猫の去勢・避妊手術の時期と術後ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫の去勢・避妊手術の時期と術後ケア

猫の避妊・去勢手術は、自然に反するとして反対意見も多い難しい問題です。
手術の際の麻酔による体へのダメージも懸念されますよね。
通院している動物病院の獣医師とじっくり相談の上、飼い主さんやご家族の
ご判断で行なうのが理想的です。

 

去勢・避妊手術をするメリット・デメリット

猫

オス・メスともに発情期になると大きなストレスを抱えることになります。
このストレスによって飼い主が制御できない問題行動の引き金になったり、
多頭飼いの場合、争いのもとになってしまうこともあります。
そこで今回は、去勢・避妊手術をすることでのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

オス猫が、去勢手術をするメリット

猫

自分のテリトリーを示すためにスプレーといって排尿することで
マーキングするといった行動が発情期を向かえると見られるようになります。
このスプレーは、いたるところで行なわれる為、飼い主にとっても
ストレスとなる行動の1つ。
発情期には、攻撃性も高まりますが、去勢手術によってこれらの行動の
抑制になるといわれています。
また去勢手術によって精巣を取り除くことで、前立腺や精巣、肛門などの
疾患の発生率を下げるとされています。
手術自体もメスに比べ、精巣を取り除くのにメスを入れる範囲も
小さいので、比較的簡単なものだと獣医さんより教えていただきました。

デメリットとしては、全身麻酔にて手術を行なう為、麻酔によるリスクや
子どもを生涯作ることができなくなる。太りやすくなるといったことがあります。

 

メス猫が、避妊手術をするメリット

猫

思わぬ妊娠や出産を避けることができる点が大きいと思います。
もしも、外出を自由にできる環境で飼育している場合や多頭飼いの場合、
妊娠・出産を繰り返し、頭数がどんどん増えることで手に負えなくなり、
罪のない猫ちゃんたちを殺処分しなくてはならなくなるといった悲しい
事態にもなりかねません。
また、乳腺腫瘍や子宮、卵巣などにかかわる疾患の発生率を下げることが
できるとされています。

デメリットとしては、オス同様、麻酔によるリスク・仔猫を産めなくなる、
太りやすくなるに加え、開腹手術(お腹を開く手術)となる為、
オスよりもリスクがあり、術後の入院も長くなる為、費用面も
若干かかってしまいます。

 

手術する場合、適した時期、費用は?

猫

手術をすることになさった場合、初めての発情期がくる前、生後6ヶ月くらいが目安となり、
体重が2,5Kg前後が適しているとされていますが、短毛種は長毛種に比べ早熟で、
出生月も大きく影響されるとのデーターもあるので、この点についても獣医さんに
相談されるとよいでしょう。

ご飯は、手術前日夜までに済ませる、当日は水を飲ませてはならないなど
獣医師より説明があるかと思いますので、手術のリスクを下げるためにも、
これらをしっかりと守りましょう。
費用は、我が家の場合オス猫は、2万~3万円。メス猫は、2~4万円だったと記憶しています。
(費用については目安なので、病院によって異なります。)

 

術後ケアと関連商品

猫

こちらも獣医さんによって異なるのですが、我が家の場合は術後、数日入院し、
抜糸まで、自分で舐めたり、抜糸してしまわないように約2週間エリザベスカラー
というものを着用していました。
抗生剤などのお薬が処方されるかと思いますので、獣医師の指示にそって
きちんと飲ませましょう。
術後、元気食欲、排便などに異常がある場合は、こちらも合わせて獣医師に相談しましょう。
普段使用しているキャットタワーなどに術後、飛び乗ることやおもちゃなどでジャンプ・走り回る
ような遊びをしたがるかもしれませんが、傷口が開いてしまうこともありますので、激しい運動をさせないようにするほうがよいですね。

飼い主さんも色々と心配なことと思いますし、猫ちゃんもストレスを抱えやすい
術後ケアとして、実際に我が家で用意していてよかった商品などもあわせて
紹介したいと思います。

 

株式会社東京メニックス

AnimalNeckerアニマルネッカー金属ホック Cat

動物病院で実際に使用されている製品です。
不透明な水色と透明なタイプがあります。
術後動物病院からお家に帰る際も着用していると思いますが・・・
もしも不透明な水色タイプだった場合、視界がさえぎられることで
ストレスを感じる猫ちゃんもいるようです。
元気に動き回らないほうがよいとき(術後1週間程度)は不透明な水色を。
ストレス行動が見られる場合は透明タイプを選ぶなど
飼い主さんのご判断でカラーを選ばれるとよいと思います。

nekozuki(ねこずき)

フェザーカラー ぞう 

こちらは、アニマルネッカーよりも軽く柔らかい素材でできている為
猫ちゃんのストレスが少ないタイプです。
術後飼い主さんが不安に思っていると猫ちゃんにも伝わってしまいますよね。
見た目がかわいいエリザベスカラーなので、痛々しさが軽減し飼い主さんの
為にもよい製品です。

犬と生活 猫の暮らし

術後ガードスーツ キャット

獣医師推奨商品です。
皮膚疾患などの場合には向きませんが、開腹手術をした子に
オススメです。着たままトイレもでき、術後体力が落ちているからだを
温めムレからも守ります。
特殊繊維で作られているので、手洗い後、タオルなどで水気を取るだけで
乾くのが早い点もポイントです。
ガードスーツを初めて着用させると、おそらくバランスが取れず、コテンと転がるような
動作が見られると思いますので、着用させる際は飼い主さんの
目が届くところで、まず着用し様子をみていただくことをオススメいたします。
2枚あれば不意に汚れた時や洗いがえに便利です。
※サイズ交換・返品不可なので、サイズをしっかり測った上で購入しましょう。

 

おわりに

大まかではございますが、去勢・避妊手術についてと術後あると便利な商品を紹介いたしました。
手術は、リスクも伴うことですので飼い主さんにとっても心配が多いと思います。
家族会議などで、しっかりとみんなで話し合い飼育方針などを考慮した上で
行ないましょう。

 

猫をはじめて飼う方必読!必要な用品リスト猫をはじめて飼う方必読!必要な用品リスト
猫のオススメフード-ランキング猫のオススメフード ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:コスメコンシェルジュLIZ

著者の記事一覧

コスメと猫が大好きなコスメコンシェルジュLIZ(リズ)です。
美容好きがこうじて、第一期生としてコスメコンシェルジュ資格、漢方スタイリスト・サプリメントマイスター資格を取得。
美容ライターとして活動しています。
野良猫だった現、愛猫と出会って以来、猫の可愛さに目覚めてしまい・・・猫のことをもっと知る為、一般社団法人 日本ペット技能検定協会キャットケアスペシャリスト/キャットシッターを取得いたしました。
Lierでは、美容や漢方のコラムだけでなく『コラムを通して猫と人の幸せな生活のサポート』を目指し、猫コラムもお届けしています♪

主な保有資格は、下記の運営ブログに記載しております。
コスメコンシェルジュLIZのWORLDコスメ図鑑etc...

関連記事






ページ上部へ戻る