副作用もある?【ハイドロキノン】の効果で上手に「シミ」や「ニキビ跡」を消す方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌に出来てしまった「シミ」や、「ニキビ跡」などに困っている方は多いかと思います。
なんとかメイクでカバーしていたシミも、「年齢を重ねるにつれて、メイクで隠せなくなってきた」という声もよく聞きます。
均一に広がる白い肌に憧れますよね?
そこで、今回は「肌の漂白剤」と呼ばれている【ハイドロキノン】の効果や、正しい使い方を徹底解説致します!

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは、イチゴやブルーベリー、麦芽やコーヒーなどに含まれる天然成分です。
還元作用、美白効果が高く、化粧品としても扱われるようになりました。

ハイドロキノンの歴史

ハイドロキノンには還元作用があり、もともと写真の現像の還元剤に使われていました。
写真を現像していた人の肌が白くなったことから、ハイドロキノンの美白作用が注目されることとなったのです。

ハイドロキノンは強力な美白効果があり、安全性に欠けるという点で、日本では医師の管理下のみで使用が許可されていました。
ですが近年、ハイドロキノンの安全性やその効果が見直され、一定量以下の濃度であれば市販品にも使える身近な存在となりました。
皮膚科や美容外科などでは、前々から使用されていた成分なので、正しく使うことに注意すれば、とても効果的に美肌になれる美容成分として注目されています。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンは何と言っても強力な美白効果が魅力です!

シミの原因であるメラニン色素の生成を抑え、メラニン色素を作る元であるメラノサイト細胞にも働きかけ、減少させます
出来てしまったシミを消すだけでなく、シミの出来難い肌にするという効果も持ち合わせているのです。
ビタミンCやプラセンタなど、美白効果のある美容成分は他にもありますが、そうしたものの10~100倍の効果があると言われています。
また一般的な美白成分は「シミを作らせない」のに対して、ハイドロキノンは「作ってしまったシミを消し去る」効果があることが最大の魅力です。
まさに、「肌の漂白剤」と呼ばれるに相応しい、>最強の美白成分ですね!

ハイドロキノンは危険?副作用について

規制がかかるほどの強力な美白効果を持つハイドロキノンは、使い方を間違うと肌に悪影響を与えてしまうというのは事実です。

白斑が出来る可能性

強力な美白効果で「漂白」する力があるハイドロキノン。
色素沈着を消してしまうくらいの強い効果があるのだから、使い方を間違うと「白斑(はくはん)」になってしまう可能性があります。

白斑とは、肌の一部が真っ白になってしまう現象です。肌がまだらになってしまい、元に戻らない可能性もあります。
市販品や輸入品で濃度が極端に高いものを使ってしまう、使用方法を守らず独自の使い方で使用するなどのことが原因で起こるケースが多いので、信頼できる商品を選ぶ、使用方法はキチンと守ることが大切です。

炎症を起こす可能性

ハイドロキノンは、強力な効果がある分刺激も強いです。
人によっては肌が赤くなったり、皮がむけることがあります。
もしも使用した際に、かぶれたり強くヒリヒリすることがあれば、すぐに使用を控えましょう。

失敗しない!ハイドロキノン化粧品の選び方

わざわざ皮膚科で処方してもらわなくても、使えるようになったハイドロキノン。
せっかく身近になったのだから、市販品で良いものを手に入れたいですよね♪
でも、危険性があるとなるとちょっと怖い・・・。慎重に選ばなくてはと思うものです。
ハイドロキノン化粧品を選ぶ際に、失敗しないためのポイントをまとめました。

適性な濃度は?

まず、安全とされるハイドロキノンの濃度を知っておきましょう。

医師の下、皮膚科などで処方されるでハイドロキノンクリームは、濃度4%~5%のものです。
市販品を選ぶ際には、それよりちょっと低めの1%~3%の濃度のものをオススメします
もちろん濃度が高ければ高いほど、美白効果があります。
ですが、その分副作用の危険性も高まります。
皮膚科で処方される濃度以上のものを使用するのは、避けたほうがいいでしょう。

パッチテストをする

ハイドロキノンを初めて使用する場合には必ずパッチテストをしましょう。
二の腕や、ひじや手首の内側などの、皮膚の柔らかい箇所にハイドロキノンを塗って様子をみましょう。
何も問題がないことを確認してから、顔に使用して下さい。

部分的に使いたいor顔全体に使いたい

ハイドロキノン化粧品には、部分使い用と、顔全体使い用とあります。

シミだけを部分的に消したい場合は、濃度の高めなポイント使いが出来るものを選びましょう。
濃いシミを消すことが出来るほどの力がありますので、間違っても顔全体に広げないように気をつけましょう

アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルセット

アンプルール ラグジュアリーホワイトトライアルセット

【販売価格】1,890円(税込み)
【お試し期間】7日間
【セット内容】
・コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)3g
・ローションAO(化粧水)20ml
・薬用アクティブフォーミュラ(美白美容液)8ml
・エマルジョンゲルEX(美容乳液ゲル)10g
・クレンジングミルク(クレンジング)パウチ2包
・ウォッシングフォーム(洗顔料)パウチ2包

ハイドロキノン化粧品の中でも大人気を誇る、アンプルールのトライアルセットです。
安全性の高い「新安定型ハイドロキノン」を採用した、コンセントレートHQ110(スポット集中美容液)は、驚くほど効果が高く口コミも広がっています!
使用方法は、ナイトケアで気になるシミにピンポイントに塗るだけです。
また、顔全体に使える化粧水や美容液も揃っているので、全体を美白しながら、一点集中ケアも出来る優れたライン展開で人気です。

顔全体のトーンアップをしたい、くすみを取りたいという場合は、顔全体に使えるタイプのものを選びましょう。
部分用に比べ濃度が低く、効果が分かりづらいかもしれませんが、使い続けることによって、白く輝く肌になっていきます。

b.glen Qusomeホワイト トライアルセット

b.glen Qusomeホワイト トライアルセット

【販売価格】1,944円(税込み)
【お試し期間】7日間
【セット内容】
・Qusomeホワイトローション(化粧水)30ml
・Qusomeホワイトエッセンス(美容液)7ml
・Qusomeホワイトクリーム1.9(クリーム)7g
・Qusomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)10g

ハイドロキノンの課題である「浸透力」、「刺激」、「安定性」を、ビーグレン独自に開発した浸透テクノロジーで解決!
皮脂の成分に近い、超微小カプセルにハイドロキノンを包み込むことによって、肌の奥深くまで浸透し低刺激で安定性も高く保つことが可能になりました。
「明らかに肌が白くなった!」という嬉しい声がたくさん上がっている商品です。

サンソリット ホワイトHQクリーム

サンソリット ホワイトHQクリーム

【販売価格】7000円(税抜)
【内容量】30g

顔全体に使用できるクリームです。
のびがよくしっとりとした使い心地で、使い続けると肌に透明感を与えてくれます。
使用方法は、化粧水や美容液などの後に使用します。朝は使わず夜だけの使用をオススメします。
顔全体のトーンアップをしたい方にオススメです。

ハイドロキノン安全な使い方

自分に合う商品が見つかったら、後は安全に使うだけ!
商品それぞれの使用方法を守って使いましょう。

ハイドロキノンを塗る順番は?

皮膚科で処方されるような一般的なハイドロキノンは、化粧水→ハイドロキノン
つっぱり感がある場合、化粧水→乳液やクリーム→ハイドロキノン
とされています。

ですが、市販品の場合、商品によって「化粧水前に塗る」「一番最後に塗る」など様々です。
スキンケア商品として開発された商品ですので、それぞれの使用方法を守っていれば特に問題ないでしょう。

朝晩2回使うべき?

一日何回使用するかも、商品によって推奨されている回数が異なるよです。
ですが、より安全性を高めたいのであれば、夜だけの使用をオススメします。

元々メラニン色素は、私達を紫外線から守るために存在しています。
なのでメラニン色素の生成を抑えるハイドロキノンを塗っていると、肌は紫外線からのダメージを受けやすくなるのです。
なのでハイドロキノンの刺激などを心配し、一日1回に控えようと思っている方は、これから紫外線を浴びる朝よりも、夜だけの使用にすることをオススメします。

ハイドロキノンを使う際、守りたい3つのこと

fotolia_79767608_subscription_monthly_m-1

ハイドロキノンの使っていく上では、下記3つのことに注意しましょう。

紫外線対策

上記したように、メラニンに働きかけるハイドロキノンを使用中の肌は、紫外線ダメージを受けやすい肌になっています
日中、外に出かける際は必ず日焼止めを塗りましょう。
日焼止めの肌への負担が気になる場合は、化粧下地やファンデーションを日焼止め機能のあるものに代えるなど工夫しましょう。

保存方法を守る

保存方法も商品によって異なると思いますが、一般的にハイドロキノン化粧品は冷蔵庫での保管を推奨されています。
ハイドロキノンは熱や光の影響を受けやすいからです。
変質してしまったものを使っても、効果がないかもしれません、安全性も心配です。
必ず保存方法の確認をしましょう。

使用期限を守る

ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分です。 酸化すると液体が茶色く濁ることがあり、効果もなくなります。
商品それぞれに必ず使用期限の記載がありので、使用期限を過ぎてしまったものは使用を控えましょう。

おわりに

ハイドロキノンは、テレビや雑誌などのメディアはもちろん、ネットの口コミやブログでもたくさん取り上げられています。
調べてみると、本当にビックリするくらい効果が出ているので、美白に悩んでいる方には本当にオススメです。
ただ、場合によっては副作用が起こるというのも事実です。
大事なのは、事前に危険性を知ること、信用できる商品を選ぶこと、そして正しく使うことだけは守って下さいね!
長年悩んでいた肌の悩みが、ハイドロキノンによって解決されるかもしれませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!

関連記事






ページ上部へ戻る