒く固まったへそのゴマを見つけたら、大きくならないうちに取り除いてしまいましょう。
粒状に固まってしまったごまは、垢のように簡単にからめ取ることが難しいこともありますのでオリーブオイルでふやかして柔らかくしてから綿棒で取り除きます。

へそのゴマの取り方

綿棒、オリーブオイル、ラップ、タオル、ティッシュを用意します。

  1. 仰向けに寝ておへそにオイルを注ぎます。
  2. ラップでふたをしてそのまま10分待ちましょう。
  3. ティッシュでオイルを拭き取り、ごまを綿棒でやさしくからめ取ります。

※一度で取れないからといってぐりぐりほじったり、何回もやらないように気をつけましょう。頑固なへそのゴマであってもお風呂のお手入れと週一のゴマ取りで少しずつ取り除いていきましょう。

▽こんなへそのゴマ取り専用キットもあるみたいです。

株式会社マツムラ

へそゴマカラメトール

 1,944円(税込)
専用ジェルを綿棒につけてくるくるするだけ!耳掃除感覚で簡単におへそのゴマ取りができる便利グッズです♪

 

ピカピカなおへそはあなたのチャームポイント!

ビキニの女性

どんなに美人でもスタイルが抜群によくても、おへそにゴマがあったらちょっとがっかりですよね。

ピカピカなおへそはお腹をきれいに見せてくれるチャームポイントです。今まで綿棒に化粧水をつけてぐりぐり・・・そのお手入れ方法はおへそを傷つけるだけのものだったんです。
体と一緒に2日に一回、お風呂でやさしく洗ってあげましょう♪

 

目指せ!ツルスベBODY!ボディケアとツルスベの秘訣目指せ!ツルスベBODY!ボディケアとツルスベの秘訣
これからは全身オイル美容の時代?!今人気おすすめのオイル6選これからは全身オイル美容の時代?!今人気おすすめのオイル6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
イラストとライティングのお仕事をしながらのんびり田舎暮らし。
料理好きの食いしん坊で「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
8年間のエステティシャンの経験で学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。

関連記事






ページ上部へ戻る